2012/10/4

東京の演奏会・その2  コンサート

クリックすると元のサイズで表示します
怪我した25日、レッスンが全部終わってから、夜間の救急外来へ行きました。
池袋のホテルのフロントの方が大変親切に熱心に病院を探してくださって、
でも、何軒も断られて、やっと診てもらえる病院を見つけてタクシーで。。
レントゲンを手も足も撮影して骨折がないのを確認できたので、
やはり行ってよかったです。

手も膝も未だに痛いです。。痛くてものが考えられない。(^^;)

手は、傷の方は大分良くなってきて、今は捻挫が痛いです。
膝は、1週間超えてもまだ血が出ています。
病院では、1か月くらい通ってもらうと言われました。
手も足も、何かちょっとするたびに「いた〜い!」とか「いたた・・」とか言ってます。(^^;)
弾けたのが不思議。。火事場の何とかでしょうか。。

色々、メール頂いた中から感想部分の抜粋をいくつか。。
-------------------------------------------
◎1、

先生の演奏、とてもすばらしかったです。
心から伝わってくるものがあり、音がとてもきれいに響いてました。
主人も絶賛していました。

手を怪我しているとは全くわからなかったけれど痛かったのではないですか。
少しゆっくり休んでくださいね。
素敵な演奏、二回も聴くことができて良かったです。ありがとうございます。
--------------------------------------------------
◎2、

昨日は素晴らしい演奏をありがとうございました。大変お疲れさまでした。怪我の方は大丈夫でしょうか。

久しぶりにじっくり聴かせていただけて、とても幸せな時間でした。

先生のピアノは、力強くて、どこか懐かしくて、あたたかかったです。こころの中に流れていくような、そんな音色でした。
ひとつひとつの音を大事にされていて、染み入るように響いて、心地よかったです。
やっぱり先生のピアノが好きです。

前半なんですが、姿勢がなんとなく前と違っていて、少ししんどそうな印象があって、実はちょっと気がかりでした。後半盛り上がっていくと惹きつけられて、忘れてしまいました。それって凄いことですが、後から、おからだ大丈夫かなあと思いました。。

友達は、先生のピアノの音が響いていてびっくりしていました。
腕が二本しかないのに、三本?あるような音が鳴って驚いていました(笑笑)
とても響いていました。
------------------------------------------------------
◎3、

怪我をされているなんて全く感じさせない素晴らしい演奏でした!!

全体の音が艶やかで、フォルテが豊かで、立体的に感じたといいますか・・。

また、先生の演奏で会場の空気感も変わったように感じ、
魅せられるというのはこういうことなのだなぁと思いました。

衣装も曲にあっていてかっこよかったです!
また先生の演奏を聴ける機会を楽しみにしています。
-----------------------------------------------------
◎4、

今回の野谷先生の演奏は、(曲のせいか)いつもの
「大きなうねりが波となって天に昇ってゆく」という感じではなかったですが、
やはり、音の響き、スケールはピカ一で、素晴らしかったです^^

曲を知らなかったせいで、「よしテンション上がってきたこれからだ」と思ったら
演奏が終わってしまったのであれれ、という感じでしたが(笑
曲に対する集中力、気合い?の入れ方もずいぶん参考になりました。
 
しかし、「癒しのコンサート」というタイトルがついていましたが、
まあなかなかレベルの高い癒しだったですね(笑

-------------------------------------------------------------
(最後の方はこのメールのお返事で、実は怪我していたと書いたところ、
大変驚いて、本当に全然分からなかったとのことでしたので、嬉しかったです。)

皆さん、ありがとうございます。

・・・・東京の話は続きます。。

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ