2010/11/5  1:18 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇2.正反対

白薔薇学園高等学校に入学して一週間。
学年首席で入学して、入学式で新入生代表挨拶をしたせいか、学年ではちょっとした有名人だ。
家からは比較的近い学校で、隣に住む幼馴染の綾乃も通っているのだが、運良く、今年は同じ中学から進学してきたものは他に居ない。
中学では色々と嫌なコトがあった。変な先入観を持たれても困るから好都合だ。

この学校は、派手な制服の割には校風は穏やかだ。
勉強にも力を入れているが、クラブ活動にも力を入れていて、生徒のタイプはガリ勉タイプからスポーツバカ(失礼)まで様々だ。
だが、流石私学だけあって、皆、育ちが良さそうでのんびりしているように見える。

放課後、ごみ捨て当番で食堂裏を歩いていた。そこに一人、茶髪で長髪の生徒が居て、煙草を吸っていた。
目が合ってギョッとした。
「なんだよ?」
「…。」
なんと言い返して良いかわからなくて無言で通り過ぎる。
この学校にも不良が居るんだ。背が高そうだったから上級生だろうか?
でも、制服は比較的新しく見えた。

焼却炉にごみを捨てて、また同じ道を戻る。
さっきの不良、まだ居るんだろうか?
あぁ、まだ居る。向こうから帰れば良かった…。

目を合わさないように彼の前を通り過ぎる。
「おい。」
あぁ、また声を掛けてきた。面倒だな。
「…。」
無視して通り過ぎようとしたのに、ソイツは寄ってきて、俺の肩を掴んだ。
「呼んでんだろうが!」
「…なんだ?」
立ち止まって彼の方に顔を向けると、馴れ馴れしくも肩を組んできて、顔を寄せて話しかけてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

「お前、新入生代表だったヤツだよな?」
なんだ、同級生か?
「…それが?」
「ビビってる?」
「は?」
「なんだ、ビビってねぇのか。」
「ビビったら何か良い事があるのか?」
「…ほら、なんか金目のモノくれたりするだろ?」
「そんなモノは無い。俺は奨学金でないとこの学校に通えないくらいだからな、諦めろ。」
「ちぇっ。」
「そっちこそ、チクられたくなかったら何か出せよ。」
「はぁ?良い度胸してんな、お前。」
「冗談だ。第一、君の名前も知らないからな。」
そう言って、肩に乗っている彼の腕をどけた。
「俺?1-Bの綾川竜士だ。よろしくな。」
「綾川??」
驚いて彼を見る。
「あぁ、司は俺の兄貴だよ。」
「ほう…。」
綾川先生の弟…。似ていないな。髪型は当然だが、目元が違うのか?
「お前とはいいダチになれそうだぜ?草間…なんだったっけ?」
「…1-Aの草間薫だ。」
「カオルちゃんか!かわいい名前だな。」
「うるさい。どうせ女みたいだよ。」
「カオル?」
「名前で呼ぶな。それに煙草臭いヤツなんかとつるめるか!」
「おぉ、優等生は言うことが違うね。」
「金を払ってまで、体に悪いことをする意味がわからない。」
「そうだよなぁ。煙草、やめっかなぁ…。」
いい加減、コイツから離れたいと思うのだが、構って欲しそうにするヤツを置いていくのも忍びない。何の義理もないし、置いていったって何の問題もないのだが。
「大体、こんなところで隠れて吸うのも面倒だろう?上級生にも目をつけられるんじゃないか?」
「上級生?あぁ、そんなの居たなぁ。」
…もしかして、もう締めた後なのか…、そりゃどうしようもないな。
悪いが、当番の途中だから、と言おうとしたところで誰かがやってきた。
「あっ!」
綾川の表情が変わる。誰かと思って見てみると綾川先生だった。
「草間君、遅いので迷子になっているのかと思いましたよ。…にしても意外な組み合わせですね。」
「…。」
「あ、兄貴…。」
綾川はバツの悪そうな顔をしている。
「草間君、彼は私の弟で、今年この学園に入学したんです。どうか仲良くしてやってくださいね。」
「はぁ…。」
我ながらなんとも気の抜けた返事をしてしまった。
「竜士君、こんなところで煙草ですか?いい加減にしないとどうなるか、わかっていますね?」
「うっ…。煙草は今ので止めたんだ!な?草間??」
「…。」
「まぁ、いいでしょう。入学早々、あまり目立つことをしないでください。いくら私でも庇い切れません。」
「わぁったよ。おとなしくしてりゃいいんだろ??」
「ええ、おとなしくしていてください。それでは、草間君、教室に戻りましょうか。」
「はい。」
そして、先生と二人、その場を後にした。
それが綾川竜士との出会いだった。

---------------------------------------------
1.本の虫
3.生徒会へ>
---------------------------------------------
0




AutoPage最新お知らせ