2010/12/24

・。★。・「別人!」になるための、進歩の法則・。★。・  ピアノ

門下生コンサートの2週間後、出演したピアノの先生2名共同での
生徒さんの発表会がありました。(うちは門下生同士の仲が良く、
共同で発表会をしたり、お手伝いに行ったり、聴きに行ったりしています。)

聴きに行った別の門下生からそのプログラムを見せてもらったのですが、
ご挨拶文に、とても大切な考え方が書かれていて、感動したので、
書かれたご本人の承諾を得て掲載します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本日はご来場いただきまして有難うございます。
この音楽会も3回目を迎えることができましたこと大変うれしく思います。

私自身も恩師であります野谷恵先生に師事し4年が経ちました。
教えていただきながら、日々、自分に限界を作らないこと、
素直になる大切さ、それはピアノに限らず
人生の大切なことを学んでいる気さえいたしますし、
そして自分の成長が生徒さんひとりひとりの成長にも繋がっていると
実感いたします。これからもより良い演奏、指導ができますよう
精進してまいりたいと思います。

このステージに向けて練習を重ねてきた生徒の皆さんに、
暖かいご声援をお願いしますと共に、本日音楽会開催にあたり
ご支援ご協力いただきましたご父兄、関係者の皆様に
心よりお礼申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★自分に限界を作らない。
★素直になる大切さ。

これらは進歩の法則のほんの一部ではありますが、
最も大切かもしれない部分です。そして、年齢を重ねるほど難しいことです。
学ぶ、向上する、ということは、自分を変えるということ。
変えずに、今のままでいる方が楽です。例え、今のままでは良くないと分かっていても、
「私は下手だから・・」とか、「私は、こうだから・・」と言って変えずにいる方が楽です。
そして、素直になるのは年を重ねるほどとても難しい。

この文章を書いたWさんは、40代半ばですが、
学生時代には苦手だった難しい曲(指が軽く速く動くタイプの曲)を
40歳過ぎてから弾けるようになり、
「私、学生時代にはこんな曲、絶対ひけなかったんですから先生。」と
感動で泣いてしまったことがあるくらい、激変しました。
40歳過ぎてから変わろうと勇気を出したことと、
素直になる事の大切さを知っていたことが大きいと思います。

生徒さんのレベルも大きく変わり、コンクールで賞をもらったと、
感激しながら教えてくれたこともあります。


そうなんです。。技術も音楽表現も、具体的な方法を学んだ場合、
演奏力の進歩と、指導力の進歩は繋がっています。


すぐ下の記事のYさんの生徒さんも、コンクールで
今までとは全く違う、ダントツトップの結果を出したそうです。
その「結果」も嬉しかったけれど、本当に感動できる「演奏」に涙が出たとのこと。

Yさんは、英雄ポロネーズの時にも、
「ブー●ンや横●幸雄さんよりよかった!」とか
「最後の和音の後、自然に涙があふれた」等々、絶賛されたのですが、
その2週間後、今度はリストのメフィストワルツを演奏し、
多くの皆さんから、さらに大絶賛されたそうです。
新聞に批評を書く作曲家からも「圧巻だった!」と言われ、
「リサイタルをするべき」とも言われたとのこと。

報告のお手紙の結びには
「先生は私の人生をも光に照らして下さいました。
私が頂いた言葉は先生への言葉そのものです。」とありました。
そういう謙虚な考え方と「学ぶ」ことの重要性を深く理解された
「積極的な素直さ」が、Yさんと生徒さんの鮮やかな進歩につながったと思います。

札幌のWさんと、愛知のYさんは同年代ですが、
そういう年代での激変は、本当に素晴らしいと心から思います。

お2人より十歳ほど年上の私自身も、学び続け、変わり続け、
門下生の皆さんと共に、上を向いて生きていきたいと思います。


♪♪ メリークリスマス ♪♪
あなたに、良いことが訪れますように。。(^^)





いつもクリックありがとうございます♪♪

18

2010/12/15

東京レッスンでも、「別人!」出現  ピアノ

実はキタラでの門下生コンサートと同じ日に
東京でレッスンを受けている愛知のピアノの先生もコンサートでした。
同じく東京でレッスンを受けている同地のピアノの先生から、
そのすぐ後に感激の感想メールが届きました。抜粋します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
その日は、Yさんもコンサートで、
英雄ポロネーズを聴かせていただいてきました♪。
何より、演奏中、お身体がとてもリラックスされていて、
力まず無理なく音を出されている感じで心地よい音・・、
こんなに変われるなんてすごいっ!
感動で・・聴きながらうるうるしてしまいました・・(;_;)。
それも、野谷先生のお力と、
Yさんの努力と、変わりたいと願い柔軟に受け入れられる真摯なお気持ちの
賜物と思いました。
私もパワーをいただいて帰宅しました(^O^)/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

北海道で別人が続出していた同日同時刻に、
遠く離れた地で、別のステージ上にも「別人!」が出現していたというのは、
素晴らしいことではないかと思います。嬉しいです。


一般的なイメージでは、ピアノって、
レッスンでそれほどの変化があるとは多分思われていないですよね。
なので、門下生コンサートで、
「先生のところは上手な方が集まっててすごいですね。」という感じに
言われたことが何度もあります。

それは、褒めて下さっているので、もちろん有難いのですが。。

「元々上手な人が集まっている」のではなく、
「進歩した、変わった」と思ってもらえる方が嬉しいですよね。

「別人だった!」とか、
「こんなに変われるなんてすごいっ!」というふうに
思ってもらえるのは本当に嬉しいです。

私がレッスンしている内容も、そして、
レッスンを受けている皆さんの、吸収しようとする努力も、
本当に分かってもらえたという気がするので。。


それにしても、そういう変化をしているのが、
30代半ばから40代という世代のピアノの先生方だというのも
色々な意味で、さらにステキなことだと思います。


こういう成果を励みにして、
色々乗り越えて、がんばっていけると思います。

まだまだ改善点は沢山あります。
どれほど良い奏法や表現法であっても、
「伝える難しさ」があって、
言い方や伝え方は、永久に進化し続けなくてはと思います。
今後もがんばります。





いつもクリックありがとうございます♪♪

15

2010/12/13

やっぱり「別人!」だったそうで・・・  コンサート

前の記事で、誤解されがちな持病について詳しく書いたら、
今、特別具合が悪いと思わせてしまったようで、ご心配かけてすみません。
ず〜〜〜っと持病で、疲労感も大分慣れてきました。

1年で一番大変な門下生コンサートの疲れも、
札幌へ帰って来てからちょっとお休みしたので、大丈夫、元気です。


キタラに来てくれた皆さんからのご感想がどんどん入ってきています。
昨年も来て下さった方は、「衝撃的に別人!」という人が多かったと、
(私の予想を越えるくらい)皆さん思われたようです。

目立つミスがあったショパン・エチュードも、ミスは分かったけれど、
それより何より、こういう曲をこういうレベルで
弾ける人に、1年で変身していたことが衝撃だったとか、
ヒナステラの奏者は難しい曲は初めてだったといったら
「うそーーーーーーっ!!」と叫ばれて、(^^;)
「こういう凄く難しい現代音楽を沢山弾いて来た人だと思いました」と言われたり
(こういう感想複数)、etc・・・・

そんなに驚かれるほどのレベルの変化は、練習だけではできないわけで、
難しい曲を弾きこなす弾き方、さらに、表現とか、音色とか、色々な事を、
私も頑張ってレッスンしたわけなのですが、
その努力が報われて、す〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っごく嬉しいです♪(^^)v

そういう成果が得られる幸せな仕事が
生き甲斐になっているので、大丈夫です。

実は、今日、拍手コメントを見に行ったら、
前の記事の病気に関する記述についての反響がびっくりするほど沢山あったのですが、
病気とつきあいながら仕事している人は世の中に多いですし、
私は生き甲斐を持てているので幸せに思っています。

ご心配頂いてありがとうございます。
大丈夫です。(^^)



ちょっとしたお願いです♪

★拍手ボタンを押して表示されるコメント記入欄からのコメントは
毎日は見に行けないのと、お返事ができないので、
コメントを下さる方は、ご遠慮なく、記事の下の「コメント」という字をクリックして
表示される欄に書いて下さい。こちらはコメントが入るとメールで連絡が来ますし、
お返事もできます。
(※遅くなっても構わない方、お返事不要の方は、今まで通りでもけっこうです。)

★mixi経由で来られた方へ
ミクシでは、コメントだけ書けば、自動的にお名前も記入されますが、
このブログはそういう機能がありませんので、
コメントも、拍手コメントも、
HNでもいいので、できればお名前を書いて頂けるとありがたいです。


よろしくお願い致します。



いつもクリックありがとうございます♪♪

11

2010/12/9

ただいま〜♪東京レッスン+チャリコン開催!  ピアノ

メールのお返事を溜め込んでいてすみません。。。m(__)m

コンサート後も色々あったので、本当に忙しいまま東京へ行って、
レッスンは無事に全部できたのですが、
とにかく疲労感が酷くて(本当の疲労と、慢性膵炎の症状の疲労感と)
しんどかったのと、さらにそこへ、
移動時に、重い荷物でちょっと手が参ってしまって
携帯メールで沢山のメールに応対しきれなくて、
東京レッスンの確認などの急ぎのお返事以外は
そのままにしてしまいました。ごめんなさい!
これからお返事しますね。

ところで、慢性膵炎って、大酒のみがなると思われがちですが
私は大酒呑みではなかったし、メタボな食生活だったわけでもないです。
(突然弁明してる。笑)

率直に書くと、数回膵炎になって下地があったところへ、
昨年の入院(耳鼻科)でステロイドの大量投与したのがきっかけで、
膵炎が悪化して慢性化につながり、肝臓も悪くなったり喘息にもなったという、
要するに、私が薬に弱い体質というのが一番大きな誘因でしたが、
ストレスも原因になるので、緊張体質なのも良くないと思います。
リラックスを心がけたいと思います。

そういえば、慢性膵炎患者の平均寿命が60歳とか、65歳とかいう説は
信憑性はどうなんでしょうね?

あと5年とかなら、きっと、あっという間でしょうね。
でも、ものは考えようで、残り時間が短いかもしれないなら、
「迷ったら、実行する」という感じに
勇気を出す理由にできればいいかもしれないと思います。


今年、迷っているうちに会場を取れず開催できなかった
チャリティーコンサート、来年は開催します。
2011年8月27日(土)、会場は札幌サンプラザです。

もう、350万円以上も寄付したので、
今後は沢山寄付しようと金額を頑張らずに、気楽にいこうと思います。
資格を問わない演奏の場として、
皆さんにも楽しんで頂けるといいなと思います♪(^^)




いつもクリックありがとうございます♪♪

18

2010/12/3

コンサート無事終了。ありがとうございました。その2  コンサート

あっ・・・という間に時間が飛んで行き、
コンサートの後始末もろもろが全然終わらないうちに、
今日から東京です。。
(レッスンは土曜からになったので、夜行きます)

とりあえず写真の続きを・・・

クリックすると元のサイズで表示します

本当に素晴らしいお花、可愛いお花が沢山。。
ありがとうございます。
沢山のお花やプレゼントは、門下生が打上げ後、乗用車3台で手分けして
運ぶのを手伝ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロイズ、六花亭、花畑牧場、等々人気のお菓子屋さん勢ぞろい。
生キャラメル、チョコレートケーキ、はちみつなど色々。。
バラやカモミールなどのハンドクリームも色々あって、この冬は手あれ知らずです♪

クリックすると元のサイズで表示します
200年記念のショパンのポートレートと幻想即興曲の楽譜のカード♪

本当に皆さん、ありがとうございました。


打上げもしました。色んな話が出て、楽しかったです♪

印象に残っているのは、2人お子さんのいるピアノの先生の
“精神安定剤”が夜中のチョコレート、という話(笑)。

冷蔵庫には必ずチョコレートが入っていて、お子さん達には
「これはお母さんの“薬”だから、食べちゃダメ。」と言い渡してあるので、
ちゃんと理解してくれて、食べたくても食べないのだそうです。

イマドキって、子供をとにかく甘やかしがちですが、
やたらに子供中心じゃないところがステキです♪

そして、何より、お仕事も家事もあって大変なお母さんを思いやって、
ガマンしてチョコレートを食べないお子さん達って、
想像すると、めちゃくちゃいじらしくて、可愛いんですけど。。。(^^;)


色々な話を聴きながら、
色々な状況の中で、それぞれの大変さを乗り越えて、
勉強を続けてくれて、嬉しい・・と思いました。





いつもクリックありがとうございます♪♪

9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ