2009/1/31

みんなのチャリティーコンサート チケット完成♪  チャリティーコンサート

チケットが届きました!大阪のくるりんさんが作って下さいました。
ご自身が車椅子の生活で、手もご不自由なのに、
こうして毎年可愛いチケットをボランティアで作って下さいます。
紙代や送料も寄付して下さいました。ありがとうございます。

チャリティーとか、ボランティアって、
余裕が出来たらしよう・・と思っていたら一生できないような気がします。
私も、チャリコンの時はいつも具合が悪かったり何か大変だったりしますが
こうして、ご不自由な手で作って下さったチケットを見ると
このコンサートができることが、なんて幸せな、ステキなことだろうと、
心から嬉しく思います。

クリックすると元のサイズで表示します
数えて輪ゴムで束ねて下さるのも大変だったと思います。。

無償でイラストを使用させて下さっている
つじむらあゆこさんとのお約束で、
画像がはっきり見えるようにはネットにあげられないので並べてみました♪

0

2009/1/31

(無題)  HP画像


2009/1/29

出演者募集要項PDF  チャリティーコンサート

みんなのチャリティーコンサート6の出演者募集要項PDFを掲載していた
掲示板が荒らされ、ある団体HPからのリンクを外されました。
他へもご迷惑をおかけしないよう、
チャリティーコンサートページからPDFを載せた掲示板へのリンクを外し
念のためチャリティーコンサート専用掲示板へのリンクも外しました。

そして・・・

チャリティーコンサートのページをリンク宣伝して下さる方、
または、要項PDFをHPへアップして下さる方、
あるいは、要項PDFのHPへのアップ方法を教えて下さる方、
いらしたらよろしくお願い致します。

・・・と書いたところ、即座にようこさんがPDFファイルを
ようこさんのスペースにアップして下さって、
そこへリンクを貼らせて頂き、要項PDFをまた掲載することができました。
ようこさん、ご協力ありがとうございました!

僅かな時間差でののさんも協力を申し出て下さいました。
ありがとうございました!


(この記事は、最初のSOS状態だった記事を加筆修正して、日付を変えアップし直したものです。)

0

2009/1/28

進まない日本の臓器移植 (NHKクローズアップ現代 1/28)  チャリティーコンサート

かなりの割合で海外での臓器移植手術に頼っている日本の現状が
臓器を提供してくれている国からも、日本国内で自給自足するよう求められ
さらに厳しくなるようですね。

渡航移植は1億円前後の莫大な費用が必要なだけでなく
重症の患者さんを外国へ長時間移動をさせることで
命を縮めたり症状を悪化させたりして
よくないことは簡単に想像できます。

なぜ、日本の法律だけが、子供の移植手術を禁止したり、
海外に比べて移植に厳しかったりして、
外国へ行くしかないようにしているのでしょう。

なんとかならないのか・・と、
今、家族が移植を待っているわけでもないのに
理不尽さに居たたまれない思いです。
0

2009/1/27

みんなのチャリティーコンサート6  チャリティーコンサート

みんなのチャリティーコンサート6は、
出演者募集を開始してすぐからご応募があり嬉しいです。
久々の演奏の場として喜んで下さった方もいらして、さらに嬉しいです。

曲目はチャリティーコンサートのページに順次アップしています。
初めて知って応募して下さった方には大変いい企画と書いて頂き嬉しかったです。
告知宣伝にご協力頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
0

2009/1/22

こういう表紙です  ピアノ

2つ下の記事の、音楽現代 2月号、こういう表紙です。
クリックすると元のサイズで表示します
八重洲ブックセンター各店や、札幌では紀伊国屋にはあるようです。
見て頂けたらうれしいです。(^^)
0

2009/1/21

猛吹雪の新千歳空港(1/19)  ピアノ

「後は無事帰れますように。。」と下の記事に書きましたが
無事には帰れなかったのです。。

新千歳空港が猛吹雪で、引き返す可能性ありとのことで出発しましたが
やはり滑走路が降りられる状況ではないとのことで、上空待機が1時間近く。。
結局、新千歳空港に降りたのは午後11時を過ぎていました。
クリックすると元のサイズで表示します
降りてすぐ、乗っていた飛行機を携帯でガラス越しに撮ったものです。

もうJRはとうになく、札幌まで特別便のバスが用意されましたが
猛吹雪の中を走るバスに乗っていると(事故らないかと)不安で
緊張しました。
札幌駅前についたのは午前1時過ぎ。
疲れましたが、悪天候で帰れなかった場合も想定して、
翌20日にはレッスンを入れていなかったのでよかったです。


20日夕方には病院へ行きました。
体調はよくなかったのですが、上記の事情を話すと
そういうことがあったのなら、元気な人でも具合が悪くなると言われ
それもそうだと納得。。

突発性難聴もメニエールも、風邪のようにすっきり治るのは難しいようです。
この状態とどう付き合って、どう仕事していくかを
(食べさせてくれるダンナさん、いないので。。(^^;))
模索していくしかないようで、
自分で、どのくらいまでどうしたら具合が悪くなるとか、
どの辺が限界とか、法則を探すようにとのことでした。

ただ、かなり具合が悪くなったとしても、それで聞こえなくなる心配は
少ないようで、その点だけは少々ほっとしました。

具合が悪い中でもずっと頑張っていけるかどうか、というのは、
つまり、コンジョーを鍛えるようにとの、
運命からの指令なのかもしれません。。

・・・・うん、がんばろ。。
0

2009/1/19

音楽現代 2月号  ピアノ

私のリサイタルの批評が初めて全国誌に掲載されました。
音楽現代 2月号に載っています。よかったらご覧下さい。

ブログ止めてご心配かけました。先々週ちょっと具合がよくなくて、東京レッスンに無事来られるように、先週、また毎日点滴に通っていました。
無事東京へ来られて、無事全部のレッスン予定を終了できました。よかった〜!!
後は無事帰れますように。。
0

2009/1/8

東京で、演奏会が決まりました  コンサート

来年、2010年の1月30日(土)午後、すみだトリフォニー小ホール
テルミンの大西ようこさんとギターの三谷郁夫さんのユニット
”ぷらイム”のコンサートにゲスト出演させて頂きます。

ぷらイム迎賓館】というタイトルですが、
迎賓館というのはゲストを迎えて演奏するところから来ています。
第1部はぷらイムの演奏、第2部は私のソロ演奏、
第3部で作曲家今井重幸先生がようこさんのために作曲された
テルミンとピアノのための曲『小さなロマンス第2番』初演予定です

テルミンは世界最古の電子楽器です。
東京大学大学院で物理学を学ばれたようこさんは、後に、
ロシアの物理学者テルミン博士によって発明されたテルミンに出会い
テルミン奏者となりました。(第1回ぷらイム迎賓館フライヤー↓参照)
物理学から音楽へ・・素敵な巡り会いですね。。

下の赤い文字をクリックするとテルミン演奏(byようこさん)の動画が見られます。
●グリーンスリーヴス 2'44" (1'20"頃から演奏の様子が見られます)
●はにゅうの宿 6'59" (テルミンについての解説もあります)

某所でようこさんが書かれていた私の紹介文。。

「一度聞いたら 忘れられない 一期一会 という言葉を思い出させる 入魂のピアノです。」
・・・嬉しかったです。ありがとう。頑張ります。

ぷらイム迎賓館】 は、チケットが完売し、追加公演が決定しました。
フライヤー(ちらし)表   フライヤー裏
■時:2009年2月14日(土)
 13:30〜(開場13:00 終演予定15:30) ★こちらは完売
 17:00〜(開場16:30 終演予定19:00) ★こちらが追加公演です
■所:松本記念音楽迎賓館■チケット:前売り\3,000(当日\3,300)
(フライヤー参照:赤い文字をクリック)

★私の出演は、来年の、1月です。(^^)
0

2009/1/7

(無題)  HP画像

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ