2013/3/31

再手術します。  ピアノ

手術から大体6カ月で完治だそうです。
(と言っても、強い衝撃が加わると同じところが折れるそうです)
4月下旬で半年ですが、
少し長く弾いた後などに、まだ痛みがくることがあります。
CTを撮ったところ、釘が骨からちょっと出ている可能性があり、
入れたままにする予定だった釘を取る手術をすることになりました。

正確にはわからないのです。。というのは、
金属が入っているので、レントゲンが反射して
正確に撮影できないので。

でも、今回の骨折で分かったのですが、
私、骨がもろくなっていて、
骨粗しょう症・・まではいかないのですが、その一歩手前で
骨だけ、先に60代になっていました。(^^;)

なので、釘が骨の外に出てしまうのも有り得るらしいです。
消化器の病気があるので、その食事制限や、
そもそも消化吸収能力が健康な人よりは良くないということも
骨だけ年をとっている原因にはなっているかなと思います。

手術はチャリティーコンサートの後にします。
骨折した際の手術よりは短期間で普通に使えるそうです。

大丈夫です。
最近はもう、何か「一見よくないこと」があると
自動的に、「これはどういう意味があるのだろう?」とか
「どういう観点で考えれば、プラスにできるだろう?」と言う方向に
考えるようになっていますし、
骨折で2カ月弾けなかった後の演奏に、感動してもらえたことで、
門下生の皆さんに、私がいつも言っている
「練習の量ではなく質」ということを納得してもらえる機会になったので
本当に良いことはありましたから。

以前、TVで、桑田さんが、野球の「1000本ノック」に代表される
ただむやみに多くの練習をすることがどれほど良くないことかを
説明されていたのを見ましたが、スポーツも、ピアノも、
「根性」でやたらに練習量をこなすのではなく
「学び、考え、工夫して、練習する」方向に行くといいですよね。

今回も、さらに、こういう練習をすると、こんな短期間で
こういう演奏ができる・・という証拠作りの機会にしたいと思います♪(^^)


補足
とはいえ、少なければいいと言っているわけではもちろんないです。
納得のいく演奏をするためには、その曲と一体になるくらい曲と「なじむ」ための練習は必要です。
ただ、「時間の長さ」や、「回数」にばかりこだわると、1回1回の練習を粗末にしてしまう可能性があります。考え、集中した、「良い練習」をすることが大切です。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックで救える命がある。
4

2013/3/30

幼い子に触れる母の手(東京レッスンにて)  ピアノ

声楽や管弦楽器なら、
1本の旋律に集中力のすべてを注いで演奏しますが
ピアノは同時に複数のラインを一人で奏でていますから、
どう弾き分けるかは大切なポイントです。

例えば片手で主役の旋律と脇役の旋律を同時に弾く場合
あたかも別の楽器で演奏しているかのように、
強弱だけでなく音色も変えられると素敵です。
それは要するにタッチを変えるわけですが、
どう変えるかを言葉で説明し、
理解はしてもらえても、すぐにはなかなかできません。

ところが、ピアノの先生方でも苦労することの多いタッチの変化を
音大出身ではない、しかもブランクのある趣味の方が
レッスンの中ですぐにできて、主旋律のソプラノが響いて
「あ〜響いてる、響いてる!」と、嬉しそうに言いながら
弾けてしまったのです。

ダンスもされる方なので
「だから運動神経がいいのかしらね〜(^^)」なんて
私もその場では言っていたのですが、
後で考えて、(もちろん運動神経も重要ですが)
知覚神経、つまり、感触の敏感さの方が重要であることを考えると
その方にはうんと小さなお子さんがいらして、
小さなお子さんをなでたり抱き上げたりする時の
お母さんの手指の感触が無神経であるはずがない・・・
だから、
私の言葉に敏感に反応できたのではないか・・・と思い至り
なんだか感動してしまいました。

その後、他の方にタッチのレッスンをしていた中で
そのことを話すと、その方はお子さんはいないけれど
猫を2匹飼っていて、いつも、猫の顔が変わるくらい
ぎゅうぎゅう〜っと強くなでていたので、
ピアノも猫も、もっとデリケートに感じる努力をすると言ってくれました。
そして、
家に帰って感触を敏感にしてなでてみると
2匹の猫は、それぞれ触れた感触が全然(!)違い、
片方がリラックスしていて、片方は固く緊張していることに
初めて気づいたとのことと、
リラックスしている柔らかい猫を見習う・・とのメールが届きました。

よかったです。。
きっと、次回はタッチが変わっていることでしょう。。。(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックで救える命がある。
4

2013/3/22

愛の夢チャリティーコンサート8 〜生命(いのち)のためにできること〜 出演者募集要項  チャリティーコンサート


愛の夢チャリティーコンサート8
    
〜 生命(いのち)のためにできること 〜
 
♪出演者募集♪

2013/6/9(日)
(出演申し込み受付期間4/13〜27)
14:00開演 札幌サンプラザコンサートホール 入場料1000円
協賛・札幌サンプラザ  後援・札幌市
 

純益全額を二等分し、NPO日本移植支援協会を通して臓器移植待機患者さんと

公益社団法人東日本大震災雇用・教育・健康支援機構に送ります。

旧称“みんなのチャリティーコンサート”として、7回で総額416万1757円の寄付が

できました。ご協力頂いた皆様に心から感謝致します。

 

プロ、アマ、レベル、年齢、楽器、ジャンルを問いません。ピアノの内部奏法は不可。電子楽器はご相談下さい。ピアノ以外の楽器は各自の持ち込みです。伴奏者も各自ご用意下さい。使用ピアノはスタインウェイ(協力・札幌サンプラザ)希望者のみ、開場前に舞台で短めのリハーサル可能(長さは希望人数で変わります)。開場後、開演中はリハーサル室(アップライト)利用可能です。

 

参加費:ソロは5分以内1万5千円。10分以内2万円。5分増す毎に5千円増し。2名まではソロと同額。6名まで5分以内3万円。10名まで5分以内4万円。11名以上5分以内5万円。いずれも5分増す毎に5千円増し。演奏時間上限20分。

 

お申込み:以下を申込み用アドレスへ件名は「チャリティーコンサート申込み」で送信下さい。

作曲者、曲名、演奏時間(出入りは含まず。30秒単位でなるべく正確に。)、楽器、演奏形態(ソロ、連弾等)氏名(芸名使用の場合本名も)、郵便番号、住所、電話、メールアドレス(携帯・PCあれば両方)、年齢、性別、職業(学年)、簡単な音楽歴舞台リハーサル希望の有無。譜面台使用の有無。伴奏ある場合は伴奏者氏名と伴奏楽器。団体は団体名、人数、代表者名、連絡先。(個人情報は厳重に管理します。虚偽記載は失格とします。)曲名・演奏者名入りチラシをネット上に公開します。本名を載せたくない方は、芸名使用可能です。

 

受付は4月13日から27日。但し、総演奏時間3時間程度で締め切り予定です。お申込みメールの返信で口座(ゆうちょ)をお知らせします。1週間以内にご入金下さい。但し、締め切り間際の場合は速やかにお願い致します。振込手数料はご負担ください。ひとりで受付業務を行いますので、メールの返信が遅い場合もあります。ご理解お願い致します。但し、何日もお返事がない場合はお申込みメールが届いていない可能性がありますので、再度メール、またはお電話ください。

 

出演時間帯等に特別なご事情があれば配慮しますのでお知らせください。集合はありません。服装は自由。出演者用チケットを当日差し上げますので出番以外は客席でお聴き頂けます。集客や告知にご協力をよろしくお願い致します。

 

過去の会計報告など詳細はWEBで♪

■お申込み: charicon7@yahoo.co.jp ■お問合せ: pianoon@nifty.com 

■主催:野谷 恵 ☎(011)252-3393 お問合せはなるべくメールで(☎は20時以降)お願い致します。

■詳細情報:“愛の夢第3番”  http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

         “ピアノ メモ”  http://happy.ap.teacup.com/pianomemo/



PDFはこちらです。
告知にご協力頂けると大変嬉しいです。


クリックしてくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで救える命がある。

8

2013/3/21

桜の東京から吹雪の札幌へ  ピアノ

火曜日の東京は夏日だったというのに、
水曜日夜には新千歳空港が雪で悪天候のため、
安全に着陸できないと判断した場合は羽田へ引き返すことを
了解して搭乗するという条件付き運航でした。

最終便だったので、深夜羽田へ引き返されると
宿泊のことなど大変でしたが、なんとか無事新千歳空港に着陸。
昨夜遅くに帰って来られました。(^^)

札幌は吹雪で、車道と歩道の間には1m以上の雪の山があちこちに。。
タイムトンネルをくぐり抜けてきた気分でした。
東京って・・・遠いんですね。飛行機では1時間半ほどですけれど。。

そういった寒暖の差もあるのか、それとも、
最近少々体力落ち気味なのか、今年に入ってから
東京・大阪から帰ると、疲労困憊という感じでヘトヘトですが、
レッスンで変わってくれた皆さんの笑顔が心に残っていて
その充実感が何物にも代えられず、
疲れを上回る幸福感でいっぱい(!)です。

人のお役に立つって何よりの生きる喜びなのではないかと思います。

レッスンの話題の前に、まずは、チャリティーコンサートの要項を急いで作ります。
作りかけの原稿を持って行くのを忘れたので、
これから内容を完成して、PDFにもして、
できれば今日明日中にはこのブログで発表したいと思います。


写真は、最近メインで利用しているスタジオのある
東京芸術劇場の前の桜。きれいなピンクでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックしてくださると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで救える命がある。
7

2013/3/17

東京到着 & 羽生結弦君の精神力  ピアノ

大阪でのレッスンを無事に全部終えて、伊丹から最終の飛行機で移動。池袋のホテルに着きました。日曜日にレッスンの皆さん、楽しみにしていますね。今回は水曜日にも休日があるので、日曜のレッスンがとんでもないハードスケジュールにならずに済んでちょっと気が楽です。(^^)

土曜日は朝10時からずっと大阪のスタジオに缶詰めでしたが、午後2時のレッスンの方から「チャン優勝、羽生4位、高橋6位」との情報が入りました。びっくりするやら感動するやら。。。

今季はショートの得点の高さで逃げきる形が続いていたのに9位から4位とは・・病み上がりでケガもしている状態で、どれほど素晴らしいノートルダムを演じたのだろうと、想像するだけで鳥肌でした。

たった今、スポーツニュースで見ましたが、反対側の足まで捻挫したんですね。そんな体でえらかった!良く頑張りました!(高橋選手の言葉の前半を借りると)年下年上とかそういうの関係なく、本当にその精神力、尊敬します。

ニュースで見た演技は、危うい場面もあっても、物凄く気持ちが伝わって来る演技で感動しました。今季のプログラムは「花になれ」が断トツ別格に好きで、ノートルダムはあまり好きではなかったのですが、今の演技は本当に感動しました。

震災の後、辛い思いをしたことで、感受性の限界が上がったと言っていた結弦君ですが、そういうことが分かる人には、神様は惜しげもなく試練をプレゼントして下さるんですよ。

私の場合は外国人の先生方の素晴らしいレッスンが非常に重要ではあっても、それだけでは足りなかったと考えていて、ケガや病気を沢山して、完治しなかったものもあったりすることが、絶対に必要な勉強で、それらがあったから、今、東京や大阪でもレッスンしている自分がいると考えています。だから、病気や怪我をしたことは、(昨年、骨折した手で2回の演奏会に出たことも素晴らしい実験の機会でしたし)本当に良かったと思っています。

もちろん、スポーツ選手にとっての世界選手権は、勉強だの経験だのと言っていられない重要な場でしょうけれど、長い目で見れば絶対にプラスにできると思います。

これからも波瀾万丈の人生でしょうけれど、それらを才能磨きに役立てて、益々素晴らしいスケーターに成ってください。

(写真は結弦君が頑張ったお祝い?!笑。大阪でのゆづシャーベットです。脂肪が少ない(なくはない)ので膵炎患者も食べられます♪)


クリックすると元のサイズで表示します
5

2013/3/14

無事、大阪に着きました。  ピアノ

以前、イルミネーションつきの写真をアップしたことがありましたが、本日は通常業務仕様の大阪駅です(笑)。

ひざをケガする前に予約したホテルは、偶然ですが、今までで一番、レッスンするスタジオに近いので、とても気が楽です。明日レッスンの皆さん、楽しみにしていますね。(^^)

フィギュア世界選手権、男子ショートの最終グループをホテルで見られました。
ジャンプがミスなく決まれば点は高くなりますが、それがすべてではないですよね。ミスが多くてもスケーティングや動作が美しければ楽しめたり感動できたりします。そういう芸術的なの部分も大事ですよね。

結弦君はインフルエンザとひざのケガ(あら、私と一緒ですね、なんて言ってられないですが、、、)などが響いてミスは多かったけれど、表現の点が高かったというのは嬉しいではないですか。
大輔さんは4回転は両足着氷でも、とにかくステップやスケーティングの生かせる新プロが素敵に仕上がって良かったです。(^^)

フリーの試合は、私は東京への飛行機の中で見られないけれど、日本代表の3選手とも、いえ、参加選手全員が、、順位や点数にとらわれることなく、積み重ねてきたことを思い切り発揮できますように。。。



クリックすると元のサイズで表示します
4

2013/3/11

チャリティータイトル決定+羽生結弦君のポスターで知った震災機構  チャリティーコンサート

あっという間に震災から2年も経ったんですね。。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様の復興が一日も早いことをお祈り致します。


6月9日(日)サンプラザでのチャリティーの
新タイトルは、愛の夢チャリティーコンサートにします。

一番最初に応募してくださった方に感謝です。(^^)

意外かもしれませんが、私一人で考えていた時は、
HPのタイトルをコンサートのタイトルにしようとは思っていなかったので、
最初の応募が「愛の夢チャリティーコンサート」だったり、
それがいいというご意見メールが何通も有ったのは驚きました。
でも、コンサートに個性が出るかも・・と考えました。

「札幌」とつけるのをなかなか諦められなかったのですが、
(札幌という地域名が着くのがいいと言うご意見もありましたし)
一方で、公の催しみたいに見えるかな・・という心配も少しありました。
「チャリティーコンサートさっぽろ」・・なんていうのも
一瞬考えたのですが、札幌市が主催する
「コンサートさっぽろ」 (昔、出させて頂きました)みたいですし。

個性がある方が覚えてもらえるかな・・と考え、愛の夢にしました。
そのあと、コンサートにするか、音楽祭とかフェスティバルにするかも、
とっても迷ったのですが、音楽祭などの方が大きな催しに見える一方で、
シンプルな方が、気持ちが伝わるかなと考えコンサートにしました。

サブタイトルの「生命(いのち)」というふりがなをカッコに入れるか、
上に小さくふるか、あるいは、
最初から「いのちのためにできること」と全部ひらがなにするかは
もう少し考えます。ご意見ある方メールくださいませ。

募集して、いろいろな意味で、本当に良かったです。
最初は「募集」と書いても、1件も応募ないかも・・・なんて
思っていたのですが、沢山メール頂いて励みになりましたし、
とっても重要なことに気付かせて頂いたご意見もありました。

「東日本大震災と移植医療のためのコンサート」というふうに
(↑実は私の思いつきでしたが)目的をタイトルに入れてしまうと、
寄付先を変えたい時に困るから・・というご意見には、はっとしました。
そうですよね!!寄付先って変えていいんですよね。

それがきっかけで考えはじめ、最近思いついたのですが、
純益の半額の移植医療の方は、
今までと同じ「日本移植支援協会」へ送りたいと思っていますが、
残り半額の震災への寄付の方は、(赤十字もまだ受け付けてはいますが)
羽生結弦君のポスターで知った震災機構(正式名称は
「公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構)にしようかと考え中です。
寄付金の使い道まで指定できるのも素敵です。


羽生結弦君のポスターの画像つき記事は、こちらです。
http://happy.ap.teacup.com/pianomemo/514.html

私の意見を取り入れて頂き、ダウンロードできるようになったポスターの話。
http://happy.ap.teacup.com/pianomemo/517.html


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで救える命がある。

6

2013/3/8

チャリティーコンサートのサブタイトル他順不同で色々  チャリティーコンサート

色々ありまして、、というか、あちこち調子も良くなかったので、
レッスンはしていましたが、
ブログまで書く気持ちの余裕がありませんでした。

やっと復帰。。(^^)

チャリティーコンサートの新名称はサブタイトルだけ決心つきました。

   〜 生命(いのち)のためにできること 〜

これは、応募1番の方のアイディアを、12番の方が編作したものなので、
1番の方と12番の方、お二人にご招待券を差し上げます。

メインのタイトルは、札幌・・でオーソドックスに大人っぽくいくか、
愛の・・で個性的に行くか、、まだ悩み中。
後ろの方も「チャリティーコンサート」にするのか、
「チャリティー音楽祭 or フェスティバル」など華やかにするか迷います。

「みんなのチャリティーコンサート」をパッと決めて、
実はちょっと後悔もあったので、
しっかり迷い、考え抜いてから、決めます。
ご意見ある方、よかったらメールくださいませ。


調子がイマイチだったのは、
膵臓の痛み、耳の病気からくるめまい、手の骨折部の痛み、
そのうえ、また転んで右ひざをケガ(笑)、etc。。(^^;)

でも、今回のケガはラッキーで、レントゲンを撮ったら、
もう少しで膝のお皿を割るぎりぎりの位置でしたが、
タッチの差で無事だったのです。
右から左へ大きく傾斜している凍った道で
傾斜に沿って、すなおに左へつるっと。。。(^^;)

右の腰というか股関節の外側も打ったのですが
(よく骨折して寝たきりになりますよね)そこは大丈夫でした。
ひざは、出血は止まったものの、まだ腫れあがっていて
当分、あまり使わないように言われていますが、
これは、ペダルなしの練習をしろということだな・・なんて思います。(笑)

来週の大阪+東京レッスンのころには、もう大丈夫です。

秋に手術した手の骨折部分は、
1時間くらい弾いてもじんわり痛くなる時もあり、
まだあまり長くは弾けません。
手術から骨がちゃんと着くまで、大体3か月から6カ月と聞いたので、
早くて3か月、遅くて6カ月なのかと思ったら、
そうではなく、教科書的には、6か月かかるのだそうです。
あと、1か月半ほどの辛抱です。

この骨折のおかげでいいこともありました。
それはまた今度。。(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックで救える命がある。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ