2011/11/30

今日は法事行き。  紀子の日記

今日は主人の祖父の25年、祖母の5年のお祀りで、昼前から夫婦しておじの家に・・
おじおばがたくさん集まり、なかなかにぎやか。

神官さんの祝詞が始まったとたん、一人のおばがこっくりこっくり・・・
その内体まで揺れだし、完全に舟をこいでいる。
こらこらこらーーーー。
あ。隣のおばも目をつぶっている。ん?ここも頭が揺れ出した。
確かに祝詞は子守唄のように心地よいけれど、皆、頑張っておきてくださいな。

そういえば、おばあちゃんの葬式の折も、このおばは一番前の列で最初から最後まで、寝ていたっけ。
困ったなあと思ってみていたら、ガターンと突然祭壇のろうそくが倒れた。

風もないのにです。私たち一同、心の中で思ったことは皆一緒。
これはきっと、おばあちゃんが怒ってろうそく立てを蹴ったのに違いないと・・・
ホラー現象って本当にあるのです。

そんなことを思い出しているうちに、榊の奉納の順番がまわってきました。
う・・・足がしびれて動けない・・・・
しばらく正座なんてしてないからねえ。
無理して這って進み、なんとか無事に終了。

それから、皆でお食事。
普通高知ではこんな時、皿鉢を取って家でお客(宴会の事)をするのですが、おじの家は、おばと気楽な二人暮しのため、近くのゆうゆうってうどん屋さんで席をかまえてくれる。

まあこれも楽チンでいいかもね。
出て来たのはこんなお膳。


クリックすると元のサイズで表示します
平日のお昼から私はビールを飲めるわけもなく、親戚と夫が飲んでるのをうらやましく横目で見つつ、もくもくと美味しく頂きながら、皆さんの近況報告に耳を傾ける。

まあ段々年取ると、あちこち痛い話が次から次へ出てくるんだね。
あれ?さっきまで寝ていたおばちゃん、すごい勢いでご飯食べてる。
眠っていてもお腹はすくんだねえ
てな人間観察を堪能させてもらい、次はお墓参りへ。

我が家の裏の山のてっぺんにあるお墓。
まあ、お墓の周りはいのししが見事に掘りまくっていました。
今年はなんだかものすごく荒れています。

いのししも食べるものがないのかなあ。
荒らされていくのを目の当たりに見ても、なすすべもなく・・・・

疲れましたが、これで、二人のお祀りは滞りなく終了。
嫁の務めも完了です。

さて、明日から12月。
仕事に専念。頑張りまーす

きっと夫はまだ酔っ払って寝ているのでしょうが・・・・・・

11

2011/11/29

もうすぐ12月  プチフローラ紀子のお仕事


調子に乗って本日第2弾の投稿です。たまにはお花の話も書かせてね。
今月も後2日、すぐに年末がやってきますね。
市場の中も、シンビジュームがたくさん出荷されだして、段々と賑やかになって参りました。クリックすると元のサイズで表示します
少しずつ活気が出てきた気がします。

何とか、世の中明るくなってほしいなあなどと思いながら、お花を見ていると、ついつい一杯仕入れてしまいまして・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
店の中はぎゅーぎゅー詰めに・・・
もうすでにはみ出してしまって、入りきらない分は倉庫にお持ち帰りです。

お花さんたちよ。早く売れて行っておくれ。
でないと、店と倉庫両方でお花のお守りが続きます。

でも、頑張るのだわ。
だって私、お花屋さんなんだもん。
5
タグ:

2011/11/29

泥棒猫がこんにゃろめ。  お魚を美味しく食べよう。

気分よく、味醂干し第一弾を干していたのに、次を干そうと、ベランダに出たらば、
ありゃりゃさっき干したものがないーーー
寝ぼけた?ぼけた?私・・・・

違いました。丸々した三毛猫が、私の横をがん見しながらゆうゆうと通りすぎていきました。
干し網は見事にくいちぎられてます。
「ご馳走さん。美味しかったよ。」の声が聞こえてきそう。
こらあこの泥棒猫こんにゃろめーーー

ドンだけ手間かけて作ってると思っているのじゃー

許せん。本当に許せん。

ベランダに干せなくなってしまった干物。これから何処へ?

2階なら大丈夫かなあ?朝からすたこらと2階に上がり、ベランダの手すりに網を引っ掛けて、無理やり干してきたけど、フェンスで風がさえぎられるよ。
どうなっちまうんだろうか。私の干物。

不安一杯で、仕事に出てきましたが・・・・・気になってたまりません。

気分を変えまして、昨晩遅くもうご飯も終了して、結構ほろ酔いになった頃、ピンポーン。
夜釣りに行っていた釣友達が、釣りたての鯵を持ってきてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
大きな平鯵三匹、後は小あじ・・・

大きなものは速攻でお刺身いただきました。めちゃくちゃ美味しかったです。
さて残りの小あじ、半分は3枚におろしまして、残りはセイゴとうろこをとって頭を落として・・クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
三枚にしたものは皮をむき、塩を振り、甘酢につけて、明日お寿司に。
頭落としたやつは、父ちゃんの好きな焼き南蛮と、ロマン号の船長さんが好きな南蛮漬けに・・・
左後方が、南蛮漬け。船長がニンジンが嫌いなので、ちょっと地味ですが・・・・

なかなか、今の鯵おいしいです。
すぐ近く、浦戸湾の中で釣れているらしく、6:00に出て、9:00には帰ってこれるのだそう。お手軽でいいなあ。行きたいなあ。いやいかんいかん。

またまた、行きたい気持ちを抑えるのに必死の私でした。


5

2011/11/28

給食当番の日  お魚を美味しく食べよう。

昨日投稿している間に、自分に言い聞かせ、本当に、今年は釣りに出かけないって決意した私。そうそう、魚も寒くなったら、動きたくないだろうし、えさも食べたくなくなるのよ。
だから、もう今年は魚にもゆっくり休んでもらって、来年又遊んでもらおうっと・・・

なんて一人納得させていましたが、なんと昨日出船していた方々が帰ってきて、
「紀ちゃん、お土産一杯あるよーーー。又味醂干し作ってね。」
と、持ってきてくれた魚達がこちら。クリックすると元のサイズで表示します
えーーーなにこれ
前の日の私たちとは雲泥の差。エーーーーン
船長さんが、「ごめんね紀ちゃん。昨日と同じポイントに、へだいの群れがおったんよ。」
と私に気を使ってくれている。

いいよいいよ。そんなもんよ。腕も違うし・・・
すると、次から次へ釣り人たちが帰ってきて、今日の収穫のお披露目を始めました。
しばらくの間、今井釣具さんの駐車場は青空市場状態。
2キロもあるアオリイカ、でっかいおばけみたいなタコ。ハゲが一杯。

皆ものすごい釣っている・・・・いいなあ皆、楽しかったようで・・・・
一人内心かなりいじけ気味・・

でも、もう決めたもん。行かないって。
いいよ。給食当番喜んでやらせていただきますとも。

今井のお母さんが、
「久しぶりに、紀ちゃんのヅケが食べたいなあ。」
とリクエスト。はいはい。合点承知いたしました。少々御待ちくださいませ。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヘダイは、ちょっと水っぽいと言うか、高知弁で言うところの身がたすこいので、
お刺身に切りましたら、お醤油につけこみます。
そうする事で、塩分で、身が締まる気が致します。この時のお醤油は、うちでは、西の方の、甘めに作られたたまりを使います。

これがよし子さんのマイブーム。かなり気にいって貰っています。
本日は又この、見た目真っ黒な物体を、釣り人たちに振舞うよし子さん。
すると、「紀ちゃん、僕これもって帰りたいのですが。」
とアンコールが・・・
ほめられたら調子に乗る私、はいはい、待ってて。テイクアウトのヅケを作りまして、
そこから、店を閉め、イオンの中のホールまで、お花の配達に・・
娘もイオンに行くなら、買い物しようと着いて来ました。
 
お花のお届けをとっとと済まして、久しぶりのイオン、まずはいろんな国の食材を売っているコーヒー屋さんへ。
チーズやワイン、そして、面白そうなスパイス、生ハム・・・
娘と二人あれやこれやと選びまして、
「高いけど、美味しそうでねえ。外食する事考えたら、この位の贅沢はかまんよねえ。」

と、カゴ一杯の荷物。

それから、食品コーナーに足を運び、お目当てのパンをば。
カマンベールチーズ入りのパン。これが我が家のお気に入り。
年に何回も行かないイオン。ここに着たら必ず購入。
「今日はフランス料理としゃれてみるかい?」などと二人で盛り上がり、なぜか魚売り場ものぞいてみる。そしたら、ヘだいが並んでいて、

クリックすると元のサイズで表示します
見てみてこの値段。びっくり
私今日10尾はさばいたよ。全部でいくらー
まあ贅沢だわん。早く帰って食べよう食べよう。

うちに帰って、ヘダイを切り身にしてひらめいた。
そうそう、この前たけちゃんが調達してくれた韓国の食材いろいろの中に、
へチャンドル・激辛コチュジャンがあったやん?あれ、食べてみなくては。
じゃあ、この切り身に、このコチュジャンと醤油、ごま油、それから何入れよっかな。
自分好みの味に仕上げまして、わー辛いけど美味しいやンかあ。出来ました。へだいのユッケ・・・・
これを生野菜の上に乗っけましてっと
我が家の食卓の一部、いったいどこの国なわけ?フランス人にはなれませんぜ。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも、飲み物はビールと焼酎。笑ってやってくださいまし。

みんなの給食当番に戻ると心に誓ったとたん、今又、ガラガラガラ・・・
よし子さんが大量の魚を台車に積んで運んできてくれた。

この間、石垣鯛をくれたおいちゃんが釣ったんだって。
この一番でかいやつが釣れたお陰で、リールが壊れたらしい。
不憫じゃのーどんだけ高い魚になるのよ?
クリックすると元のサイズで表示します
こりゃあ、責任重大、美味しく仕上げて、皆に食べてもらわなくては。
この前父ちゃんが絶賛したイガミのフライでも作ろうか。
よし、これより解体作業に入ります。
しかしでかいなあ。頭、包丁で落とせるかしら


4

2011/11/27

神様が私に・・・  釣りの話

今朝店に着いたときに、いつも首からぶら下げている携帯電話が、ガチャンと道に落ちました。紐が切れちゃったのです。
まあようこそ昨日船の上で切れんかった事。
神様、ありがとうーーー

実は去年の今頃、ロマン号の上から携帯をポチャンと海に落としてしまった事があります。
たもで、救出しようとしたけれど、ものすごいスピードで沈んでいった私の携帯・・・
そこからはもうどんより、釣りしていても集中できず・・・・
店とは連絡取れなくなってしまったし、何より電話の中に入っているお客さんのデーターは、500件は超えている。ゲゲゲゲゲ。どうなってしまうのだあ?
他のお客さんは楽しく釣っているので、早く帰りたいなど言い出せるはずも無く、どうしようどうしようと頭の中大混乱。

帰ってから、DOCOMOにぶっ飛んで行き、カウンターのお兄さんに
「どうしよーーーーーー携帯海へ落としましたけどーーー]とものすごい勢いですがりついたのですが、向こうはいたって冷静。
「大丈夫ですよ。保険に入られてますね?すぐに手続きを致しますから。」とにっこり。

エーー?保険?知らぬ間に入っていたの?じゃあ、電話はお金がかからないって事?
少しだけうれしい。

でも、その紛失の手続きがかなり時間がかかり、
「携帯はどこで落とされましたか?」
「海です。」
「時間はわかりますか?」
「わかりますとも、朝の9時です。」
「海ってどこの海ですか?」
「桂浜沖です。」
「今、なくされた場所ははっきりわかっているのですね?」
「ええ、桂浜沖の水深25Mのところに沈んでいます。」
「拾う事はできなかったのですか?」
「船の上からポチャンと落ちてったので、間に合いませんでしたあーーー。」
この状況が、お兄さんにはなかなか理解してもらえなかったようで、このやり取りはかなり長きにわたり、他のお客さんはくすくす笑っている。
「では、保険の手続きに入りますので、まずは、警察に紛失届けを出していただければなりません。今、警察に電話しますので、ご本人様が説明してください。」

そこから又、振り出しに戻り、
「なくされた場所はわかりますか?」からのエンドレス。
警察の次は,DOCOMOのどこかへ電話、電話機の使用を止める手続き。
またまた説明に時間がかかり、
「お電話を止める手配をいたしましたが、電波が届かないようでして・・・。」
だ・か・らーーーー。海の底に沈んどるっていうてるやろーーーーーー

恥ずかしい思いの代償に、たしか5000円位で、携帯は手に入りました。

データーはこのDOCOMOさんがオープンの時に、サービスでバックアップしてくれたカードがあるはずと、亜理ちゃんに思い出してもらい、探しまくって見つけ出し、出てきた4年前のを入れてもらい、400件あまりは出てきましたが、しばらくの間、空白の4年間に入力した方からの電話にしょっちゅうどちら様ですか?と尋ねなければならず、その度この恥ずかしいいきさつを説明して、失礼の程のお詫びを繰り返し・・・

これはきっと神様が、忙しい中釣りに行った私への罰を与えたのだわと、そこから3ヶ月ほど謹慎して、釣りを休みました。

長くなりましたが、今朝の出来事も、昨日を最後にしなくては、又お仕置きをするよとの神様のお言葉が聞こえたような気がします。

そう考えれば、昨日の釣果も納得です。
始め釣れたのはハゲとガシラ、そして又、ハゲ・・・・
今年最後にするつもりだったのに、一度くらいドラグを鳴らしてみたかったなあ、そうじゃないと又来たいよーー。てな事を考えていたらば、
ジャーーーーーーサービス精神満点のコロダイが私の竿にかかってくれて、
しばらくの間、ジャージャーとドラグを鳴らして引っ張りまわってくれた。
これが、憧れの石鯛や平目なら、又すぐに行きたくなる。
コロダイというところが、ミソ。
うんうん納得。

そしてもうひとつ神様は私に気付かせてくれました。
昨日一緒に行ったお客さんの道具をセットして、テンヤをつけて、糸が切れたらくくり直してって面倒をみさせてもらって、思い出したのです。

私も、つい去年の春頃までさびき釣りしか知らない頃は、何にも知らなくて、何もしなくても、先輩のおじ様、いや、お兄様達が、道具の組み立てからさびきのセットまで、全部やってくれて、その間、習おうともせず、おやつをもぐもぐ・・・
「出来たよ。お嬢さん。」
「有難うございますー。」とお姫様状態。
そして、サバなんぞがいくつも一緒にかかった日には、うまく魚をキャッチする事が出来ずに、お食事休憩中の先輩の頭にサバをビチャンと浴びせた事も。迷惑な失敗は数え切れない・・・

「紀ちゃん、この前も言うたよねえ竿は左で魚は右、そして、大きく振り上げたら、魚を受けるのじゃあーーーーー。]
「ごめんなさいいーーー。振り上げすぎて、魚がはずれちゃいましたあ]


なんとはた迷惑なおばちゃんだったのでしょうか。
ほんま、すみませんでした。

人の世話をして初めて、皆さんの優しさがわかりました。
そんなめちゃくちゃ迷惑な私を懲りもせず、夜釣りに誘ってくれた皆さんのお陰で、今の私があるのです。感謝感謝。忘れないうちにお礼を言っとかなくちゃだわ。

一日で悟りを開いた私です。
そういうわけで、今日から年末まで、普通の花屋さんに戻ります。
港の女になるのだわ。そして、みんなの給食当番にも・・・・・。

年末まで釣りを続ける皆さん、来年まで私の分の魚を残しちょってよ。
そして、まだ見ぬ大きな魚さん達、もっともっと大きく育って、私を待っていて下さいね。

又行けるその日まで、シーユーアゲイン

ブログは休みませんので、念のため。
釣りには行けなくても、心はいつも海の上なんだもん。



13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ