2006/2/24

レッスンin東京  ピアノ

東京でレッスンをするようになって半年以上経ちますが、HPを見て・・等の理由でじわじわとご希望の方が増えています。嬉しいことです。

今回は初レッスンの方が3人もいらして、しかも皆さん結構年長の方々(お二人は私より上。)で、実は少なからず緊張しましたが、それぞれ成果があり、喜んで頂けてよかったです。掲示板に書かれていますが、HP開設当初からのお知り合いの橋元庵敦さんも、お仕事で東京へ出張されるのと、他の皆さんのご都合とがうまく合ったので、ついにレッスンができてよかったです。

手を切った方も、無事回復してリストを弾ける様になってよかったです。弾いたことのある曲でさらに1年位かけて私のレッスンを受けるという長期計画は大変いいと思いますよ。頑張りましょう♪
バッハでピアノ再スタートの方も、カルチャーショックという感じに色々分かって頂けてよかったです。
継続されている皆さんの着実な進歩振りも嬉しかったです。直前に来られなくなった方、残念でしたが、また今度ね。

それにしても・・・「札幌から東京へレッスンに来られるなんて、凄いですよね。」と初日にも2日目にも言われましたが・・・そうですね。凄いことですよね。体力的には大変ですが、幸せなことと思うし、楽しいです。頑張りますね♪

0

2006/2/17

小さな手  ピアノ

何度も繰り返される光景・・・。レッスンに初めて来た人が、「私は手が小さいから・・。」という時、手を重ね合わせると、私の方が小さくて驚かれます。

つい先日も、手を合わせたら私の方が1cm近くも小さくて、「えっ!」と言って一瞬絶句した方がいました。弾き方で手の大きさは変えられると言っていいけれど、その「弾き方」を教えてもらえなかった人は多いのです。その人が悪いわけではないのです。

弾き方は1回や2回では説明しきれないし、説明をすぐ理解してもらえないこともあるけれど、楽になった時の輝く表情を見られるのが嬉しくて頑張ります。今回の東京出張レッスンでも、私より大きな手(広げた状態で最大幅20cmだとか)なのに、オクターブがうまくつかめないという人がお待ちかね。

さ〜て、頑張りましょう♪

レッスンについての詳しい事は以下のページにあります。
野谷恵 札幌,東京でのピアノレッスン&ピアノ教室住所(札幌)
0

2006/2/12

たった一人の拍手  ピアノ

非公開審査のコンクールでしたが、出場者は演奏終了後、客席で聴くことを許されていました。私の出番は最後でした。
1年前に同じコンクールを受け、上位入賞できずに入選でしたので、今回は絶対に上位入賞して昨年の雪辱を果たすのでなくては同じコンクールを受ける意味はないと考え、かなりのプレッシャーでした。

昨年よりはレベルの高い演奏ができたと思います。後半で精神的な力みからか、はっきり分かるミスをし、100%納得のいく演奏ではありませんでしたが、ミスの後はさらに(ヤブレカブレ??)迫力を増して弾いたような気がします。

弾き終えた瞬間、パチパチパチ・・・と、どなたか一人だけ、拍手して下さって驚きました。(普通は拍手をしません。非公開ならなおのこと。)
思わず・・という感じだったので、こちらの方が感動してしまいました。

演奏の全体的な表現内容や音や迫力と、後半のミスを、審査員の方がどう判断されるかと不安に思いました。その一方、一人でも、思わず拍手したくなるような何かを受け取って下さった方がいたなら、それでもう十分という気もしました。

結果は上位入賞できて、昨年の雪辱を果たせて良かったのですが、「勝負」より大事なものを、たった一人の方の拍手から頂きました。もし・・・ここを見て下さることがあったら、ありがとうございました。。

0

2006/2/11

ピアノの敵、かぼちゃ・・・??  ピアノ

もうすぐ、また東京へレッスンに行きますが、今回初めてレッスン受講の方が、なんと、かぼちゃを切っていて指まで切って・・(い・・痛そう・・汗)。
でも、どうしてもレッスンを受けたいから、あまり弾けないけれどよろしく、と連絡がありました。

練習できていなくてもレッスンできるというのと同じで、そういう場合でも、少しでも弾き方・・全身の構えや腕、手、指の動きを見せて頂ければ、かなり色々アドヴァイスできますからご心配なく、と伝えました。

そういえば、かなり昔ですが、友人と後輩が、かぼちゃを切る時に手を切って、大変だったのを思い出しました。後輩は演奏会前でした。。

ピアノを弾かれる皆さん、かぼちゃにはご用心!

0

2006/2/4

東京オペラシティ  ピアノ

新宿の初台駅直結のホール。昨年、ご縁あって3回もここのリサイタルホールで弾かせて頂きました。

3回目の昨年末のコンサート後、レッスンのために数日滞在した時、空き時間に都庁45階の展望台(高さ202m)に上ってみました。

ひと駅離れたオペラシティの54階建てのビルが、すぐ近くに見えました。リサイタルホールは下の方にあって外からは分かりませんが、すっと伸びた高層建築の美しい姿を外から見て、あそこで何度も演奏したのだと思うと不思議な気がしました。

取り返せない失敗も、忘れられない心残りもあっても、それでも自分の人生を肯定できるような、不思議な感動でした。頑張ってよかった・・・と、思いました。

これからも、ピアノを弾き続けて、生きていこうと思いました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ