2011/10/31

夕べの夫婦の会話  家族の話

焼酎の湯割り片手にテレビを見る夫。

「はまちと、ハゲの刺身食べよってね。」「うん」

「何焼きゆう?」「ぶりかまとはらんぼ」

「なに揚げゆう?」「ニベのフライ」

「なんかチンゆうたで」「うん。ハゲの酒蒸し。ポン酢かけるき。」

「ねえ。酒の肴は魚ばっかり?」「もうすぐかぼちゃが炊ける。」

「なんか腹はってきたにゃー」「良かったやんか。ごちそうばっかしやし。」

「そうね・・・・・」
9

2011/10/31


クリックすると元のサイズで表示します
今日のお昼ご飯に、昨日のイラのチリソースかけ。
イラって、本当に釣り人に噛み付きそうになって、苛々するからイラなんだって。びっくり

そして、私をいじめてくれた、ちゃりんこ鯛も、この度は手まり寿司にしてみました。
市場からの帰りにそそくさと家に帰り、まずはジャカジャーンクリックすると元のサイズで表示します
やっとお天気になったので、夕べのコロダイとおとといの鯛の開きを、
せっせと干しまして、お昼ごはんを作り、
今井のよし子さんにもお届け。

それから、花屋家業に戻ります。ひたすら水揚げ。

途中、干物をひっくり返しに帰り、又撤収に帰り・・・・。
とやっているうちに、もう夕方。

そして、今日も宇佐に釣りに行ってきた方のお土産のはげとイラ、石垣鯛が・・・

花を触る時間と、魚を触る時間、いったいどっちが、長いのかしら・・・
1

2011/10/30

イラは紀ちゃんの魚?  お魚を美味しく食べよう。

さて、今日はまじめにお仕事頑張りましたので、今より、今晩のお献立を。昨日食べられなかった刺身用の魚と、ニベのフライと、後はなんかお野菜の料理でも考えなくては。クリックすると元のサイズで表示します
ニベはカレー粉で風味をつけてみました。写真は今井釣具さんにお届けするため、今朝揚げたものです。
ニベって、漁師さんは嫌うけど、ふわふわで、くせがなくて、おいしいのに・・・

今日も、今井さんちのロマン号、雨にもめげず、出船。

帰ってきた面々が、私の顔見るなり、「あ。紀ちゃんにイラあげなくちゃ」「僕も」「俺のも」?私の顔にはイラ大好きと書いてあるのかしらん?

それにしても面白い名前よね。
イラってどういう意味?いらいらするから?
結構引きが強くて、私は釣れるといらいらどころかわくわくするよん。

クリックすると元のサイズで表示します
総勢4尾のイラ。そして、コロダイ3尾とヒョウダイ。
今日も、うちの店の流しはお魚で一杯。

釣り人達よありがとう。
皆に、お料理作るからね。
イラも癖の無い白身だから、から揚げにしても、おしゃれなソースかけても美味しいのよね。
出来上がったら美味しく召し上がれ。

あ。大阪の息子にも、何か作って送ってあげようっと。たまには母の味も届けなくては。

4

2011/10/30

子供さんへのブーケ  今週のお花

今日は、県民文化ホールで、バイオリンの発表会だそう

贈り主様が楽しそうに、てんとう虫とウサギちゃんのピックを選ばれ、「男の子と女の子それぞれにつけてやってください。」との事、わっかりましたあ。ご希望にはなんでもお答えいたしまっせー。


クリックすると元のサイズで表示します
男の子のブーケには、日本一になって、今最も注目されている、ブルースターと、黄色いガーベラの中に緑のてんとう虫が飛んでいます。
女の子用には、ピンクの花たちの中に、ウサギちゃんが立っています。
おーラブリーじゃあございませんこと

喜んでいただけますように。
1

2011/10/30


おはようございます。
昨晩遅くまで、魚の調理に励んだため、結構お疲れモードの、店番紀ちゃんです。

さっきいらしたお客さんに、なんかこの店、魚のにおいがするといわれてしまいました。やばーい
フレンドリーなお客様なので、事情を話したら、[本日大漁の旗たてたらあ?]と爆笑されましたが、当店は花屋でございまして、決して魚屋ではございません。念のため。

いやあ、昨日写真載せてなかった頂きもののばかりのもうひとつのクーラーの分も入れて、何匹の魚をさばいたのでしょうか。
かなりの大荷物を抱えて帰宅、まずは冷蔵庫に直行し、缶ビールをあけ、−ここは私の日課なので、一年中変わりません。うふふー
クリックすると元のサイズで表示します
どっさりのあらを、おなべでぐつぐつ。味噌汁のだしとり。
鍋が小さすぎるのは、大きな鍋は、ぶりのあら炊き製作中につき、あいてないのであります。
あらだきを作るたび、思い出すのは3年前に他界した姑のこと。
姑の清子さんは、須崎の野見の漁村の出身で、お魚料理の達人でした。
19歳で、何も知らずに嫁入りした私には、家事の師匠でございましたので、台所別の廊下でつながった同居暮らし、魚をもらうと、すたすたと母屋に出向いて、「おかあさーん、さばいてー」「もうえい加減自分でやりなさいや」といいながらもてきぱきとそれは見事にさばいてくれました。綺麗好きな姑は、揚げ物で、台所が汚れるのが嫌いでしたから、てんぷら好きな舅が横から、「紀子、それはてんぷらにしたらうまいぞ」とおねだり。
二つの台所で、姑は煮物、私は揚げ物担当、なかなかよいコンビネーションが出来ており、
清子さんの作ってくれる、こってりと真っ黒に味のしゅみこんだ魚の煮付けは最高に美味しかったです。まだまだ清子さんには追いつけませんが、思い出に浸りながら、あらだきを火にかけ、その間に、コロダイを味醂としょうゆにつけこみ、小鯛の開きに塩をふり、ニベのフライの準備をし・・・・刺身用のはまちやはげ、ガシラ、食べたいけど、見ているうちにお腹が一杯。明日いただきますって事で、やっと就寝。昨日の多忙な一日終了。






1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ