2013/7/25

【PDF追加】9月のコンサートのちらし  コンサート

24日夜、東京から無事帰宅しました。

大阪・東京の出張中に、札幌の演奏会準備の諸々と
東京の演奏会の話が進んでいて、陰で色々忙しかったです。

で、9月1日のちらしが完成しました。

印刷屋さんに出すばかりの原稿を作れる道東の門下生、Tさんが
今回、3人目のお子さんが生まれて出演できないけれど
「こういう形で参加できて嬉しい」・・・なんて感動的な言葉と共に
作ってくれたちらしです。

背景デザインは、そういう素材のサイトから私が探して選び、
レイアウトは一緒に考えました。今日は、表だけ。きれいですよね。。。

Tさん、ありがとう!!!(^^)

PDFファイルはこちらです。

表 →2013sai_omote.pdf

裏 → 2013sai_ura.pdf

(表画像)
クリックすると元のサイズで表示します

2

2013/7/21

ANA 伊丹発 羽田行き 最終便  ピアノ

大阪のレッスンを無事に全部終えて、20日土曜日、伊丹空港からANA最終便で羽田へ移動し、池袋のホテルには深夜に着きました。(東京のホテルは、予約を忘れていませんでした。笑)

大阪近郊のお知り合いの皆さん、お会いできなくても、いつもよりお近くにいると思うだけで、なんとなく嬉しかったです。(^_^)

東京や大阪でのレッスンは月1回しかできないこともあって、自宅レッスンより緊張があります。特に今回は、とんでもなく大変な大曲のレッスンがあったり、大阪初のお子さんのレッスン(大阪はほぼ全員が音大卒業の大人の方です)があったり、色々な意味で緊張があって睡眠不足だったのですが、緊張感の甲斐あって充実したレッスンになって良かったです。

金曜日のレッスンでは、大変な状況の中でレッスンを続けられている方から、続けている理由を聞かせてもらって感動しました。
「先生のレッスンって普通と違うじゃないですか。気になって気になって、いつも頭の中で考えてるんですよ。だから、止められないんです。」とのことで、体についてのレッスン内容の色々なことを意識しているそうです。

これこそ、上達の重要な秘訣のひとつなので、そう言いましたし、「フィギュアスケートの羽生結弦くんは、信号待ちしている時間でも片足立ちしているんですって。常に自分の体に意識があれば、リンクのないところでもスケートが上達できるし、ピアノのないところでもピアノが上達できる。集中するって正しくそういうことよね。」なんて、付け加えてしまいました。(最近すっかりスケオタです。笑)

来月は大阪はお休みです。では、また9月に♪


写真は伊丹空港で展望デッキから撮ってみました。(^_^)



クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/7/18

大阪到着 + ラッキーなミス  ピアノ

無事に大阪に着きました。明日からレッスンです。

新千歳空港を出発する直前に、
なんと、
ホテルの予約をしていなかったことが判明。

えーーーー!

でも、どうする間もなく離陸・・・
泊まるところがなかったらどうしようと、
心配しながら関空についたのは、もう夜でした。

じゃらんで調べると、いつものホテルも、
その前に何度か泊まったホテルも、満室。
そして、
2泊連続で泊まれるホテルは近辺になかったのですが、
同じホテルを違うプランで1泊ずつという形で
なんとか取ることができました。

チェックインの時、
同じお部屋に2泊できないか聞いてみると
プランの違いはお部屋の違いで、
1泊目が良いお部屋で、2泊目は安いお部屋なのだそうですが
2泊目のお値段はそのままで、
良いお部屋に2泊させてもらえることになりました。

明るいきれいなお部屋で気持ちいいです。
明日から頑張ります。
4

2013/7/14

「芸術的仮設住宅」の「踊るパン屋」さん  チャリティーコンサート

毎月飛行機に乗り、毎日パソコンを使っていますが、
どちらも昔はなかったんだ・・・と思うと、人間の想像力って凄いと思います。

飛行機やパソコンを作るまでいかなくても、
色々な方面で、想像力を働かせると、前例のない、素敵なことができると思います。


先日、チャリティーコンサートの寄附金の半額を送らせて頂いた
東日本大震災雇用・教育・健康支援機構では、
事業を運営するという形で雇用を生み出し継続的な支援を実現しています。

そのひとつである、モーモーハウス大槌のHPのアバウトのページ
何気なく読んでみたら、こんなことが書いてありました。



三陸・大槌町を活性化させるために作られた今までに類を見ない「本格派コッペパン専門店」です。

◎プレハブをアートにしました

 「仮設住宅」を使用した今までに類を見ない「アートな空間」その名もモーモーハウス。

◎岩手のソウルフードでお腹いっぱい

 岩手の人気食「コッペパン専門店」です。約30種類のコッペパンを提供いたします。

◎地元の主婦がこの日のために精一杯練習しました

 全国の有名シェフ監修の元、全て大槌町内の未経験者によるパン作りを実践。

日本のパン屋初!?アトラクションが見ものです

 大槌産「木製へら」を使い、「大槌オーレ♪」歌います。それは来てからのお楽しみ・・・

◎起業することによって地元の経済を活性化させます

 大槌で起業することによって情報の発信と雇用の創出を目指します。



・・・仮設住宅をアートに???
・・・・パン屋さんでアトラクション????

しかも、このページを一番下まで見ると
・・・・・スタッフに「振り付け担当」?????


これを考えた人(想像した人)、凄い!!と思いました。

メニューもおいしそう!!

これも、一番下まで見ると、面白いんですが、トッピング(+50円)で
キットカットとか、オレオとか、マシュマロとか、グミとか(笑)って、
考え付いた人、ナイスです♪


パンがお好きな方!
夏休みにアートな仮設住宅のパン屋さんへ行って、歌って踊るアトラクション見て
おいしいパンを沢山買い込んできませんか?(^^)

★★アクセス
★車でお越しの場合・・・東和ICから約2時間
★電車でお越しの場合・・・東京から約6時間
            東京〜新花巻 東北新幹線
            新花巻〜釜石 JR釜石線


私は膵臓が悪くて、パンはあまり食べられないのですが、
悪くなかったら、「青森産フジ・リンゴクリーム」と、「ラム・レーズン」と、
「ぶちあつベーコン」、絶対食べる!!

1

2013/7/10

フィギュアスケートとピアノの技術の、ある共通点  ピアノ

私の「技術」についてのレッスンでは、よく、

  肩甲骨を・・・・とか、

  大腰筋は・・・・とか、

  重心が・・・・・とか、

スポーツの話ですか?っていう感じの単語がたくさん出てきます。
(もちろん、詳しい説明付きです。)

最初は、当然、びっくりされます。

でも、なるほど、と納得して、
その方向へ変わろうとしてくれているピアノの先生方が
こんなに沢山、習いに来られているということが、
私が伝えていることに何らかの価値がある、という証明になると思っています。


私のところでレッスンを重ねて、体のバランスが今までより良くなると、
ピアノだけでなく、色々なことが楽になるという方が多いです。

掃除機をかける時、運転していてハンドルを切る時、
何かを持ち上げる時、etc...今までより楽になる方が多いです。

もうひとつ良い点は、「姿勢」というより「体勢」というか、
全身の体の構えや動きが若々しく見えるようになっていきます。

ぱっと見たときの年齢の印象って、しわの数とかではなく、
体勢や動作の印象がかなり大きいのです。

で、それらを意識して、良い歩き方ができている時は、
・・・・・私、50代ですが、たまにナンパされます(爆笑)

いえ、ついていきませんけど。。(^^:)



音大時代からずっと、練習すると手が痛かった・・という皆さんが、
痛みから解放された例も多いです。

ただ、やみくもに長時間練習するのではなく、
楽な弾き方、体の使い方を考えるのは、とても大事だと思います。

大相撲の白鵬がなぜ強いのかを観察し研究したサッカー選手が
その秘密に気づき取り入れて、サッカーにプラスになったという点は、
実は、
スポーツに科学や医学の知識をずっと以前から取り入れているアメリカで
アメフトの選手達がクラシック・バレエを習う理由と同じで、
それは、
ピアノにもプラスになることなんです。
(もちろん、それがすべての解決ではなく、ごく、一部ですが・・・)


写真はうちのレッスン室のバランスボールです。

これをレッスンに取り入れている・・というわけではなくて、
私の伝えることを意識しながら、これを使うと、凄く良くわかる・・という方が
何人かいたので、「どれどれ?」と買ってみました。(笑)

羽生結弦くんが、このボールの上にひざ立ちでジャンプの練習してましたが
トンデモナイ大腰筋です。。(^^;)

それは、あの素晴らしい演技の秘密の一端でもあります。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/7/9

レッスンを受け止めてもらう・・ということ  ピアノ

「表現」は才能とか感性だけでするかのように誤解されている部分もありますが、
ちゃんと勉強できることですし、それを身に着けるための練習方法もあります。

表現を磨くための練習方法は、ちょっぴり、メンドクサイです(笑)
ふつーに、なんとなくCDの真似をして練習する方が気楽かもしれないです。

でも、ちょっぴりメンドクサイ練習の後に、その曲に対する感動が深まります。

その時点でのレベルとか、音楽の経験量とか、音大を出たとか出てないとか、
そういうことは、全く関係なく、表現力は、磨けます。


ただ、レッスンを受けても、「なるほど〜!」と思うだけで、
あまりやってくれない方もけっこういたりします。(^^;

そうすると、何年たっても、あまり、変わらなかったりします。(^^;;

でも、そういう数年を過ごした後、突然、分かってくれて、
ちゃんとやってくれるようになって、
その結果、ちゃんと変われると実感した方からのメールからの抜粋です。(^^)
(掲載許可済)

==========================

楽譜の音を押す(苦笑)だけでなく、楽曲全体を考えられるようになったのは
先生のお陰です。まだまだわからないことだらけですが、
楽譜を見て考えようとするだけで、自分でも世界が変わった感じがします。
音楽の楽しさ、素晴らしさに触れられるようになりました。

先日のレッスンでは、先生のお一言ですぐ弾けるようになったり、
とてもレベルの高い音楽的解釈を私のような者にまで惜しみなくご教示していただいたり
(中略)
何をどうすれば、どうなるのか、ということを先生は総ておわかりで、
それなのに私は長い間応えようとしないで、本当に申し訳ありませんでした。


まだ、考えられるようになっただけで、弾き始めると忘れたり、
そもそも音の出し方や技術的な事などはダメダメのままですし課題山積ですが、
雑ではない、いい音楽を奏でられるように頑張っていきたいと思います。

==========================

レッスンって、ちゃんと受け止めてもらえないと、
な〜〜んの意味もなくなっちゃうんです。。

なので、受け止めてもらえるようになって、ものすごく(!)嬉しいです。(^^)

ちゃんと、レッスンで学んだことに取り組んでくれれば、
ちゃんと、変わるんです。

それを分かってもらえて、今度こそ、言うことをきいてもらえそうで(笑)、
うれしいです。。

ただ一点、「私のような者にまで」なんて、
自分で自分を差別するのはやめましょうね。

その時点でのレベルとか、音大を出たとか出ないとか、そういうことは関係なく、
私は同じことを教えているし、
それをすれば、同じように変わっていけるのですから。

そして、私の大事な門下生であることに、なんの変りもないのですから。(^^)

4

2013/7/5

東京駅と著作権と震災機構HP  ピアノ

東京でのレッスンは複数のスタジオを使っていますが、
メインのスタジオとホテルを、昨年秋、池袋にして以来
羽田=池袋間はバスで移動していました。
今回ちょっと気が向いて(笑)、池袋から、
丸の内線で東京→JRで浜松町→モノレールで羽田というコースで帰りました。

東京で丸の内線からJRへ乗り換える時撮った東京駅です。
クリックすると元のサイズで表示します

考えてみたら完成後、見たのは初めてでした。素敵です。(^^)

帰って来たら著作権使用料の請求書がきていました。
事前に寄付先団体とか、お電話でちゃんとお話しして確認して
前回同様かからないだろうと言ってくださってたのに、なぜ?
と思ってお電話で聞いたところ、寄附金が前回より少なかったからだそうです。

二等分して、震災に(前回は赤十字に)寄付した金額が前は29万以上、
今回は23万だったので、足りないのだそうです。
寄付先は認められる団体でも、出演者やスタッフが一切のギャラや謝礼なしでも、
そういうことでは足りなくて、色々な条件を満たしたうえで、
ホールのキャパ×入場料によって計算される数字を超える金額を
寄附しなくてはならなくて、金額が足りないと使用料が発生するそうです。

元々かかると思っていたなら、ぜんぜん何でもなかったのですが、
事前には大丈夫でしょうと言って頂いていたので、ちょっと凹みました。
でも、減額はして頂いて、2万くらいのところを、1万未満にしてくださったので
感謝して、お支払いしました。

他にも色々あって、もう、チャリコンはできないな、と思いました。
(舞台あいさつでお話ししたように、毎回、こう思ってるんですけどね。笑)

数日後、
東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構事務局からメールを頂きました。
震災機構ホームページの「支援報告の窓」に掲載してくださったとのこと。
見てみると、こんなに大きな写真入りで。。
http://www.sinsai-kikou.jp/07.sien/index.html

寄附金が少ないからと著作権料がかかったばかりだったので、
こんなに大きく扱ってくださるということは、
23万と少々は、そんなに少なくはなかったのかな・・・と思えて、ちょっと元気が出ました。

日本移植支援協会の理事長さんからもお礼状を頂きました。
HPのニュースのページの活動報告という項目
http://www.ishokushien.com/katudouhoukoku.html
↑の6月9日に載せて頂きました。


どんなことも、見えないところで色々あって当たり前なので、
もう、へこんでいたのは戻りましたし、
少しは世の中のお役に立つことができたのかなと、今は思えます。
1年くらい経ったら・・・・・
次のチャリコン会場を取りに行っているような気がしないでもない。(笑)

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ