2010/8/27

ハンガリー【リスト音楽院マスタークラス】へ行ってきました  ハンガリー リスト音楽院

人間は、年齢に関係なく、勉強し、進歩できると言い続けています。
新しいことを知るばかりではなく、年齢を重ねてからは、
知っていたはずなのに、いつのまにか曇ったりさびたりしている部分を
磨くということも、重要な勉強と思います。
科学や医学ほどではなくても、重要な新しい考え方を学ぶという事もあります。

【年齢に関係なく学ぶことの重要さ】についての考えは変わりませんが、
こういう海外でのマスタークラスは、やはり、
体力も気力もケタの違う10〜20代くらいですることなのかな・・と
思いました。
私の場合病気を抱えているので、年齢のせいばかりとも言えませんが、
外国に滞在してマスタークラスを受ける形はキツかったです。
でも、もちろん、行ってよかったです。

18日に札幌を出て19日朝早く出国。27日朝帰国しました。
何度もめまいでダウンし、最終日はめまいに加えてひどい頭痛で、
帰って来て最初に行ったのは成田空港地下の病院でした。

病院では、脳の血管などに問題があった場合、
札幌まで、また飛行機に乗るのは危ないからと、CTを撮られましたが、
それは大丈夫で、血圧がひどく下がっていたので、
疲れからきた頭痛だったようです。
午後まで病院で寝せてもらって、夜、無事札幌へ帰って来ました。

レッスンして下さった先生はじめ、
ツアーコンダクター兼通訳をされた先生と助手をされた奥様、
主催団体の皆様、現地でご協力下さっていた日本人留学生の方、
一緒に受講された皆様、小さい受講者(小学生2名)さんのお母様方、
皆様、色々ありがとうございました。

今回は、最後までマスタークラスを受けるために、
「観光の日」は参加せず、
自由行動日にほとんどの方が行った観光も参加せず、
ダウンしたのでお土産ショッピングツアーも参加しませんでした。
なので、名所旧跡の写真は、ありません。
期待して待って下さった皆さん、ごめんなさい。。

ただただ、マスタークラスを受けてきました。

写真は、修了演奏会とディプロム(修了証書)授与式後。
ジュラ・キシュ先生とです。

クリックすると元のサイズで表示します
34

2010/8/18

山ほどありがとう♪  ピアノ

表のコメントがしばらくなかったけれど、
元々、普段からコメントがあまり入るブログではないし、
お盆で皆さんお忙しいし・・とか思っていたのですが、
はっと気づいて拍手コメント見に行ったら、まぁまぁ、
いっぱい(!)頂いていて、大感激です。
(うっかり、しばらく見に行っていませんでした。ごめんなさい!)

私が忙しいだろうからとか、
レスが負担にならないようにとか
色々お気遣いの言葉が添えられているのもあって
・・泣けます。。
お気持ちに甘えて個別のお返事は失礼します。
本当にありがとうございます。。

全部読ませていただきました。
ご無沙汰のマイミクさんも、
なかなかメールできないお友達も、ありがとうございました。
お名前のない沢山のコメントも、
嬉しいものばかりでした。ありがとうございました。

門下生からのレッスンやピアノについてのコメントも
とても嬉しかったです。
ずっと来られない事情の門下生2人も元気出してね。
どんなに長く休んでも、
うちは「入会」も「退会」もないから
来られるようになるまで、ずうっと待っていますからね♪

嬉しいメール下さった皆さんもありがとうございました。

さて、門下生コンサート印刷物は
来月半ばくらいになるかな?もっと遅いかな?という感じです。
楽しみにしていて下さい。

体調をご心配下さった方が多かったのですが、
膵臓や肝臓をだましだまし(笑)付き合うのに慣れてきました。
ダウンしてるわけじゃなく、
忙しくてブログを書けない時もありますが、
心配しないで下さいね。大丈夫です♪

20

2010/8/15

お誕生日のケーキ・・・じゃなくて、お花です♪  ピアノ

今日、お盆なのに・・・というか、
お盆だからこそ、ご主人にお子さんを見てもらってレッスンに来られる・・という
ピアノの先生のレッスンでした。

そういう環境の中で勉強する意欲がうれしく、
さらに、レッスンでどんどん変わっていく吸収力もうれしく、
そして、お誕生日で頂いたプリザーブドフラワーも
(写真で見るより、もっと、ケーキに見えます。笑)
とってもうれしくて、ハッピーなバースデイでした。
ありがとう♪♪

クリックすると元のサイズで表示します

お誕生日というのは、母親が生みの苦しみを味わって生んでくれた日だから、
母親に感謝する日だと、言っていたのは誰だったか、それとも何かで読んだのか、
もう思い出せないのですが、母に心から感謝して、
これからも一生懸命に生きようと思います。
向こうの世界で、快適に過ごしてくれているといいのですが。。(^^)v

20

2010/8/10

嬉しいメール・その2 「何より弾くのが楽しくて・・」  ピアノ

もう、ワクワクしているような
はずんだお気持ちが伝わって来るメールなので、
(許可頂いて)そのまま全部載せてしまいます♪
(東京でレッスンしている、有名音大卒業の30代後半の方です。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先生、こんにちは(^O^)

メール返信多忙な中、お手数おかけしてしまって申し訳ありませんでした。

ちょっとずつでも自分が変わっているのが嬉しくて 身内には『また言ってるよ』と言われてしまうのですが…

でも誰かに言いたくて仕方なくて先生に…また長いメールしてしまいすみません(-.-;)

恵先生のレッスンを受けて数ヶ月、今までの努力しても進化がない自分とおさらばできた気がします。

30代になっても10代の頃と変わらない演奏技術の悩みを抱えている自分に、絶望的になっていましたが、やっと新しいステージに進めました。


まだまだ学ぶことはたくさんありますが、何より弾くのが楽しくて(*^o^*)

きっと私同様にたくさんの方が先生から希望をもたらして頂いていると思います。

でもできれば感謝の気持ちはメールより演奏で先生に伝えられるよう頑張りますね(^w^)
(自分でハードルあげちゃいました 笑)

次回のレッスン楽しみにしています!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10代からずっと抱えていた技術的な悩みに
絶望的になっていたのに・・
30代になってから新しいステージに進めた・・
これって、すごい表現ですね。
そこまでの長年の悩みから、世界が開けた感じ、
嬉しくて、嬉しくて・・というお気持ちが伝わってきて、
読み返しても、こちらまでにこにこしてしまいます。(^^)

ありがとうございました。うれしいですよ♪
これからもがんばりますね♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
P.S.
下の記事になかなか拍手がなかったのは、
「そんなに簡単に変わるものなのか?」と疑問をもたれたのではないかと
考えました。
もちろん簡単ではありません。
が、タッチを良くすることに関しては、明確な方法と、
それを身に付けるための具体的な練習方法が色々あります。

その中のいくつかでも、集中して取り組めば、
ごく短期間で、音を良くすることは可能です。
ただ、分からなくなりやすいのも確かで、
本当に身に着けるには、結構月日がかかります。
また、良い音にも色々種類や段階があり、
それらを使いこなして様々なヴァリエーションで
音楽を表現できるようになるには、もっとかかります。

それでも、きれいな音だった・・と好評を得られたのは、
遠くから(都外です)熱い思いを抱えてレッスンに来られたこの先生の
素晴らしい柔軟性(今まで反対の事を教えていたと、その場で反省された事など)と
生徒さんへ良い事を伝えようとされる情熱と
そして、生徒さんへの愛情のなせるわざなのだろうと思います。

いつでも、どんな方でも、1回のレッスンで
がらりと弾き方が変わって、すぐに賞がもらえると
言っているわけではありません。(^^)
19

2010/8/5

嬉しいメール・その1 さっそくの快挙!  ピアノ

下の記事に書いたピアノの先生のレッスンでは、
生徒さんの曲も持って来られて、
コンクールのためとのことでしたので、
子供にも分かりやすいことばで、大きなフレーズの作り方、
表現の変化のつけ方など、すぐ効果がでるような
レッスンもしたのですが、
なんと・・・さっそく過ぎる快挙!!

その生徒さんがコンクール入賞との報告メールを頂きました!

しかも、しかも、講評には、
「きれいな音だった」ということが書かれていたそうで、
これも凄いことと思います。

つい先月下旬のレッスンで、タッチから全部(弾くのも教えるのも)
変える決心をされたことが、これほど早く実を結ぶとは、
ほんとうに嬉しい驚きと感動でいっぱいです。

おめでとうございます!よかったですね!

もっともっと、いい事を沢山、伝えられるよう、
今後もレッスンがんばります♪♪(^^)v
11

2010/8/2

変わる勇気  ピアノ

毎月、初めての方のレッスンがあります。
嬉しいですが、緊張もします。

今回の東京でも、初めてのレッスンがありました。
私と同世代のピアノの先生でしたが、
1回でどこまで伝えられるか・・と緊張しました。
でも、とても良く理解して頂き、充実したレッスンとなりました。

私の伝える奏法は、多くの先生方・・というより、
日本の常識的な弾き方と反対です。

その部分での反応で、その後のレッスンがどうなるか
大体決まりますが、その先生は、1回で納得して下さって、
よかったです。。

私が解説しながら色々な音を出すのを、
文字通り愕然として見てから、
今まで生徒さんたちにさせていた練習方法について、
「反対のこと教えていました。。かわいそうなことしちゃった。。」と
言われていました。
落ち込ませたかな・・と、ちょっと心配したのですが、
大変前向きに捉えて下さって、
ご自分も上手になりたいからと、変わる(変える)決意をして、
レッスンを継続する決心して下さって、大変嬉しかったです。

あと40年は弾きたい・・・とのこと。
そうですよね。長生きして、少しでも長く弾きたいですよね。

40年後、お互い90代になっても弾けるような、
余計な力を使わない、楽な弾き方で、きれいな音で、
弾いていたいですよね。
(ひたすら「鍛えなきゃ!!」という方向の考え方では、
ホルショフスキーのように90代でリサイタルは不可能です。)

今後もがんばって、良いレッスンをし、
良い奏法を伝えていきます!!
19



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ