2011/6/20

卒業後の人生のまとめ+ご感想集その3  コンサート


クリックすると元のサイズで表示します
(お花とスイスの石鹸、お茶など)

実は、相当緊張して、何日も前から具合悪かったくらいだったのですけど、
その緊張に負けずに、弾けてよかったです。
三十数年ぶりに母校の先生方に、ヘタッピだった20代から、
どう生きてきたかを、昔とはまったく別人の演奏を通して
聴いていただくことができて、人生のひとつのまとめができました。

学生時代にクラス担任だった先生が
「素晴らしかった。。すごかった。。素晴らしかった。。」と
何度も言って下さって、感無量でした。


さて、ご感想集第3弾です。

●●いつも先生の演奏に感動ですが!今日の演奏は今まで以上に感動しました!

先生の演奏が始まると会場の空気が止まった感じになり
どんどん演奏に引き込まれていき、
客室に真珠のような奥深いキラキラとした音色が身体の中に入って来て、
幸せな気持ちになりました!

言葉で上手く伝えられませんが・・・素晴らしい演奏に感動しました!

演奏は勿論ですがドレスも物凄く素敵でした!
お疲れ様でした!

不出来な生徒ですが又、レッスンをお願い致します!


●●やっぱり、野谷先生の演奏が、世界で一番好きです!!自慢です!!

繊細で、壮大なスケール で、
音符休符の全て、どこをどう切り取っても、洗練されていて、
大感動でした。

全てを超越したような、何か‥そんな感じを受けました。
ありがとうございました!!(涙)


●●コンサートお疲れ様でした。

先生がピアノに向かわれ集中される瞬間、
すべての聴衆がす〜っと神聖な域に入ります。
心がそうさせるのか、内に秘めた力です。

演奏が始まると、美しい音の連続は、
私にピアノ演奏は、どれだけ音が出るかではなく、
どれだけ綺麗で小さな音の幅、
そして表現力があるかだという事を教えてくれます。

聞いて欲しい音が、はっきり耳に届き語りかけてきます。
伝えるって、語りかけるって、こう言う事なんだなぁ…と思う瞬間です。

勇気を出して先生の所に電話して良かったと思います。

今、たまに綺麗な音が出る事があると、
ピアノを弾く事が楽しくなる瞬間があります。本当、たまにですが。
未々、挑戦して大丈夫だぞ。と、言われている気になります。
先生がいて下さる安心感なのでしょうね。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
私の演奏を聴いて、まずファンになってくれて、習いに来る方が増えていて
(もちろん逆に習うのが先の方もいますが)
こんなに私の演奏を愛してくれる皆さんがいるという
今の状況が、何と幸せなのかと思います。

その上、私の演奏を聴いて、ピアノに前向きになってもらえて、
さらに幸せです。(メールではなく、レッスンに来て直接言ってくれた皆さんも
私の演奏で、やる気がアップしたという方が多く、嬉しいです。)


3つのご感想集のメール(掲載了解済み)をくれた皆さんは、
ほとんどが30代後半、40代、50代です。(20代は1人。)
そういう年代の皆さんが、成長し続けているのは、
とても素晴らしいことと思います。

ピアノの先生方を対象とした講座で、ある有名な方が、
「先生方はもう、どんなに頑張っても上達はしないのだから、話術を磨いて・・・」
などという話をされていたと聞くと、残念です。

うちの門下生である、アラフォー世代中心のピアノの先生方は、
私と一緒に上達し、成長し続けています。
そして、成長する喜びと、その方法を、
それぞれの生徒さん(私の孫弟子♪)に伝えてくれています。

上記のコメントの中には、某所で多くのピアノ講師を指導している
私と同世代の先生も含まれています。
(つまり、私には、ヒマゴ弟子までいるわけですが)
その方も着実に上達し、成長しています。


年齢がいくつになっても、ピアノは上達できます。
ピアノの先生方も、話術を磨くより、音色や表現を磨き向上することができます。

私自身、これからも、向上し、成長していきたいと思います。(^^)

還暦を迎える頃には、相当素晴らしい演奏になっている「予定」ですので(笑)
これからも聴いてくださいね。

ありがとうございました。

16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ