2013/3/26  22:28 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇2013年3月薫【仮校舎公式イベ】彼女の弱味

先月のバレンタインデーでは散々な目に遭った。
元々は俺が悪いのだけれども。
1日遅れで彼女のチョコを受け取り、ブラウニーを食べた……。

不味くはないはずだと聞いていたが、なかなかどうして、プレーンマフィンをあれほど不味く作れる腕前だったわけだから、致し方ないのか。

ブラウニーは比較的簡単なお菓子だと思うのだが、なかなかどうして。
焼きすぎたのか、分厚いクッキーのようになっていた。

「どう?薫くん??」
「…うん。そうだな…食べられないことはないが、これではチョコクッキーだぞ。」
「えー、そんなぁ。」
「…頑張ったことは評価しよう。」

……ということで、ホワイトデーにお返しも兼ねてブラウニーを一緒に作ることにした。
俺が作るだけならば、もっと豪華なものにするつもりだったが、それでは折角お菓子作りを始めた彼女に悪い気がしたのだ。

「明日の放課後、俺の家に来ないか?
家のほうが色々道具も揃っているし、使い慣れているから。」
「え!?薫くんのお家でやるの!?」
「なにか問題でも?」
「だって、やっぱり、男の子のお家に行くのって緊張しちゃう。」
「弟たちもいるかもしれないが、多分塾やらなんやら、出かけていると思うから気にすることはないぞ。」
「でも…。」

…別に下心があるわけではないんだが、用心するのは理解できる。

「ふむ。では、学校の調理室でやろうか?利用申請を出しておく。」
「うん。わかった。明日、エプロン持ってくるね。」
「さて、君さえ良ければだが、これから一緒に明日の材料を買いに行かないか?」
「え?あ、うん。今日はこの後、お母さんと約束があるの。いるものがあれば私、買ってくるよ?」
「そ、そうか。材料はこちらで用意するから構わない。
ブラウニーに入れたいナッツなどがあれば持って来てくれれば。」
「うん。ありがとう。ごめんね、また明日。」

◇◆◇

いよいよ放課後。
調理室の鍵を開け、調理台に材料と道具を並べる。
エプロンをつけたところで、彼女がやってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

「か、薫くん、お待たせ!
…あのね、薫くんとブラウニー作るって話したら、友達も一緒にって…。
…いいかな?」

彼女の後ろから彼女の友達がひょこっと顔を出した。

(なっ…なんでそうなる。今日はホワイトデーだぞ…。)

露骨に嫌な顔をしては彼女の面目を潰すことになる。
仕方なく愛想笑いで答えた。

「ああ、構わない。結構大きなブラウニーになるだろうから。」
「薫くん、ありがとう!よかったー。」

なんだかんだと3人で和やかに話しながら作業が進む。
彼女はいつもより饒舌な気がする。

ブラウニーをオーブンに入れて一服。
お湯を沸かして紅茶を入れる。
唐突に彼女の友達がこんなことを聞いてきた。

「ね?会長はデートならどこがいいと思う?」
「え?そうだな…、最初は映画かなんかがいいんじゃないか?」
「映画かー…。」
「共通の話題ができるから会話しやすいだろう?
俺の個人的な好みとしては、映画よりは美術館や博物館が好きだが、相手に興味がないものだとそれも申し訳ないし。」
「び、美術館に博物館…敷居高いね。」
「そうでもないと思うんだが…。」

彼女とはまだちゃんとしたデートはしたことがない。
それを分かっての質問なんだろうか…。
彼女の顔色が気になる…。

「び、美術館、時々展示物が入れ替わるし、いいよね!!」

彼女が突飛に上げた声に相槌を打つ。

「あ、ああ、そうだ。結構頻繁に入れ替わるから面白いぞ。」
「う、うん!」

3人の間に微妙な空気が流れ始めたところでブラウニーが焼ける。
焼き立てを少し切り取り、お茶請けにする。

「さて、これを食べ終わったら、片付けて撤収しようか。
あとで、残りを切り分けてラッピングしよう。」
「あ、これ、ふわふわで美味しい。」
「冷ますともう少ししっとりするんだ。」
「へぇ…。」
「レシピはちゃんとメモを取ったか?
レシピどおりやれば、難しくないから大丈夫だ。」
「ばっちり!また今度作ってくるからね。」

◇◆◇

調理器具もほぼ洗い終わったところで、彼女の友達がエプロンを脱ぎ、
「このあと用事があるの、お先にごめんね」とウインクをして去って行った。
彼女は自分も帰りたそうにしたが、まだ片付けをしている俺に気兼ねして渋々手伝ってくれているようだ。
片付けが終わり、エプロンを外したところで彼女が声を上げた。

「じゃ、じゃあ、私、もう帰らないと!」

この時間から行くところはないだろうに、なぜそんなに急ぐのだろう?

「もう?やっと2人きりに…」
「…ご、ごめん。」

申し訳なさそうにうつむく彼女。
そこまで頑なに俺から離れようするのは…。
考えたくなかったことが脳裏をよぎる。
言わなくてもそうだろうと自分に思い込ませていた言葉が口からついて出た。

「…俺たちって、付き合っているんだよな?」
「う、うん。私はそのつもりなんだけど…。」
「まだデートもしたことがない。
いつも2人きりになったと思ったらすぐに君はいなくなってしまう…。」

黙っている彼女を見ているのがもどかしい。
ずっと自分の気持ちをはっきり言わなかった俺も悪いのだろうが、これでは飼い殺しではないか。

「改めて言う。俺は君が…、君が好きなんだ。
好きという言葉だけでは足りない。
君ともっと一緒に居たいし、独占したい!」

彼女はうつむいたまま身じろぎもしない。
やはり、俺のことを好きではないのかもしれない。
無理矢理付き合ってもらっているのでは彼女に申し訳ない。

彼女には格好悪いところを見られたくなくて、いつも平静を装っているが、本当は彼女と一緒にいるとドキドキしてしまう。
手が触れたりすると飛び跳ねそうになるし、汗をかいたり、声が上ずったりする。
それを今も必死で押さえている。

「か、薫くん…、あのね。」

うつむいたままの彼女が細い声を絞り出して話し始めた。

「わ、私も薫くんのこと大好きなんだよ。ずっと前から好きで、薫くんと付き合えてすごく嬉しいの。」

じゃあなんで?と問い詰めたい衝動を抑えて彼女を見守る。

「薫くんのそばに居ると、くすぐったくて照れちゃって、勝手に顔がにやけちゃうの。
そんなところを薫くんに見られちゃうのが恥ずかしくって。
それで今日も友達に無理矢理付き合ってもらったの…。」

そういって彼女がはにかんだ顔を上げた。
俺を散々悩ませたあの日々はこういうことだったのか。
悩んだことすらバカらしくなって泣きそうになる。

バカだな。俺はそんな君もすごくかわいいって言い切れるのに。

泣きそうな顔を見られたくないのと、彼女がいとおしくてたまらないのとで、力いっぱい彼女を抱きしめた。

クリックすると元のサイズで表示します

「か、薫くん!!」
「週末、デートしよう。美術館。」
「や、やだっ!恥ずかしいもん…。」
「そうやって恥ずかしがっている君もかわいいんだ、気にするな…。」
「薫くんって、そんな恥ずかしい台詞、言えたんだね?」
「ばっ!バカ!!俺だって恥ずかしい台詞だと思いながら言ったんだぞ!?…で、どうするんだ?デート。」
「もちろん、行きます!薫くんだけに恥ずかしい思いさせられないもんね。」

-終-
0
タグ: ウェブカレ




AutoPage最新お知らせ