2011/11/27

神様が私に・・・  釣りの話

今朝店に着いたときに、いつも首からぶら下げている携帯電話が、ガチャンと道に落ちました。紐が切れちゃったのです。
まあようこそ昨日船の上で切れんかった事。
神様、ありがとうーーー

実は去年の今頃、ロマン号の上から携帯をポチャンと海に落としてしまった事があります。
たもで、救出しようとしたけれど、ものすごいスピードで沈んでいった私の携帯・・・
そこからはもうどんより、釣りしていても集中できず・・・・
店とは連絡取れなくなってしまったし、何より電話の中に入っているお客さんのデーターは、500件は超えている。ゲゲゲゲゲ。どうなってしまうのだあ?
他のお客さんは楽しく釣っているので、早く帰りたいなど言い出せるはずも無く、どうしようどうしようと頭の中大混乱。

帰ってから、DOCOMOにぶっ飛んで行き、カウンターのお兄さんに
「どうしよーーーーーー携帯海へ落としましたけどーーー]とものすごい勢いですがりついたのですが、向こうはいたって冷静。
「大丈夫ですよ。保険に入られてますね?すぐに手続きを致しますから。」とにっこり。

エーー?保険?知らぬ間に入っていたの?じゃあ、電話はお金がかからないって事?
少しだけうれしい。

でも、その紛失の手続きがかなり時間がかかり、
「携帯はどこで落とされましたか?」
「海です。」
「時間はわかりますか?」
「わかりますとも、朝の9時です。」
「海ってどこの海ですか?」
「桂浜沖です。」
「今、なくされた場所ははっきりわかっているのですね?」
「ええ、桂浜沖の水深25Mのところに沈んでいます。」
「拾う事はできなかったのですか?」
「船の上からポチャンと落ちてったので、間に合いませんでしたあーーー。」
この状況が、お兄さんにはなかなか理解してもらえなかったようで、このやり取りはかなり長きにわたり、他のお客さんはくすくす笑っている。
「では、保険の手続きに入りますので、まずは、警察に紛失届けを出していただければなりません。今、警察に電話しますので、ご本人様が説明してください。」

そこから又、振り出しに戻り、
「なくされた場所はわかりますか?」からのエンドレス。
警察の次は,DOCOMOのどこかへ電話、電話機の使用を止める手続き。
またまた説明に時間がかかり、
「お電話を止める手配をいたしましたが、電波が届かないようでして・・・。」
だ・か・らーーーー。海の底に沈んどるっていうてるやろーーーーーー

恥ずかしい思いの代償に、たしか5000円位で、携帯は手に入りました。

データーはこのDOCOMOさんがオープンの時に、サービスでバックアップしてくれたカードがあるはずと、亜理ちゃんに思い出してもらい、探しまくって見つけ出し、出てきた4年前のを入れてもらい、400件あまりは出てきましたが、しばらくの間、空白の4年間に入力した方からの電話にしょっちゅうどちら様ですか?と尋ねなければならず、その度この恥ずかしいいきさつを説明して、失礼の程のお詫びを繰り返し・・・

これはきっと神様が、忙しい中釣りに行った私への罰を与えたのだわと、そこから3ヶ月ほど謹慎して、釣りを休みました。

長くなりましたが、今朝の出来事も、昨日を最後にしなくては、又お仕置きをするよとの神様のお言葉が聞こえたような気がします。

そう考えれば、昨日の釣果も納得です。
始め釣れたのはハゲとガシラ、そして又、ハゲ・・・・
今年最後にするつもりだったのに、一度くらいドラグを鳴らしてみたかったなあ、そうじゃないと又来たいよーー。てな事を考えていたらば、
ジャーーーーーーサービス精神満点のコロダイが私の竿にかかってくれて、
しばらくの間、ジャージャーとドラグを鳴らして引っ張りまわってくれた。
これが、憧れの石鯛や平目なら、又すぐに行きたくなる。
コロダイというところが、ミソ。
うんうん納得。

そしてもうひとつ神様は私に気付かせてくれました。
昨日一緒に行ったお客さんの道具をセットして、テンヤをつけて、糸が切れたらくくり直してって面倒をみさせてもらって、思い出したのです。

私も、つい去年の春頃までさびき釣りしか知らない頃は、何にも知らなくて、何もしなくても、先輩のおじ様、いや、お兄様達が、道具の組み立てからさびきのセットまで、全部やってくれて、その間、習おうともせず、おやつをもぐもぐ・・・
「出来たよ。お嬢さん。」
「有難うございますー。」とお姫様状態。
そして、サバなんぞがいくつも一緒にかかった日には、うまく魚をキャッチする事が出来ずに、お食事休憩中の先輩の頭にサバをビチャンと浴びせた事も。迷惑な失敗は数え切れない・・・

「紀ちゃん、この前も言うたよねえ竿は左で魚は右、そして、大きく振り上げたら、魚を受けるのじゃあーーーーー。]
「ごめんなさいいーーー。振り上げすぎて、魚がはずれちゃいましたあ]


なんとはた迷惑なおばちゃんだったのでしょうか。
ほんま、すみませんでした。

人の世話をして初めて、皆さんの優しさがわかりました。
そんなめちゃくちゃ迷惑な私を懲りもせず、夜釣りに誘ってくれた皆さんのお陰で、今の私があるのです。感謝感謝。忘れないうちにお礼を言っとかなくちゃだわ。

一日で悟りを開いた私です。
そういうわけで、今日から年末まで、普通の花屋さんに戻ります。
港の女になるのだわ。そして、みんなの給食当番にも・・・・・。

年末まで釣りを続ける皆さん、来年まで私の分の魚を残しちょってよ。
そして、まだ見ぬ大きな魚さん達、もっともっと大きく育って、私を待っていて下さいね。

又行けるその日まで、シーユーアゲイン

ブログは休みませんので、念のため。
釣りには行けなくても、心はいつも海の上なんだもん。



13



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ