2011/1/13  1:23 | 投稿者: おるん

--------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇12.愛しい人

奈月の家を訪ねる。誰もいなければ、ポストに入れていこうかと思っていたが、留守ではなかった。
ひかりを置いて、奈月の家に上がらせてもらう。
お母さんが出迎えてくれた。
「突然すみません。…以前お約束したとおり、奈月さんに指輪を届けに来ました。」
「綾川さん、久しぶりですね。お元気そうで。わざわざありがとう。」
「これ、あの時、プロポーズしようと思って作った婚約指輪なんですけど。」
「…。」
「私もやっと、前を向いて歩いて行けそうなので。」
「まぁ!もしかして、結婚なさるの?」
「い、いえ。まだそんなことはありません。やっと、新しい恋人を見つけまして。」
「そうだったんですね。おめでとうございます。」
「ありがとうございます。」
「奈月もすこし寂しがるかもしれませんが、きっと喜びます。」
「ええ…。奈月には寂しがらないで欲しいです…。
彼女が、私が奈月さんのコトを好きだったことも含めて好きだと言ってくれまして。
だから、私の心から奈月さんが居なくなる訳ではないんです。」
「…でも、それだと彼女がかわいそうでしょ?」
「…そうですね…。なので奈月さんのスペースはほんの少しになってしまいますが。」
「ふふ。奈月もきっと応援していますよ。彼女を悲しませないでくださいね。」
「わかりました。」
指輪を彼女の仏壇に供える。

奈月…。写真の中の君は、あの頃のままの若さで微笑んでいる。
奈月、俺が他の女と付き合うって言ったら…普通怒るよな。ごめんな。
でも、俺も前を向いて歩かないとな。それこそ君に笑われてしまいそうだ。
多分、ひかりと君なら気が合うんじゃないかと思うんだ。
これからも時々は君の事を思い出して懐かしむと思う。
今までありがとう。

「今日は突然ですみませんでした。これで失礼させていただきます。」
「綾川さん、お元気で。お幸せに。」
「はい。本当にありがとうございました。」

車に戻ると助手席のひかりが聞いてきた。
「もういいの?」
「ああ。もう済んだよ。」
車を走らせ、彼女の家の近くまで送る。
停めた車の中で、彼女を降ろす前に聞く。
「なぁ、ひかり。俺のどこが好きになったんだ?」
「うーん…、カッコいいところ?」
「顔だけ!?」
「あはは、冗談。見た目がカッコいいのももちろんあるけど、なんかねぇ、こう見え隠れする何かがね、凄く色気があって。」
「ふむ…。」
「高校生の時は、それが何かわからなかったけど、大人っぽくてカッコいいなって。
それ、奈月さんのコトだったんだね、きっと。」
「…俺、優しくないよ。」
「知ってます。自分に優しくないでしょ?」
「…俺、多分、君が思っているような男じゃないけど?」
「私が思っている司さん?
真面目で優しい男前の国語教師。結婚を決めた恋人と死に別れた悲劇の青年。
地元企業の御曹司。弟大好きのお兄さん。
…で、昔は他校の生徒からも一目置かれる不良。」
「ほう。そこまでよく知っていたね。」
「ま、情報網も結構網羅してるんですよ。バスケ部。」
「ホントに良いの?俺で。君を悲しませるかも知れないよ?」
「そうかもしれないけど、大丈夫。私の勘は結構当たるから。占いと一緒で。」
「…。」
「これだけ気にしてくれて、優しくないわけないじゃない。そういうところも好き。」
彼女が俺の方を見て、俺の腕を引いた。
「司さん、私のこともちゃんと好きになってね。」
「ああ。もちろん。」
高校生の頃から彼女はこんなだった気がする。
回りくどいけど、ちゃんと自己主張してたんじゃないか。それを全く気付かなかったなんて。
現金だな、俺。ひかりが物凄く愛おしい。
瞳を閉じた彼女に優しくキスをした。


-終-

---------------------------------------------
1.よく当たる占い
<11.墓参り
---------------------------------------------
0

2011/1/11  1:31 | 投稿者: おるん

--------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇11.墓参り

それからしばらくして、ひかりと付き合うことにした。
正直、ひかりのことが物凄く好きかと聞かれると難しいけれど、俺の中で大きな存在になっていることは間違いない。
ひかりは、実は高校時代から俺の事が好きだったと言っていた。
あの態度からは全く想像もしていなかったのだけれども。
それから、俺が在学中不良だったことや、普段の俺については全く知る由もなく、ギャップに苦しむんじゃないかと若干危惧している。
五歳しか違わないから、先輩伝手に噂を聞いているかもしれないが、学校は俺が不良だったことを隠したがっているから、おそらく知らないはずだ。

休みの日に、ひかりを自宅に招いた。
元々、父母は忙しく飛び回っているし、竜士もきっと出掛けるはずだから、気を遣うことはない。
「ひかり、いらっしゃい。どうぞ上がって。」
「…お邪魔します。」
玄関からそのまま二階の自室に上がる。ひかりがキョロキョロ家の中を見回している。
「どうかした?」
「司さん、ホントに御曹司だったんだなーって。家の中も豪華…。」
「うーむ、御曹司と呼ばれるほど裕福ではないけどね…。」
「普通のお家よりはお金持ちだと思う。」
「…否定はしません。」
部屋に入ったところで突っ立ったままのひかりをソファに座らせる。
「その辺に荷物を置いて座ったら?お茶を淹れてくるし。」
下で紅茶を淹れて運んでくる。カップに注いでテーブルに置いた。
「今日、君を呼んだのはね…。」
机の上の写真立てと指輪の箱を取って、テーブルの上に置いた。
「?」
紅茶を飲む彼女がキョトンとそれを眺めていた。
「亡くなった彼女。遠藤奈月っていうんだ…。彼女への指輪もずっと手放せなくて。」
「…。」
「これを奈月に渡そうと決心したんだ。だから一緒に来て欲しくて。」
「…うん、わかった…。」
まだ落ち着かなさそうな顔をした彼女が言う。
「ねぇ、司さん。あの手帳、新任の時からずっと使ってる閻魔帳??」
「ん?」
振り向いて彼女の視線を辿る。机の上に黒い手帳があった。
「あぁ、これ?そうだよ。」
机の前まで歩き、手帳を手に取った。
「…やっぱり、黒じゃないと思うのよね…。」
「ふふ。昔、そんなことを言っていたね。」
「もしかして、それもナツキさんが?」
「ああ。彼女が就職祝いに買ってくれたんだよ。」
「…。」
「これ、使っているのは嫌かい?」
「うん…。」
そう言って彼女がうつむいた。
「…そうか、そうだよな。前の彼女のプレゼントなんて…。」
手に取った手帳に視線を落とす。この手帳ともたった四年でお別れか。
「…ううん。うそ。」
「え?」
「いいよ。それ、名前入りでしょ?折角の彼女の気持ち、大事にしないとね。」
「え?え?なんで?」
「…昔、ちょっとだけ先生が手帳を開いてる時に覗いたことがあって。」
「…。」
「あ、でも、書いてる内容は見えなかったから!」
驚く俺を尻目に話し続ける。
「私、彼女のことも含めて、司さんのこと、好き。
そこでその手帳を捨てちゃうような人だったら、きっと好きになってない。」
「…ありがとう…。」

二人で車に乗って、奈月の墓を参る。
花と線香を供え、指輪を置いた。
「奈月、今までありがとう。」
「…司さん、これ、ココに置きっぱなしにするの??」
「え?」
「流石にまずくない?お家まで届けたほうがいいんじゃ…?」
考えてなかったけど、確かに。ここにあっても雨ざらしになるだけだ。
「…じゃあ、もうちょっと付き合って。」
「はーい。私、車の中で待ってて良いでしょ?」
「ああ。」

---------------------------------------------
1.よく当たる占い
<10.夜中に 12.愛しい人<完結>>
---------------------------------------------
0




AutoPage最新お知らせ