ランキングに参加しています!!クリックお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

2015/10/6

ポジション移動の色々  ピアノ

前回お話ししていたポジション移動の動画をYouTubeにアップしました!



「くぐる・かぶせる」につづき、「引っ越す」と「ひろげる」です。


「引っ越し」



「ひろげる」




引っ越す/とぶ


ひろげる

の記事についても動画を差し替えましたので、ご覧くださいね


ちなみに、ピアノランドシリーズのテクニック中巻にはこの3つのポジション移動が詳しく載っていますよ!!










JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
0

2015/10/4

ポジション移動で世界をひろげよう!  ポジション移動

独学でピアノをやっていて、悩む事の一つに指使いがあるのではないでしょうか。

特に困っていると相談の多いのが指くぐり・指かぶせ(指またぎ)と言ったポジション移動で
す。



順番に指を使って事足りる時は良いのですが、それでは大抵の曲は弾けません。

どういう指使いにするか、どこで「くぐるか」と考える事は大変重要な事なのです。


そして、このポジション移動が自在にできる様になれば、

様々な曲が弾けるようになり世界も広がります。

「右手くぐらせる」動画



「右手かぶせる」動画



以前書いた記事「くぐる・かぶせる」の動画を新たに載せたので参考にして下さい。
(マジカルメーカーからYouTube動画に変更しました)





引っ越す/とぶ


ひろげる

の記事についても近いうちに動画を差し替えますのでもうしばらくお待ちください。







JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

0

2015/9/23

鍵盤の底を知ろう!  ピアノ



この前鍵盤の底についてお話ししましたが、

鍵盤の底をどうやって意識して行けば良いのかという質問をいただきましたので、

今回は底を意識するためにどういう練習をすれば良いかという動画を撮ってみました。



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

写真のように、鍵盤の底と言うのは黒鍵と白鍵では違います。

そして普段は見えないのです。

見えない鍵盤の底がわかるようになるか?

これはだれでもできる様になるはずです

自宅に階段がある場合、階段を1段ずつみなくても、段の高さを意識して昇ったり降りたりできるでしょう。

紙コップをつぶさないように持つ事もできるでしょう。

鍵盤の底も意識して「底を弾く」事を続けていれば必ずできる様になるのです

どうして鍵盤の底なのかと言う事は、

ピアノのしくみにも関係があるので、良ければピアノのしくみの記事も読んでみてください。






JUN音楽教室
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
0

2015/9/18

コード(和音)のポジション移動  ピアノ

右手のメロディーは何とかなっても左手の伴奏が!!

って人は多いでしょう。

今日は、その伴奏、コードを変える方法についてお話します。


と言っても過去の記事をご紹介するだけですが・・・


実は、以前マジカルメーカーで動画をアップしていたのですが、
今回、YouTube動画をアップしたので、差し替えした次第です。

下の4つの記事に基本的なコードの変え方が載っているのでご覧ください。

保育士や幼稚園の先生など、簡単にコードでピアノを弾きたい方にもお勧めです。


弾き語りの方は、右手でコードをとるはずなので、右手・左手両方を載せてみました。

基本形から第2転回形右手


基本形から第2転回形左手

基本形から第1転回形右手


基本形から第1転回形左手





JUN音楽教室
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
0

2015/9/16

鍵盤の底  ピアノ

私はピアノを弾く時常に鍵盤の底というものを意識しています。

もちろんそれは生徒にも教えています。

でも、私が鍵盤の底についての感覚がわかったのほんの10年前の事、

まだ広島で、2回目のピアノランド勉強会を受講していた時です。

その時の先生おかげで鍵盤の底の感覚がわかったわけですが、
まだまだ確実に底にタッチできているわけではありません。

そんな中先日、ピアノランドマスターコースで1音を響かせるというレッスンを受けました。

私は右手の3の指(中指)で「ミ」の音を弾きました。

1つの「ミ」の音を「明るく」「くぐもらせて」と様々に変化させるのですが、
「くぐもらせて」の時に上手く行きません。

「底」が上手くつかめてないのです。


でも、その時の樹原先生から、

「底を意識しているかしていないか、意識しているけれど上手くいっていないか、それに気づいているか、気づいていないかちゃんとわかる、私の場合、鍵盤の底を意識しているのだからそのまま練習を続けていけば良い」という言葉を頂きました。


まだまだではありますが、樹原先生の言葉はすごく嬉しいものでした。
そして、私に鍵盤の底の感覚を教えてくださったT先生にあらためて感謝します。

少しずつではありますが、前に進んでいる私です。

明日もピアノランドマスターコースの日、
頑張るぞ!!

ピアノランドマスターコースは樹原涼子先生から直接指導を受けるクラス、ピアノランド勉強会は樹原先生が研修を受けた講師派遣するものです。



JUN音楽教室
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ