2008/3/5

東京は遠いけど・・  ピアノ

東京でのレッスンは、初めての皆さんも含めて、大変手応えのある充実した時間となりました。音大卒の専門家もまた増えました。目からウロコだったとか、予想をはるかに超えて想定外のレッスンだったとか、嬉しいご感想も頂きました。

土曜の最終便で帰るはずでしたが、羽田に行くと千歳空港悪天候で引き返してくる可能性があるとのこと。。さらに、引き返してきた場合、都内への最終交通機関に間に合わない可能性があるとのことでした。とても疲れていたので、1週間前、千歳空港に二千人(?)が泊まったニュース映像を思い出すと耐えられない気がして・・・都内へ引き返し、いつものホテルでもう1泊して帰りました。

翌朝の東京はと〜ってもいいお天気で、すごく気持ちよく帰ってきました。飛行機の窓から地上を見ていると、北へ進むに連れて、どんどん地面に白い面積が増えていき、海を渡って北海道の白い大地が見えた時には、こんなに気候が変わるほど東京は遠いのだと(もちろん分かっていたことなのですが)改めてしみじみ感じました。でも、そんなに遠くても、あんなに喜んでもらえるなら、出来る限り通い続けたいとも思いました。

帰りが遅れても日曜夕方からの札幌のレッスンにはちゃんと間に合って、最近来たばかりのピアノの先生にも、音楽で留学まで経験した音楽科卒の学校の先生にも、とても喜んでもらえて、嬉しかったです。

胃炎は完全には治っていないようで時々まだ痛んだりしますが、疲れても、体調イマイチでも、こうして人の役に立てる仕事ができて、なんて幸せなのだろうと思います。頭の中に、どんなにいいアイディアがあっても、伝える相手がいなかったら何の役にも立たないのですから。レッスンを喜んで(つまり意味や価値を理解して)受けてくれる皆さんがいて、幸せだと心から思います。

そして、昨日、レッスン後、変に咳込んで一瞬喘息みたいになったら、帰りかけていた大人の生徒さんが玄関から飛び込んできて背中をさすってくれて、帰った後にも心配して電話をくれたりして、そんな優しい人に出会えていることも、幸せだなと思いました。(Hさん、ありがとう♪)

クリックすると元のサイズで表示します
写真は東京駅の丸の内地下改札へ降りていく所にあるステンドグラスの大きな壁画です。いつもレッスンの前日深夜に東京に着くので、地下鉄最終に乗り遅れないかと急いで通り過ぎるのですが、今回は美しいなと改めて思いました。「天地創造」という題のようです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ