2019/1/2  23:49 | 投稿者: おるん

------------------------------------------------------------
#この物語はフィクションであり、
登場する人物・施設・団体は実在のものとは何ら関係ありません。
------------------------------------------------------------

◆◇◆25.終章◆◇◆

あれから20年。
SNSで中学の同窓会が開催されることを知った。

あっちゃんとも信弘とも別れたあと、結局音楽が忘れられなくて、新設された弦楽部に入った。
吹奏楽部ほど大所帯でもなく、強豪でもなかったので、のんびりした部活だった。
あっちゃんが部活をしていたのかどうかはわからないけど、部活の時間と合わないせいか殆ど見かけなくなった。
たまに家の前ですれ違ったりしても言葉を掛け合うこともなくなった。
高校卒業後、お互いに家から遠い大学に進学し、下宿生活になった。
その間に双方の実家が引っ越してしまって、全ての関わりがなくなった。

「同窓会か…。あっちゃん、生きてるんやろか?」

同窓会のポータルページに、あっちゃんの名前があった。

「生きてるっぽいな…。来るんかな…?」

欠席の欄に名前があった。
ある意味ほっとした。
友達に誘われて参加するつもりにしていたから、できれば会いたくないと思っていた。
いや、ホントはものすごく会いたい。
でも、会ったら色々なものが溢れ出して抑えきれないんじゃないかと思って怖い。

20年の間にいろんなことがあった。
母が亡くなり、父の会社も倒産。通っていた大学院は中退。
何とか就職してシステムエンジニアとして働いている。
一番驚きなのが、会社の先輩と普通に結婚して、子供を二人も産んだこと。
子供の頃からずっと欲しかった普通の生活。
駅近くの分譲マンションに家族4人で暮らしてる。
お陰さまで、自分でも意外なほど幸せだ。

あっちゃんはどうしているんだろう?
同窓会であっちゃんのことを知ってそうなヤツがいたら聞いてみたいなぁ。
誰か知っている人が来ると良いけど。

◇◆◇

当日、少し遅れて会場についた。
受付で名前を書こうとしていると、同じように遅刻してきた男性が隣に立った。

その人が受付の人に聞く。

「今日、欠席で出してたんやけど、急に来れるようになって。構わへんかな?」
「津川、久しぶりやな!構へんで、名前書いて入りや。」

えっ!?

驚いて顔を上げた。
そこには20年ぶりのあっちゃんの姿があった。

クリックすると元のサイズで表示します

「………。」
「よぉ。」
「あっちゃ…!
…津川くん、久しぶり。変わらんね。」
「村井は…歳食ったな。」
「うるさいわ!」
「うそうそ、変わらんよ。」
「元気そうで何より。」
「そちらも。結婚したんやな、名前。」
「お陰さまでね。津川も?」
「まあね。」
「幸せそうやね。」
「お陰さまで。村井に振り回されたお陰で女の扱いが上手くなりまして。」
「あほ!もう、早よ会場に入りや!」

私の初恋の人。
今も変わらずかっこいい。ちょっとオジサンになったけどね。
彼の初恋の人だった私。
昔と変わらずどんくさくて。彼の顔をひと目見ただけで泣きそうになる。

心が一気に20年前に遡る。
世界が全てキラキラと輝いて眩しかった頃。
確かに私はあっちゃんと同じ時間を過ごした。
その後歩んだ道は別々になったけど、あの時間は今でも宝物だ。
あの時間があったからこそ、今の私がいるのだから。

「あっちゃん、ありがとう。」

小さな声で囁いたのに、しっかりあっちゃんには聞こえていて、私の頭を小突いた。

「俺の方こそ。…ほら、早よ来いよ。」

二人で会場の扉を開けた。


-終-

---
1.序章
24.旅立ち
0

2019/1/2  23:45 | 投稿者: おるん

------------------------------------------------------------
#この物語はフィクションであり、
登場する人物・施設・団体は実在のものとは何ら関係ありません。
------------------------------------------------------------

◆◇◆24.旅立ち◆◇◆

バレンタインデー。
あちこち連れて行ってくれたり、こまごまとプレゼントしてくれる信弘に何かお礼がしたいと思って、クッキーを焼くことにした。

「お菓子ってあんまり作ったコトないねんけどな…。」

料理は必要に迫られて、自分が食べたいもので手が掛からないものは一通り作れるようになっているけど、お菓子は作ったことがない。
材料を計量して、レシピどおりに作る、ということが大雑把な私には出来ないのだ。

「オーブンがないからケーキはちょっと難しいけど、クッキーくらいなら何とか…。」

秤も計量スプーンすらない我が家。
薄力粉と砂糖をふるい、溶かしバターに溶き卵。
大体2等分にして片方にはココアパウダー。
こねて生地を作り、棒状にする。
市松模様になるように組み上げてラップで包んで冷蔵庫で寝かす。
生地が固まったら、包丁でスライスして、フライパンで弱火で焼く。

分量もレシピも昔どこかで見たうろ覚えでやってみたけど、案外上手く出来た。
私って天才!!

透明のラッピングバッグに詰めて、袋の口をリボンで結んだ。

昼に信弘と難波で待ち合わせてランチ。
パスタを食べた後、クッキーを渡す。

「信弘、いつもありがとう。これ…今日、バレンタインやし。」
「お?クッキー?カナ、お菓子作れたん?」
「んー、今日初めて作った。」
「え?そんなん食べて大丈夫かいな…。」
「味見してきたけど、結構美味しかったから、大丈夫やと思う。」
「どれ…。うん、バターが多めで美味しいな。」
「ウチにオーブン無いから、フライパンで焼いた。」
「へー、オーブン無くてもクッキーって焼けるねんな、知らんかったわ。」
「私も思いつきでやってみたけど、案外できるもんらしい。」
「思いつきって…そや、ほんなら、お菓子のレシピ本探しに行こか?」
「うん!」

店を出て、本屋に向かう。
街はバレンタインデー一色。
日曜日の今日は、カップルがいっぱいで賑わっている。
私と信弘は下手したら親子って言われてもおかしくないくらい歳が離れてるけど、これだけの人混み、そんなことを気にする人は居ないだろう。

難波駅の近くを歩いていると、人混みの隙間から一瞬、見覚えのある顔が見えた。

ナッコとあっちゃん。
仲良く腕組んで歩いてた。
そっか、二人、付き合いだしたのかな。
…私とはとっくに別れてるんだから全然構わないのに、ヤキモチなんて自分勝手だな、私。

「どした?」
「ん?なんでもないよ。人が多いなーって。」
「そやな、お前チビやからな、はぐれるなよ。」


◇◆◇


ホワイトデーも終わって、もうすぐ春になる。
信弘には随分あちこちに連れていってもらったり、色んなことを教えてもらった。
世の中には楽しいことがたくさんあるのだと知った。
まだまだ知らないことが山程あって、これからもっともっと勉強していこうと思う。

ほんの少し背伸びしてかじってみた水商売の世界は、世の中を舐めた子供には甘く見えたけど、悪い大人がいて搾取しようとする訳だから、軽い気持ちで入る世界ではないということが分かった。

美術館を訪れた帰り。信号待ちの車の中で、運転席に座る信弘が私の顔を見て言う。

「カナも大分見れるようになってきたな。」
「え?どういう意味!?」
「良い顔してるで。可愛なった。」
「そ、そうかな?」

面と向かって言われると照れる。
そんな私を見て、信弘が私の頭をポンポンと叩く。

「そうやで。聡明そうで、仕草も綺麗になった。顔色も良いしな。」
「元々やろ?」
「ははは!ちょっとは俺に感謝せえよ、ほんまに。」
「うん。ありがとう。…最初、そんなに酷かった?」
「ああ、酷かったな。」

信号が変わって、車が動き出す。

「無理してるの、まるわかりやったし。似合わへんことしてるなーって思った。」
「じゃあ、なんで指名してくれたり、同伴してくれたりして、ひいきにしてくれたん?」
「只のアホそうな子に見えんかったから。喋っとっておもろかったからな。
ほんならまあ、簡単にホイホイついてくるがな。
こらアカンと思ったし、他の男に騙されるくらいなら手元に置いといたろと思って。」

運転している信弘はこっちを見ない。
信弘の横顔はいつもどおりの穏やかな顔。

「なんか、そう言われると恥ずかしいな…。」
「カナもそれだけ大人になったっちゅうことやな。
…カナも16歳になったんやな。結婚できる歳やで。」
「え!?信弘、私にプロポーズ!?」
「あほか!お前みたいなガキンチョとするか!」
「それもそやな…って危ない!前見て!!」
「うるさい!しょーもないこと言うからじゃ!黙っとれ!」

運転中の横顔は、ヘラヘラ笑っていたかと思うと、仏頂面になった。
しばらくして、私の家の近くまでやってきて路肩に停車する。
前を向いたままの信弘が喋りだした。

「結婚と言えば…、嫁さんとやり直そうと思って。」
「そうなん!奥さん帰ってきてくれるん?」
「おう。ちびさいの連れて帰ってくるわ。」
「よかったね!ちびさいのって、お子さんいくつ?」
「5歳やねん。女の子。お前にちょっと似てるかもな。」

そう言って信弘は私の方を向き、くしゃっと顔を綻ばせた。

「ははっ!そりゃいいな。可愛い子になるで、大事に育ててよ。」

少しの間が空いて、信弘が深呼吸し、落ち着いた声で言う。

「ほんまやで。そやから、会うのは今日で終わりにしようと思う。構へんか?」
「…うん。どうかお幸せに。」
「お前もな、圭子。良い女になれよ。」
「バカ。本名止めてって言ったのに。最後やから許したる。」
「これが最後のプレゼントや。ちゃんとこれが似合う女になれよ。」

手渡された細長い箱を開けると、小さな石がついたペンダントが入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

「ん?もしかしてダイヤモンド!?」
「一応な。大したブランドのものじゃないけど本物やから大事にしいや。」
「また無理して!」
「ほんまやぞ、嫁さんにバレたら怒られるわ。」

ほんと、無理してバカやな。
こんなプレゼント、なくたって全然構わへんのに。
本当に今日で最後なんだと、実感する。

「…なんかお礼したいのに…急に言い出すから。」
「いらんよ。バレンタインデーのクッキーのお返しや。
…また縁があったらどっかで会うやろ。」
「うん…。」
「じゃあな。」
「うん。バイバイ。」

泣きたいのを我慢して車から降りる。
笑顔で手を振って、信弘を見送った。


-続く-

---
1.序章
23.冬のできごと
25.終章
0




AutoPage最新お知らせ