2006/9/30

チャイコフスキー  ロシア モスクワ音楽院

チャイコフスキー国際コンクールが開催されるホール、と聞いて、あわてて振り返って写真を撮ったら、自分の手が入ってしまいました。

ホールの、ほんの一部分ですが。。(^_^;

クリックすると元のサイズで表示します

午前中だけでしたが観光の日があって、チャイコフスキーがよく散策したという池のほとりの遊歩道にも行きました。その池を見ながら、白鳥の湖のインスピレーションを得たのではないかといわれているそうです。道の周りにはお花が咲いていて、池には水鳥が泳いでいて、とてもきれいなところでした。

あそこへ行きたい・・・と現実逃避していないで、練習します。。

0

2006/9/26

モスクワ音楽院への道 その2  ロシア モスクワ音楽院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本では絶対見られない感じの、クラシックな魅力的なデザインの家やアパートメントが沢山ありました。。プロコフィエフが住んでいたことがあるというアパートは1階がネットカフェになっていました。素敵な建物や不思議な光景が多くて、長歩きで足が痛いのも忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します

不思議な光景のひとつ。大量のマトリョーシカの露店。。

そういえば、ホテルの近くの地下鉄駅には高さ3mくらいの巨大なマトリョーシカが立っていて、胸の辺りに窓が開いていて、タバコ屋さんになっていました。。
凄い発想。。。(^_^;

0

2006/9/24

モスクワ音楽院への道  ロシア モスクワ音楽院

スクリャービンの家からモスクワ音楽院までは地下鉄ではうまく行けないそうで、なんと40分(以上?)も歩いて午後のレッスンに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、普通の家々が、絶対に日本では見られないようなクラシックなデザインの古い家が多く、その壁のデリケートな色合いも美しく、時には車の通らない道に色々な露店が並んでいたり、とても楽しい道のりでした。

クリックすると元のサイズで表示します

↑↓絵の露店。素敵な絵が沢山ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/9/22

スクリャービンの家  ロシア モスクワ音楽院

スクリャービンの生活した家が博物館になっていて
彼のピアノや集めた絵画や、彼自身が採ってきたままの
草花のドライフラワーまでありました。
彼が亡くなったベッドもありました。

5〜60席ほどのサロンでは、
当時の雰囲気そのままの家具や調度に囲まれて、
スクリャービンの娘婿にあたるソフロニツキーの、
直弟子というおじいさんが、
スクリャービンの小品を演奏してくれました。

館内は撮影できないので、入り口付近だけ。。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/9/21

モスクワ音楽院付属・・?  ロシア モスクワ音楽院

モスクワ音楽院付属カフェ・・というのは冗談ですが、
そう思うくらい隣接して立っているカフェには、
めちゃくちゃ可愛くて美味しそうな、
小さなケーキが、もの凄く沢山の種類ありました。
デザイン、色彩が本当にきれいで、殆ど美術工芸品。
もう見ているだけで感動でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも、モスクワ音楽院付属・・ではないのですが、
有名なチャイコフスキー像(ちゃんと写ってないですね。泣。)を
間に挟む形で、上のカフェと向き合っている建物に、
楽譜とCDのお店がありました。
ロシアの楽譜って、なぜか音符の玉が小さくて読みにくい。。
スクリャービンのCDを買ってきました。
CDは安かったです。

クリックすると元のサイズで表示します


0

2006/9/20

3枚のモスクワ音楽院の・・  ロシア モスクワ音楽院

正面玄関の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

別の角度から見ると↓こうなります。
クリックすると元のサイズで表示します

小さすぎて分からないけど↓私です。(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します


0

2006/9/17

モスクワ音楽院  ロシア モスクワ音楽院

マスタークラス受講のため、ロシアに行って来ました。
しかも参加費全額免除で。

昨年の入賞によるものですが、そういうことは要項に書いてあったはずなのに、全く記憶がなかったので、5月か6月に突然「参加費全額免除推薦書」なるものが届いた時には本当に驚きました。こんなトシ(どんなトシ?)で、学費免除で短期留学って、考えたら凄い話ですよね。

というわけで、勉強してきました。内容(レッスン)の詳細レポはしませんが、写真は沢山(!)撮ったので、少しずつご報告を書いていきます。


0

2006/9/8

チャリコンの会計報告  チャリティーコンサート

とりあえず、大急ぎで集計し、送金しました。
圧倒的最高額の寄付ができました。ありがとうございました!

最大目的の寄付送金を済ませ、責任を果たしてほっとしました。
ぎりぎりまで募集し続けたので最後の2,3週間は本当に大変でしたが、
積極的に手を差し伸べ、手伝って下さる方々もいて、
そのことがしみじみと幸せでした。

チャリコン当日のことについては、まだ頭の整理ができていないので、
そのうちゆっくり書きます。

とりあえず・・・

とても暖かな視点で書いて下さった主要スタッフまきさん↓と、
http://chagomaki.blog67.fc2.com/blog-date-20060905.html

ハプニングを超えてのきれいな演奏が好評だった出演者ひつじさん↓の
http://hitujisannoouchi.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_8d5a.html

「 思わず、次は参加したくなる日記 」をご覧下さい。

お二人ともありがとうございました。


0

2006/9/1

国際コンクール  ピアノ

第7回大阪国際音楽コンクールの2次予選に当たる地区本選を東京で受けて合格し、10月に大阪で開催されるファイナルへ進出することになりました。
年齢制限のない国際コンクールも珍しいけれど、制限がないからといって、私の年でファイナルへ行く人も珍しいかもしれない。笑。

そんなことしてるなら余裕があるのだろうって??いいえ!!
チャリコンの雑用で、脳がウニになるほど(つまりものが考えられなくなるほど)忙しく、練習もできず、泣きそうでした。変な言い方ですが、チャリコンを恨みそうになったりしました。あまりに練習できなくて、あまりに精神的につらくて、棄権を考えました。

でも、棄権して、未練や恨みがましい気持ちを残したら、せっかくの参加者の皆さんや、手伝って下さる皆さんや、寄付金を送る患者さんに、悪いと思いました。練習時間で総てが決まるわけではないことを自分は良く知っている、ということも思い出しました。受けてよかったです。

8月は東京へ3往復しました。暑さと冷房のきつさに参ったり、札幌のウィズユーカードより東京のパスネットの方が何倍も減るほど動き回りながら、レッスンして、その合間に練習して、コンクールを受けて、移動中は常に携帯で転送されたメールの問い合わせに対応して・・・。

「大変」・・というのは、「生きている」という充実感に繋がると知りました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ