2010/5/30

野谷恵と門下生によるピアノコンサート2010  コンサート

今年の門下生コンサートの日程が決定しました。

野谷恵と門下生によるピアノコンサート2010
11月28日(日)(19時15分開演予定)
札幌コンサートホール Kitara(小ホール)

先月、使用申請していましたが、無事審査を通過し、
1回目の入金をしたので完全決定です。

昨年、聴きに来て下さった方は、
当日のパンフレットの出演者のプロフィール欄に
「東京都在住」とか「群馬県在住」という方がいて驚かれたかもしれませんが、
今年は「静岡県在住」のピアノの先生も初参加予定ですし、
さらに来年は、今回ご都合合わなかった「愛知県在住」のピアノの先生も参加予定です。

東京レッスンの皆さんからの参加ご希望が増えてきて、
とても嬉しく、とても楽しみです♪

東京でレッスン受けている方で、他にも、
札幌でコンサートに出演してみたいと思う方は、
ご遠慮なくメール下さい。
(来月の東京レッスンの日程は週明けに一斉メールします)

今年も、曲目はバラエティー豊かになりそうです♪♪
お楽しみに。(^^)

22

2010/5/22

東京レッスン&写真  ピアノ

19日最終便で、東京レッスンから、充実感と共に帰って来ました♪♪
レッスンを受けられた皆さん、お疲れ様でした。楽しかったです♪

スタジオでフタの開いたピアノでのレッスンは
耳栓をしていても少々つらい時もありますが、
この充実感には替えられません!!

今回はキャンセルが複数あったのですが、
重い症状の方々、心配です。
どうぞ、おだいじに。
そして、どうか、気にしないで下さいね。

ほんの3年くらい前でしょうか、
レッスンがまだ少なかった頃に、東京に着いてから、
決まっていたレッスンの半分以上キャンセルメールが来て、
泣きそうになったことがありました。
今は、数件キャンセルがあっても、
他にも本当に沢山レッスンがあるので、泣きそうにはなりません(笑)

こんなに発展してきた事を、しみじみと振り返って、幸せに思いました。

どんなにいいことを伝えようとしても、
受け取ってくれる相手がいなければ、伝える事はできません。

エライ先生や、有名なピアニストが星の数ほどいる東京で、
私のレッスンを喜んで受けに来てくれる皆さんがいるというのは、
(しかも多くは遠くから)
凄いことだと思います。本当に幸せだと思います。。


帰って来たら、ハンガリー行きの日程が届いていました。
レッスンを受けている方には、もちろん、お話してOKです。
内緒にすると前の記事に書いたのは
ドロボーに入られた経験のある知人から、
ネット上に書くのは無用心だとのアドヴァイスで。。
でも、結局1週間程度なので、それほど長い留守ではありません。


そうそう、1月の東京での演奏会後に、
多くの方から、沢山、すてきな写真を頂いたのに
また写真を撮りに行くって、なぜ・・?、と思われたかもしれませんが、
演奏会で撮って頂いたような芸術的な写真ではなく、
証明写真のような写真も必要なんです。

で、撮って来た写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

下の方が若く見えますけど、
お目々パッチリ開けすぎて、ちょっと不自然な表情かと。(^^;)
上の写真を使うことにしました。

ちなみにこの写真、本当に証明写真用の、あの無人の箱で撮りました。
来ているのはドレスではなく普通のキャミです。
イマドキの機械はなかなか上手で、撮り直しもOK♪
(カメラマンさんに、気に入らないから撮り直してって言いにくい。笑)
16

2010/5/10

うれしい気分はいいことを呼ぶ?  ピアノ

ハンガリーへ行く決心をして、
皆さんからもお祝いコメントを沢山頂いて、
うきうきと嬉しい気分で眠ったら、
翌日、とってもいいことがありました♪♪

入賞演奏会に使う写真を探していたら、
1年半以上前になくしたと思っていたイヤリングが
ふっと出てきたのです!

一昨年、突発性難聴を発症した直後の東京での演奏会の後、
しばらくして気づいたら行方不明で、東京で落としてきたと思っていました。

2005年に、一大決心でコンクールを受けはじめ、
沢山入賞した自分へのごほうびに買ったものなので、
高いものではないのですが、思い入れがあり、失くして淋しかったので、
本当にうれしいです♪

いいこと続きで、イヤリングが出てきた代わりに、
病気が全部なくなる・・っていうことはないですかね。(^^;)

クリックすると元のサイズで表示します

肝心の写真が見つからないので(笑)
今日レッスンないから、撮りに行きます。
22

2010/5/7

ハンガリーへ  ハンガリー リスト音楽院

先日のコンクール、入賞者は全員、希望すれば、
夏頃に開催されるハンガリーでのリスト音楽院の
マスタークラス(1週間とかの集中講座:レッスン受講と聴講)に
学費全額免除で行かせてもらえます。
(詳しい日程は未定です。)

多分、それが目当てだったのか、
主催者の予想を遥かに上回る凄い人数の応募者で、
当日は3分くらいしか弾かせもらえなかったのですが。。
それは、ともかく、
あまり上位ではないのですが、何とか入賞し、
希望すれば行けるものの、
この健康状態で行っていいのかどうかが悩みでした。

慢性膵炎の方のお医者さんは、
「行くなって言っても行くんでしょう?」と、
知らないよ・・みたいな感じで、責任持たない的なことを言われました。
食べ物は脂肪の少ないものを日本から持っていくと言っても、
外国へ行く事の緊張やストレスも良くないとのことで。。

慢性膵炎は治るものではないので、
(膵臓の一部が、もう壊れているという事なので)
今、行かないなら、一生行かないという事になりますから、
人生の一大洗濯、もとい選択。
う〜〜〜〜ん。。。と悩み続けていました。

今日、耳鼻科の先生にお話したら、
「いや、医者が言う事じゃないけど・・」と前置きして、
「そ〜れは、具合悪くなっても行くべきでしょ〜!」と
言って下さって(笑)
超嬉しかったです。そ〜ですよね〜!!v(^^)v


という訳で、少々寿命が縮んでもいいので(笑)
行こうかなと思います。
詳しい日程は、決まっても内緒にします。
(ちょっと無用心かと。)

耳の方では長時間の飛行で具合悪くならないための
特効薬があり(鼻からのスプレー)
今日もらってきて、今月の東京レッスンに行く時
実験してみることになりました。


2006年にはラフマニノフが学んだモスクワ音楽院へ
行かせてもらえて、
今度は、リストが創立したリスト音楽院へ・・。

行ってみたかったんです。
じわじわと、今頃嬉しくなってきました。

ありがとうございます!!(←誰に言っていいかわからないけど総てに!、笑)
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ