2011/1/9  0:17 | 投稿者: おるん

--------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇10.夜中に

「う…。」
頭痛い…。…ここ、どこ?私、何してたんだったっけ??
ベッドの横のテーブルにミネラルウォーターのペットボトルとガラスコップが置いてあって、書き置きしてあった。
『起きたら水を飲みなさい。』
あぁ、そうか、私、先生とお酒を飲んだんだった…。
ひとまずコップに水を注いで飲む。少しぬるくなった水でもひんやり喉を冷やした。
暖房の効いた部屋。照明は暗く落とされていて、サイドテーブルのスタンドだけがほんのり灯っている。
先生はどこに?
ベッドから下りて、ふかふかの絨毯の上を歩く。
部屋の奥にあるソファに先生が腕組みしながら腰掛けていて、別の椅子に脚を乗せて眠っていた。
ホテルの部屋着を着ているから、きっとシャワーを浴びたんだ。
ベッドで寝ればいいのに…。…ダブルベッド、そうか気を遣ってこんなところで。
「せんせ…。」
あ、そういえば、先生は止めろと言っていたっけ。
「司さん…。」
先生の顔を覗き込む。部屋が暗いけどわかる長い睫毛。見れば見るほど、やっぱり端整な顔立ち。
乾いた前髪がサラサラしてそうに見える。
そっと手を伸ばして、額に掛かった前髪を退ける。髪を耳に掛け、そのまま頬を触る。
男の人の顔…。駿以外で初めて触ったかも。駿はもう少し華奢でやわらかくて子供っぽいけど、先生はやっぱり大人だ。
「司さん、風邪引くよ…。」
耳元でそう囁いた。すぐに先生の頬に唇が触れそうな距離。そっと先生の唇に自分の唇を近づける。
先生が起きなかったら、キスしてやろう…。先生、起きないのかな…?
ドキドキしながら、先生の唇に自分の唇を付けた。
音もなく、ただ先生の吐息が私に掛かる。
先生は起きなかった。起きて、私をどうにかしてくれることを少し期待したのに。

先生が起きそうにないので、軽くシャワーを浴びることにした。
上がってきても先生はまだその姿勢のままだった。
もう一度先生の顔を覗き込んだ。
「…ん?」
先生が目を開けた。
「ひかり、ちゃんと髪を乾かさないと風邪引くよ。」
そう言って優しく微笑んだ。頭からバスタオルを被っているのに…。下を見ると私の髪から雫が落ちていた。
「はい…。司さんもそんなところで寝てたら風邪引くよ。ベッドで寝たらいいのに。」
「あなたと一緒のベッドに入って、間違いが起きてしまっては困りますから。」
「間違いって…。」
「俺も男だし、君は女だ。しかも魅力的なね。襲わない自信がないな。」
「間違いなんかじゃない…。私…。」
「いいの?そんなこと言って。」
「…。」
「俺が君のコトを好きとは限らないよ?」
「わ、私は、ホントは…、先生がずっと好きだった…。だから、いいの。」
「ふふ。ひかりはかわいいね。」
そう言って先生がくしゃくしゃっとタオルで私の髪を拭く。
「先生…。」
「先生は止めてって…。」
「つかささ…」
そのまま先生が私の頭を引き寄せてキスをした。
「ほら、髪を乾かしておいで。」

髪を乾かし終わって戻ってくると、先生がベッドの中に入っていた。
「さあ、おいで。」
そう言って私をベッドに促す。ドキドキしながらベッドに入った。
でも結局先生は何もせず、ただ私に腕枕をしてくれただけだった。

翌朝、一緒に朝食を食べ、電車に乗って家の近くまで送ってくれた。

---------------------------------------------
1.よく当たる占い
<9.ホテルバー 11.墓参り>
---------------------------------------------
0




AutoPage最新お知らせ