ランキングに参加しています!!クリックお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

2009/6/3

楽譜が読めなくても弾ける・・1  楽譜読み方

楽譜が読めないから弾けないっていう大人の生徒さん多いです。
それに 「30日で、弾ける!!」なんていうネットの教材なんかも

よく見かけます。

でも、ほんとに簡単な曲なら、私の生徒のように

全くの初心者でも、30分3回のレッスンで、

両手で、1曲弾けるのです。


今日は、その方法についてお話しましょう。

実際、楽譜を読んでドレミがすぐ読めなくても ピアノは弾けます

子供の生徒さんにもこの方法は教えますが、

模様読みという楽譜の読み方です。

もちろん、楽譜のドレミもお教えしますが、

それをスラスラ読めないからってピアノが弾けないのではありませんよ。

楽譜をみてまず初めの音は、数えてでも、どうにか音を読みます。

そして次からは、その音と比べてどうなってるか・・・

上がってるのか、下りてるのか、同じなのか、

また、上がってるなら、隣の音なのか、1つ飛びなのかを

見れるようにします。

順番に上がってるなら、指も右隣に順番に動きます。



例えば下の2つの楽譜
順番に上がっています。
鍵盤なら、初めの何かの音、
例えば、この楽譜がト音記号ならド(2番目はレ)ですが、
その音から順番に
右手1の指で始まったなら、1・2・3
2の指から始まったなら、2・3・4と弾いていけばよいのです。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

続いて次の2つの楽譜
順番に下がっています。

なので初めの何かの音から順番に
右手4の指で始まったなら、4・3・2
3の指から始まったなら、3・2・1と弾いていけばよいのです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

音符は、下から1番目の線・1番目の間・2番目の線・
2番目の間・3番目の線・3番目の間・4番目の線・
4番目の間・5番目の線のそれぞれの上という順番で、
高くなっていますが、
私の別のサイトの音符の読み方の記事を参考にしてください。


音符の読み方

JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ