ランキングに参加しています!!クリックお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

2011/9/1

ト長調のスケール下り  スケール

今日は、昨日に引き続き、

ト長調のスケールです。


今日は、下りの動画を載せています。



詳しくは、昨日の記事黒鍵のスケールに載っていますよ

楽譜は下の通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
楽譜の読み方、大丈夫ですね?

指使いは、
まず54321の指ををソファ♯ミレドにおいてからです。

1の指までいくと、3でかぶせて、シラソ(321)と弾きます



では、頑張ってくださいね。

★JUN音楽教室★
0

2011/8/31

黒鍵のあるスケール  スケール

今日は、ト長調(key-G)のスケールの練習です。(上り)

久々の動画もあるのでじっくり練習してください。


初めの位置は、ハ長調スケールの時と同位置です。
クリックすると元のサイズで表示します
ドレミが違うだけで、全て白鍵ですね。




指くぐりの後の位置に注意しましょう。クリックすると元のサイズで表示します


くぐった後、4の指が黒鍵にいくことを意識して、

少し奥に指を置きましょう。

ト長調のスケールは、ファ♯があるので

黒鍵を使います。


そのため、指使いは、ハ長調と全く同じ

123→12345

54321→321

なのですが、

黒鍵(ファ♯)のところにあたる4の指に注意しましょう。

指くぐりのわからない人は、ポジション移動の記事へ

楽譜は・・・
クリックすると元のサイズで表示します



では、もう一度動画を見て注意しながら練習してみましょう。

★JUN音楽教室★
0

2011/7/23

両手のスケール下り  スケール

今日は、両手スケールの下りの練習です。


下りは左手のポジション移動をしっかり気をつけましょう。

以前の記事


ハ長調左手のスケール
に、左手スケールの動画があるので参考にしてください。


ハ長調下りの場合、まずドシラソファまで、


右手は、5・4・3・2・1の指を

ドシラソファの鍵盤の上に
おいておきましょう。

そして、順に左隣の指を動かし弾くだけです。

その1オクターブ下で左手は、ドシラ(1・2・3)ののところでくぐって
ソファ(1・2)と弾きます。

クリックすると元のサイズで表示します

画像をみながら

右手 5・ 4・ 3・ 2・ 1
左手 1・ 2・ 3→1・ 2


を同時に動かしてみましょう。

→はくぐるマークです。

ポジション移動(くぐる、かぶせる)の記事を参考にしてください。

そこまでできたらいったん止まり、

右手はかぶせる体勢から、

左手は1・2と来たのでそのまま右隣の指(3)から


右手→3・ 2・ 1
左手 ・ 3・ 4・ 5


ここの→はかぶせるマークです。

できましたか?

下の動画でも説明しています。

何か質問がありましたら、コメントくださいね。








JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村



0

2011/7/21

スケールの練習両手・上り  スケール

いよいよ、今日は、両手スケールの練習です。

まず、上りから始めます。

上りは、右手のポジション移動をしっかり気をつけましょう。

以前の記事

ハ長調右手のスケール

に、右手スケールの動画があるので参考にしてください。


ハ長調の場合、まずドレミファソまで、


左手は、5・4・3・2・1の指を

ドレミファソの鍵盤の上に
おいておきましょう。

そして、順に右隣の指を動かし弾くだけです。

その1オクターブ上で右手は、ドレミ(1・2・3)ののところでくぐって
ファソ(1・2)と弾きます。

クリックすると元のサイズで表示します

画像をみながら

左手 5・ 4・ 3・ 2・ 1
右手 1・ 2・ 3→1・ 2


を同時に動かしてみましょう。

→はくぐるマークです。

ポジション移動(くぐる、かぶせる)の記事を参考にしてください。

そこまでできたらいったん止まり、

左手はかぶせる体勢から、

右手は1・2と来たのでそのまま右隣の指(3)から


左手→3・ 2・ 1
右手 ・ 3・ 4・ 5



次回はスケール下りです。
(下の動画には上りも下りも載せています。)

がんばりましょう。







JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

0

2011/7/11

スケールの練習(両手予備練習1)  スケール

今日は、両手でスケールを弾く練習をしてみましょう

よく使われているスケールの指使いでの説明です。


前にやった「スケール右手/key-C」と

スケール左/key-C」は完璧でしょうか?(笑)

完璧じゃなくても両手で、チャレンジしてみましょう。


両手でやるときの問題は、

右手と左手の指が反対についているので、

両手とも1・2・3〜と動かすのは簡単ですが、

右手1・2・3と同時に、左手が5・4・3と動くところです。

まず、図のように両手の指を同じ方向に動かす練習をしてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

この図では、右に動いているので

右手が1・2・3・4・5の時

左手が、5・4・3・2・1ですね。


反対
左手1・2・3・4・5

右手5・4・3・2・1も練習してみましょう。


スケールの両手は、これにくぐる、かぶせるがはいりますよ。

がんばりましょう!!






JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ