ランキングに参加しています!!クリックお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

2010/7/11


ピアノを独学で始めるのに 一番注意しなければならないのは、

身体の使い方です。

今まで記事を書いてきて、のせてないことに気づき、

慌てて書いてます

ピアノもスポーツと同じで、身体の使い方を間違えると

大変なことになります。

まず、鍵盤ならバンドのキーボードでも同じですが、

椅子の高さは、鍵盤に腕を自然に下ろして乗せたら(脱力して)

手の甲が鍵盤と大体平行になるくらいです。

脱力できているか、常に確認しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

鍵盤と自分が近すぎるとおへその前あたりが弾きにくく
変な姿勢になりますので、

肘から楽に動くくらいの距離にしましょう。

足は、そのままおろして、両足は床についています。

お尻は、椅子にのせていますが、
背もたれにはすがらず、お尻はどっかり座ってるというより、
いつでも立てるくらいに浅く腰掛けています。

そして両足(ペダルを使うと少し体重をかける位置が変わりますが)とお尻3点で支えます。

ロックバンドなどで立って演奏することもあるとは思いますが、
まずは、基本の体重のかけ方を覚えましょう。





JUN音楽教室


にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村


2
タグ: ピアノ 独学 脱力



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ