2013/3/31

みんなみんなありがとう!!  紀子の日記

夕べ閉店間際にK君が釣りたての鯵を持ってきてくれました。

「ちゃんと血抜きしてあるき美味しいで〜!!じゃあね。」

あっという間に帰って行ったK君は私達の忙しさを邪魔せぬようにとの心遣いだったのでありましょう。

心のこもったこの魚はなんとかさばいてお刺身にしなくては!!


実はこの2週間というもの、私は主婦業というものを全面的に捨てておりまして、冷蔵庫の中身も見ぬまますごしておりました。

母の食事も娘と夫にまかせっきり。

洗濯物も考えず、とりあえずお客様にご迷惑をかけぬことだけしか考えず・・・・・

ここに至るまでは涙なくしては語れない苦労がありましたが、やっと現在は私の多忙な時期だけは仕事に没頭させてもらえるようになっております。

ので、毎日お仕事必死で頑張って、終了したらば布団に直行の2週間。

無我夢中の毎日だったのですが・・・・・

昨日は久しぶりに8:00にお仕事終われましたので、新鮮な鯵をさばいて、久方ぶりに台所に立ってみようかと・・・・

もともと握力が小学生並みしかない私。はさみの握りすぎでこの数日間、おはしもまともにもてなかったので、久しぶりに持つ出刃包丁はかなり重く・・・・

それでもど根性でちゃんとお刺身になりましたよ〜ん。

何日か前に頂いてたほうれん草も今日こそはちゃんとゆがいて・・・・

本当に久しぶりの主婦業です。

コンロの周りは夫がやりたい放題でしたので、きったな〜くなっていましたが、まあそこは許してあげる事にしましょう。

もう少し体力が回復したら又磨けばいいですもんね。

とりあえず家の事をほったらかしで仕事に没頭させてくれた家族に感謝感謝。

汚くしてても死にやしないし・・・・

晩御飯を作りながら思った事は、私はここしばらく仕事オンリーの生活をしていたのだけれど、まわりのスタッフは子供さんもいて、帰ってからの主婦業もあったんだわ・・・・

私より早く帰っても、それからお家の用事を済ませていたらきっと私と同じくらいしか眠れていないはず。

それなのに何の文句も弱音もはかず、よくもまあついてきてくれたものだなあと、つくづく・・・・・

「もうやってられません。帰らせていただきます。」て切れられても仕方の無い状況だったのに・・・・・

だって本当に今年は卒業、離任、送別、卒園が詰まりすぎていて、恐ろしいくらいの仕事量だったんですもの・・・・

それに加えて今年は人員不足。

去年フル活動してくれたあゆみちゃんが本業忙しく・・・・
手前にわかっていたので誰か助っ人をとも考えたんだけど、今初めての人を入れてもきっとみんなの足をひっぱるだけだからと、少人数で頑張る事を決意。

そんな覚悟一杯の春の修羅場。

少人数だと体は相当きついけれど、全部の仕事をみんなが把握できてるし、確認も早い。
動くスペースがとれるので仕事はとっても速く進みます。

おかげで今年はほとんどの花束をみんなの目で確認して見届ける事ができましたから、
ミスはなかったですねえ。

トラブルがなかったから、へろへろになってもいらいらすることは一度もなかったような・・・・・

みんなほんまに良く頑張ってくれました!!

本当にありがとうね


そして、新鮮な鯵をこの疲れた私達に差し入れしてくれたK君にも心からありがとう。

それから、お花は紀ちゃんところにって思い出してくれたお客様にも心から感謝しなくては・・・・・

そんな事を考えながら作り上げた夕べの晩御飯。

じゃじゃ〜ん


クリックすると元のサイズで表示します
頂き物のほうれん草のおひたしと、釣りたての鯵の刺身、そして、お世話になってる園長先生からの差し入れの美味しいトマト、叔父からもらった水菜のお味噌汁に、いつもお世話になってるお肉屋さんから「これ食べて乗り切って」と頂いた牛肉を甘辛く炊いて・・・

ぜ〜んぶみんなの気持ちのこもった贈り物で、しっかり馬力をつけられましたよ〜ん。

おかげで今日も元気に頑張れました

今日は定年で退職された方のお宅へのお花の配達が多く、やっと今帰宅しましたが、
大事なメッセージカードつきのお花をお届けして、相手様にしっかりお気持ちが伝わったのを見届けさせていただき、こちらまで暖かい気持ちになることができました。

送り主様のお気持ちと一緒にお届けするのですから、配達って本当に大事な仕事なのだなあとつくづく感じた一日でした。

花屋の仕事って大変だけど、幸せも一杯。又明日も頑張れます。
4

2013/3/31

3月が去っていきました。  プチフローラ紀子のお仕事

今日は月末だけど日曜日。

ご予約の花束を作り上げて配達すれば後はことこととお片づけをすればいいかなと
しばらくぶっ通しで頑張ってくれてた番頭さんや他にもお仕事している中サポートしてくれた子にもお休みをさしあげ、
リボンちゃんと二人きりでゆっくりお仕事できるかなと思っておりましたが・・・・

急にお通夜のスタンドやら、送別の花束、それからそれから・・・・

私が出かけている間にお客様のラッシュがあったようで、ほんの少しの時間だったのにリボンちゃんは顔色が変わっていました。

あまり話す間もなく今度はリボンちゃんが配達にでかけ、今度は私一人でお留守番。

やっぱり突然に
「送別の花束を3つ作って欲しいのですが。」

「胡蝶蘭を見せて下さる?」

「お誕生日の花束を・・・」

「アレンジを二つお願いします。」


え〜そんなそんな〜

今日もまだ終わってなかったんですか〜


というわけで、今日も閉店は定時をはるかに過ぎまして・・・・

お花の入っていたバケツを洗い、明日の準備。

そしたらまあびっくり。

今日空いたバケツの数ったら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと感動

夕べは帰ってからからっぽの倉庫のお掃除をしたのですが

ここのバケツの数にもちょっと驚きです。

無我夢中でひっきりなしに水揚げして、あちらこちらからひっぱりだしてきては使っていたバケツの数はいったい何個あったのでしょうか・・・・

そういえば、足りなくなって市場からも沢山借りてきたっけ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
この2週間、毎日毎日お花の入れ替えをしてきた倉庫。

あんなに花で一杯だったのに、からっぽになってしまって・・・・

心の中も空っぽになりそう・・・・

そういえば今年は桜もゆっくり見ることなく散り始めてしまいました。

今朝の裏山の桜です。

クリックすると元のサイズで表示します
明日から4月、新学期はもうすぐ。

気持ちをしっかり切り替えて入学式に向けて又一から準備を始めましょうか。

忙しくしていないとぼけちゃいそうですからね〜。

頑張らなくっちゃ〜

あともう少しの間頑張って、又高知沖へ参戦しなくては!!

魚、大きく育ってくれてるかしらん?

楽しみ楽しみ・・・・・

3

2013/3/30

終わりのない毎日だけど・・・・  プチフローラ紀子のお仕事

今朝もまじめに早起きして朝風呂に入ってシャキ〜ンと身を清め、まずは店に来て朝の配達の花束の無事を確認。

むふふ。綺麗綺麗。
クリックすると元のサイズで表示します


それから今日はちょっと重たい仕事が入っていますから、気合を入れて倉庫に帰り・・・

この仕事はちょっと緊張。

ご注文は
「いろんなお店の集合体の中の入り口のお店だから、他のお店に恥ずかしくないようなものを持って行ってね。お値段、デザインはお任せするから・・・・」

ギョエ〜
お花は沢山あるんですが、そんなお仕事はもう少し私の心と身体がゆったりしている時にお受けしたかったですわ〜。

しかも配達ご希望時間はプレオープン前の朝7:30。

いったいどんなところなんだろう・・・・

全部のお店が開放的に並んでいるとの事だから、イオンを想像してみて・・・・

どこから見ても綺麗なお花で、よそと違うスタンドにしてみようかしら・・・・

買いたての背の低いちょっと渋めのスタンドを箱から引っ張り出してきて夕べ倉庫でいけてから眠ったのですが、さて、広いお外で一度確認しなくては・・

うんしょうんしょと引っ張り出してきたのは恥ずかしながら倉庫前の道路。えへへ。
クリックすると元のサイズで表示します
後は現場でお花を足す事にして車に一人積み込み・・・・(これがなかなか重たくて今の私には過酷・・・・)

走る事30分。睡眠不足の私には朝日が眩しい・・・

予定時間に到着。

げろげろ、お店の前には商品を並べる為置けない?

お店のオーナーさんやイベントの主催者さんと相談の結果お店に向かって設置させていただく事に・・・・

皆さんオープニングイベントの準備であたふたしていらっしゃる中、お邪魔にならぬようさっさとしなくっちゃあ・・・

ふ〜すみやかに設置完了。

入り口はガラス張り。四方見にしてきてよかったよかった。

「お陰で入り口が立派になりました!!」と主催者様に大喜びしていただいたのが大変うれしく、ご機嫌で帰途に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
それからは又もやあたふたと次の配達の花束の仕上げ。

配達は二人が西へ東へ走る走る。

そして今日はお葬儀のスタンドまで入ってしまいましたので、合間に私も配達に・・・

すごく早いローテーションでくるくるくるくる・・・

夜の配達も二手に分かれ、今日は、いや今日もこの疲れのたまった中、みんなさぞかし辛かったことでしょう。

私も今日が一番しんどかったですもの・・・・


夕方立ち寄った娘に手伝ってもらって、明日の早朝のご来店のお客様の大量のカーネーションの一本巻きを仕上げ・・・・

娘が「今年何百本一本巻をしたの?やけに多くない?」

ほんまやね〜。なんだかどこでも生徒からお花一本ずつを先生や監督に手渡しするのが流行っていたのかしら?毎日だれかがチューリップ、薔薇、ガーベラ、カーネーションなどの一本巻を担当していたような・・・・

これがこの疲れた時にはおりボンつけるという細かい作業が辛くなってくるのよね〜。

本当にみんなよく頑張ってくれました。

きっとみなさん思い出に残るいいお別れ会になった事でしょう。そうじゃなきゃみんなの苦労が報われないもんね〜。

娘に
「あんた、この作業むいてるねえ。上手い上手い。実にきれいな仕上がりですわ。
来年はまきちゃん一本巻きを一手に引き受けてもらおう。よろしくね。一本巻き担当部長・・・」というと、

「あのね〜、それって私が来年もお嫁に行ってないことを想定していない?私ももうすぐ30ですからねえ、嫁に行っておらんかもしれんですけど・・・・
まあ、嫁に行けてなかったら、私一本巻のまきちゃんになってあげるけど・・・」

「わはは。そうか、遠くに嫁入りするかもしれんか・・・それでも内職に送ってあげようか・・・・」

「どこまで行っても母の仕事がついてくるわけ?」

「そりゃあそうやん?母心配しなくてどうする?」



さてと、娘のお陰で今日はちょっと早く帰ることができそうです。

閉店前にお花の元気を確認してっと。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日入りたてのお花はめちゃくちゃ活き活き。

毎日毎日水揚げしては花束にしての繰り返しは大変だけど、お手元に渡ってから長く綺麗でいてもらいたいですからね。そこはしっかりとポリシーを曲げず、自分の身体に鞭を打ち・・・・

明日も早くから夜勤明けの退職の方にお渡しするお花束のお届けに行かねばなりませんので、今日はこの辺で帰ります。

明日でいよいよ3月が終わります。

もうひと頑張りなのだから、元気なお花にパワーを分けてもらって頑張らなくっちゃね。クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/3/29

夕べの悪夢のおかげで・・  紀子の日記

夕べの悪夢のおかげですっかり生活パターンが変わってしまった私。

今朝も4:00には目覚めてしまいました。

だけど、あの怖い夢のおかげで緊張感は持続できたし、普通に仕事が進む事が楽しくてたまらないし、家の中でずっと人と違う時間にうろうろ動き回るうつ病の母に眠りを邪魔されることもなくなって、いいことばっかり。

昨日早起きして雑用を済ませていたお陰で、夕方とびこみの注文が多かったにもかかわらず結構早めに夕べは眠りにつけました。

店の中で今朝お届け分の花束のチェック。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、倉庫に出来ているお花もしっかり最終確認。

どのお花も自分の目で見届けて送り出さなくては・・・・・

私が見ていない時間もスタッフはきっちりいい仕事をしてくれています。

ラッピングも手抜きしていないし、痛んだ花もはいっていません。
これならもらった人もきっと喜んでくださることでしょう。

この疲れのピークのときに、みんなよく頑張ってくれてありがとう。


クリックすると元のサイズで表示します
この春は暑かったり寒かったり、大雨の日まであり、お花の管理も選び方もなかなか大変な事が多かったですが、そんな中、いつもと違う花材を仕入れてきたにもかかわらず、文句ひとつ言わず私の分身となり頑張ってくれたスタッフに心から感謝しつつ、今日もみんながスムーズに動けるよう、これよりお花のお世話から始めたいと思います。

早く起きられたこの時間、有意義に使わなくっちゃね〜

さあ、今日明日がお送別のピークです。

終盤戦もこのまま元気に乗り切りましょう!!

5

2013/3/28

お〜のよかった・・・・  紀子の日記

今朝は市場に行かなくていいので少しゆっくりできるかなと思い、夕べ目覚ましを一時間遅めにセットして眠りについたのですが・・・・・

なかなか眠れず、やっとうとうとできた途端にすごい夢を見てしまって・・・・


夢の中では私は今日の仕事をしていて、朝一から財布をすられ・・・

(まあ、昨日市場に支払いを済ませていてよかった)と立ち直って又お仕事・・・

そしたら今度は倉庫に車がつっこんできて、在庫の花がぐちゃぐちゃに・・・・

それでも夢の中の私は強くって、
(いいさいいさ、又明日仕入れてこられるし、今日の分だけなんとかなれば・・・)
と立ち上がる。

とどめには配達中に車がつっこんできて大事故。

花束はぐちゃぐちゃになってしまって、あせってその花をかき集めている私のところへ
つっこんできた車の怖い顔した運転手と同乗者が寄ってきて、無傷の花束をぶちつけて踏みつけて・・・・・

「何をするんですか?やめて〜!!」
ア〜こんな事になるのなら二人で配達に出たらよかった。そしたら警察を呼べるのにと後悔。

「わ・は・は。これでお前の明日はないぞ。店の信用はまるつぶれじゃ〜。」


「どうしてそんなことするんですか?小さい店で必死に頑張ってるだけなのに・・・」

「それが気にいらんのんじゃ〜。

「お願いですからやめてください。これ以上花を踏まないで〜

と泣き叫んだところで目が覚めて・・・・

まだ朝3:00。汗びっしょりに涙目。


跳び起きて店にぶっとんできて・・・・


クリックすると元のサイズで表示します
お〜のよかった。

店は無事。

でも・・・・なんであんなに恐ろしい夢を見てしまったのかしら?

何かの警告?それとも私ちょっとしたノイローゼ?


緊張感を保ちつづけろということよね、きっと・・・・


そういうわけで、今日はそんなに忙しくも無いのに、店から離れたくなくて早朝から仕事させてもらっております。

ま・・・・いいか。きっと又それが良かったって事になるかもね。

眠たくならないうちに頑張っておきましょう・・・・

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ