2010/11/27  0:38 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇7.ないものねだり

草間のヤツ、あんな美人を連れてきて。
彼女じゃねぇとか言っていたけど、あんなに自然に仲良くて、彼女じゃねぇならなんだって言うんだ。
やっぱ、アイツを呼ぶんじゃなかったかなぁ…。

CD屋で会ってから、恭子が草間君、草間君ってうるさい。
この前も色々聞かれた。
「草間君は普段どんなカンジなの?」とか…
「草間君の眼鏡、カッコいいよね。」とか…
「草間君はやっぱり勉強が出来るんでしょ?」とか…
「草間君はどんなものが好きなのかな?」とか…。
ひたすら草間君づくしで嫌になった。
俺と一緒に居るんだから、他の男のコトなんか聞くなって。
大体、俺のコトをそんなに根掘り葉掘り聞いたことがあるのかよ?
俺のコトはどうでもいいのか!?

ライブが終わって、みんなで掃除する。
オーナーにも聞かれた。
「竜、今日来てたお前の友達、綺麗なコを連れてたな。」
「あぁ、そうだな。生徒会の書記の子らしい。」
「へぇ、会計と書記のカップルか。似合いだな。」
「彼女じゃねぇとは言ってたけどな。」
「いやいや、アレは結構年季入ってんじゃねぇか?」
「俺が知るかよ!」
「そうだな。お前には恭子ちゃんが居るからな。彼女も上玉だからなぁ。」
「下品な言い方するんじゃねぇ!」
「おぉこわっ。」
そりゃ、オッサンどもからすれば、俺達なんてまだまだ子供だからな。
すぐ、こんな風に面白がってからかってくるんだ。

そもそも、俺と草間は同じ学校の隣のクラスっていうだけで、他には何の接点もねぇし。
仲良くもねぇし、アイツの事なんてほとんど何も知らねぇ。
たまたま見かけて、ノルマを売りつけただけなんだから。
アイツを見たヤツみんなが俺にアイツの事を聞いてくる。
俺の周りに居る人間からしたら、アイツは異質で、俺の友達(じゃねぇけど)としては意外すぎて興味津々なのは分かる。
それにしても、アイツはどれだけ影響力があるんだ。
一度会っただけの人間の心をこんなに掴んでしまうなんて思いも寄らなかった。

ライブハウスからの帰り道。楽器を背負って歩く。
「ほら、お前のベースも持ってやるから貸せ。」
「自分で持てるからいいよぉ。」
「…そうか。」
日曜の夜の繁華街。金曜や土曜と比べると少ないけど、まだまだ人が多い。
「ねぇ竜士、今日、草間君来てたね。」
「ああ。」
ほらまた始まった。
「彼、女の子連れてきてたでしょ?」
「ああ。」
それがどうした。
「彼女なの?」
「知らねぇよ!」
なんでそんなコトに興味があるんだ?
「ふぅん?」
「彼女じゃねぇって言ったらどうなんだよ!?」
しつこく言われて思わず口調が強くなる。
「あれ?もしかして、竜士、妬いてる??」
恭子が俺の頬を指を刺して笑う。図星を指されて嫌になる。
「う、うるせー、バーカ!」
「あはは。もう、竜士、機嫌直して!!」
屈託のない笑顔の恭子。ちょっと苛めたくなる。
「…あの彼女、ウチの学校の生徒会書記だって。お前と同い年なんだってさ。」
「へぇ。…だから何?」
「お前とは大違い。」
「…竜士、ああいうコが好みなの?」
「まぁ、綺麗だよな。」
「…。」
ちょっと寂しげな顔をする恭子。お前だって嫌だろうが、俺が他の女のコトを言うのは。
俺は結城さんよりお前の方が絶対美人だと言い切れるけど、それは言わない。
「ま、俺も生徒会会計じゃねぇし、眼鏡でもねぇし、品行方正でもねぇし。」
「…だから何?」
「そういうことだよ。俺は草間じゃねぇし、お前も結城さんじゃねぇし。」
「…訳わかんない。」
「俺達は俺達だっての。似合わねぇよ、あいつらみたいなのは。」
「…竜士は似合うと思うよ。真面目なのも。」
「真面目なのは兄貴だけで十分。」
「もったいないなぁ。」
「いいの!俺には恭子が一番なんだから。」
「ありがと…。あたしも竜士が一番だからね?」
彼女の手を取って、ぎゅっと握って歩く。お前が草間を好きになったとしても手放すもんか。

俺と恭子はこの先もずっとこんなカンジだろう。
恭子が草間に憧れるのも分かる。俺だって草間みたいな秀才には憧れる。
品行方正で冷静沈着、先生たちの信頼も厚そうだし、気が付いたら一年生で生徒会役員なんかになってやがる。
一つ一つの動作が丁寧でどことなく中性的な物腰も、あの眼鏡が似合う顔立ちと細身の身体に嵌っている。
アイツの隣にいる結城さん…。お似合いのカップルだった。
俺も頑張ったらああいう風になれるだろうか?兄貴もきっと喜んでくれるに違いない。
…いや、やっぱり似合わねぇ。アレはきっと持って生まれた気質というヤツだ。
ないものねだりなのは分かっているけど、何の障害もなく人生を歩んでいるように見える草間が心底羨ましかった。

---------------------------------------------
1.本の虫
<6.ライブ 8.自分の居場所>
---------------------------------------------
0

2010/11/23  19:04 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇生徒会戦隊ホワイトローズ

生徒会室に一通の手紙が届けられる。
真っ黒い封筒に、赤い薔薇の絵。
「会長、ドアにこんな封筒が挟まってました!」
「む。なんだ、この禍々しい封筒…。」
書記から受け取り、恐る恐る封を開ける。
『白薔薇学園のアイドル、七瀬ななを預かった。
彼女に傷をつけられたくなければ、
貴様達生徒会戦隊ホワイトローズも我が傘下に下れ。
華麗なる悪の組織ブラックローズ総帥 ツカサ・アヤカワーヌ』
「くっ!アヤカワーヌめ!善良な一生徒を巻き込むとは!」
「会長!どうしますか!?」
「当然、助けに行くに決まっているだろう!総員出動!!」
「了解(ラジャ)!!」

―――

一方その頃、国語準備室。
「遅い…。もうそろそろ来ても良い頃だと思うのですが…。」
「そんなもの、チマチマ手紙書いたりしてるからじゃないの!こっちから攻めてやればいいのよ!!」
椅子に座ってコーヒーを飲みながら窓の外を眺める悪の総帥ツカサを、悪の魔女リンコ・アイバッチがイライラした口調でなじる。
「それも格好が悪いでしょう?やはり、ここは華麗に決めたいところですからね…。」
「大体、こんな小娘一人、餌にもならないんじゃないの??」
「ふふふ。あの会長ホワイトのコトですから、絶対に食いつきますよ。」
おもむろに立ち上がって、椅子に縛り付けられている七瀬ななの頬を触る。
「この綺麗な肌に傷でもつけられたら大変ですからね…。うふふ。」
「あんた達なんて、ホワイトローズがケッチョンケッチョンにやっつけてくれるんだから!!!」
なながツカサの手に今にも噛み付きそうな勢いで吼える。
「お黙り!!」
横からピシッとリンコがななの頬を叩いた。
「うう…。早く来て、薫くん…。」
「リンコ、おやめなさい。本当に傷物になったら困ります。」
「ふん。ビンタ位でガタガタ言わないで!」
「イライラするとお肌に良くないですよ。ほら、ローズヒップティーを淹れますから。」
「いただくわ。あんた達もしっかり働くのよ!!」
ツカサが後に控える構成員たちに声を掛ける。
「リュージ、シュン。身だしなみには気をつけるのですよ。我々は華麗なる悪の組織なのですから…。」
「けっ、なーにが華麗なる、だよ。馬鹿馬鹿しい。」
悪態をついたリュージにツカサの鋭い眼光が突き刺さる。
「う、うそです。お兄ちゃん…。」
「リュージ、ここでは総帥と呼びなさいと言ったでしょう?」
「は、はい、総帥!!」
その隙にそっとななの縄を解こうとしているシュン。
「コラ!何してるのよ!」
ビクッと体を震わせたシュン。
「お姉ちゃん、こんなのやめようよ。良くないよ…。」
「何を言ってるの?ホワイトローズさえ倒せば、この学園は私たちの天下よ!!
それに、私のことはリンコ様って呼びなさい!」
「えぇ〜!?」
「えー!?じゃない!言うこと聞かないとゲーム全部捨てちゃうわよ!!」
「り、リンコ様、それだけはお許しを!」
「ふん。だったら、頑張ってホワイトローズをやっつけてね。」

―――

校庭に面した窓に吸盤の付いた矢が飛んでくる。
「ん?お出ましかな?」
ツカサとリンコが窓を開けて校庭を見遣る。
「ブラックローズ!お前達の悪事は俺達が全て挫く!!
さぁ、校庭まで下りて来い!俺達と勝負だ!!」
ホワイトローズが校庭の真ん中に勢ぞろい。
中心に居る会長ホワイト・カオルが大声を張り上げていた。
「…我々に下りて来いとは…。とはいえ、ここでは狭すぎますからね。下りましょうか、皆さん。」

ブラックローズの面々が校庭にやってきて、ホワイトローズと対峙する。
「学園の平和は俺が守る!会長ホワイト・カオル!」
「お前達に華麗なんて似合わないぜ?副会長ブルー・サトシ!」
「そこの年増のお姉さんは学校部外者じゃなくて?総務ピンク・モエ!」
「後できっちり議事録をつけさせていただきます!書記イエロー・ショーコ!」
「学校予算、こちらからも理事会に掛け合っておきますね。会計ブラック・ノリオ!」
「生徒会戦隊・ホワイトローズ!ここに参上!!!」

クリックすると元のサイズで表示します

「だせー…。」
「そこ!ダサいって言うな!!」
呆れ顔のリュージに会長ホワイトが突っ込む。
「おっと、心の声が出ちまったぜ。悪りぃ悪りぃ。」
「うぅ!向こうに華麗に決められてしまいました。敵ながらカッコいい…!!!」
「アレがカッコいいのかよ!?兄貴、大丈夫か!?」
「誰が年増ですってーーー!!」
「お姉ちゃん、反応遅っ!」

「とりあえず、こちらも見得を切りますか。。。コホン。」
そう言って、ポーズを取るツカサ。
「華麗なる悪の組織ブラックローズ。総帥ツカサ・アヤカワーヌ。
この世に栄える我が野望。決して邪魔などさせん!!」
「そして私腹を肥やすのよ!!悪の魔女リンコ・アイバッチ!!」
「しゃーねぇな。乗ってやるよ!喧嘩なら誰にも負けねぇ。リュージ・アヤカワーヌ!!」
「んーもう、仕方ないなぁ。背は低いけどなめんなよ!シュン・アイバッチ!!」
「このままだと、私の出番なし?早く助けてーーー!囚われの姫、七瀬ななだよーーーー!!」

クリックすると元のサイズで表示します

そして始まる戦闘。
ブラックローズ、素手でも本気で全員強い!!!
ということで、ホワイトローズは完全武装。
(注:ピンクとイエローは本物の武器を仕入れています。)
ズドーン!!
リュージを掠めてミサイル炸裂。
「ちょ、待て!!そのバズーカ、飾りじゃねぇのかよ!!」
「だってー、これくらいしないと勝てないしー。」
(注:かなり遠くからイエローがミサイル攻撃をしています。)
ピンクも銃を構えながらこちらの様子を見ている模様。

ホワイトめがけて走るリュージ。
「か、会長!!そっちのが悪の組織にピッタリだろう!!
学園の平和はどうなった!!どこで武器商人とつながってやがる!?
警察に捕まるぞーーー!」
手に持つ本をパラパラめくり、ホワイトが吼える。
「そんなものは関係ない!学園では校則と生徒会規約が全てだ!
日本国憲法を遵守するなど、どこにも書いていないーーー!!!」
「マジかよ!!?」
「さて、リュージ・アヤカワーヌ、まずは貴様から倒そうか…。」
「けっ、喧嘩なら負けねぇって言ってんだろ??」
「ふふ。どうかな?まずはこれだ!」
「??あぁっ…!!!」
見せられたのは、リュージが幼稚園の頃の写真。
「この世界地図、見事だな…。」
「や、やめてくれ!!」
「ふふふ。これは明日の学校新聞の一面に決定だ。もう原稿もできている。」
「うわーーーー!!」
「差し止めて欲しくば、降伏するんだな。」
「うぅ…。」
「どうした?まだまだあるぞ?」
「ち、ちなみにどんなのが…?」
「そうだな、赤ん坊の頃のフルヌード(ピー丸見え)とか、小学校の林間学校の風呂シーンとか…色々。
全て原稿に盛り込み済みだがな!!!」
「うわーん、ママーン!!こ、降伏する。だからそれ返して…。」
「ふふふ、他愛もない。ななが帰ってきたら、返してやろう。」

「あぁ!綾川っちが!!」
「ふふ。貴様の相手は俺だ!!」
走るシュンに立ちはだかるは会計ブラック。
「キミ、だれ?生徒会に居たっけ??」
「くっ、一番言ってはならないことを…。」
「そもそも、会計って何やってんの?」
「ふふふ、貴様、その台詞、後悔するなよ?」
手に持つ算盤をジャラジャラ鳴らし、帳簿を開く。
「…。」
「貴様、バスケ部だったな。来期の予算ゼロにしてやる。今期の分も残りは返してもらおうか。」
「え!?会計ってそんなことができるの?」
「そうだ。学園のクラブ予算は全て俺(とホワイト)が握っている!!」
「ちょ、待って!それ困る!!もうすぐ遠征なんだよ!バス借りて、泊りがけなんだって!!」
「いっそ、クラブごと廃部でも良いが?ホワイトならやりかねないぜ??」
「うわーん、ママーン!!こ、降伏する…。だからボクからバスケを取り上げないで…。」
「思い知ったか。以後、俺のコトを忘れないようにな。」

「ちっ、ガキ共、使えないわね!!」
「では、あなたのお相手はワタクシめがさせていただきましょうか?」
薔薇を持った副会長ブルーがリンコの前に立ちはだかる。
なぜ薔薇かって?そう、会長や会計みたいに象徴となるものがないから。
「私はあんたみたいなガキになびかないわよ?ツカサよりいい男なんてそうそう居ないんだから!」
「確かに、アヤカワーヌはいい男だ…。だがしかし!男臭さは俺のほうが上だ!!」
「うっ!確かにツカサはどちらかというと女っぽいわ…。」
「ほら、俺の胸板に頬を寄せてごらん…。」
「あぁ、この胸板!!男らしい!!!」
「リンコ様…、あなたに悪なんて似合わない…。あなたはこの薔薇より気高く、そして美しい…。」
「あぁ、ブルー、あなたのコト………。
………なんてこの私が言うと思って!?見くびらないで!」
「ちっ、やっぱ大人の女に高校生の色気じゃ足りないか!」
「いつまでも私に触ってるんじゃないわよ!!」
リンコがブルーの太ももを蹴り、間合いを取った。
「痛てぇ!!リンコ、こんなことしてもいいと思っているのか?
俺が誰だかわかってる?俺と仲良くすると、この学園の実権を握れるかもしれないのに…。」
「え?」
「アヤカワーヌもなかなかの駒だが、この学園では俺のほうが上と言うことさ!」
「どういうこと!?」
「俺はこの学園の創始者のひ孫だーーーー!」
「えぇぇぇぇ!?」
全員がブルーを見た。全員知らなかったのだ。
「さぁ、降伏するか?」
「うぅ。わかったわよ。降伏するわよ…。」

「おやおや、私一人になってしまいましたか…。ホワイトローズの皆さん、なかなかやりますね。」
ホワイトとブラックとブルーがツカサに近づく。
「さぁ、アヤカワーヌ。観念してななを返してもらおうか。」
ホワイトがそう呼びかけた。
「だめですよ。七瀬さんはかわいいですからね。私の手元に置いておきたいのです。」
「せ、先生。私のこと、かわいいだなんて…。」
ツカサに腕を掴まれて引き寄せられたななが顔を赤らめてモジモジしている。
「アヤカワーヌ!私達はかわいくないってコト!?」
「そうよ!私のこともかわいいって褒めてくれたじゃない!!」
ピンクとイエローがそう言って、こちらに向かって走ってくる。
「あ、あなた達ももちろんかわいいです!!その、物騒なものを下げてくれませんか?」
「じゃあ、七瀬さんから手を離して!!」
パーン!!
ピンクが撃った弾がホワイトとブルーの間を通り、ツカサの髪を散らす。
「わわわ!!危ないです!危ないです!ほんとに当たったらどうするんですか!」
「アヤカワーヌなら避けられるわ!!」
「そんなわけないでしょう!!そもそも七瀬さんに当たったらどうするんです!」
「今日初めて撃つけど、七瀬さんには当てないようにするから大丈夫!多分。」
「うわー、どれだけ自信家!?」
「おーい、ピンクー。俺達も居るのを忘れてるだろ?今、物凄く怖かったぞ…。」
ブルーの声が震える。
後頭で大汗を掻いているホワイトとブラックとブルー。
「ごめーん、動かないでって言うべきだったね♪」
「そういう問題じゃないと思うんだが…。」
ホワイトが冷静に突っ込んだ。

校庭の真ん中に、アヤカワーヌとなな、そしてホワイトローズの面々が対峙している。
リュージとシュンとリンコは既に戦線離脱。隅のベンチに座ってジュースを飲んでいる。
「…。」
「…。」
睨みあう両陣営。
「決めた!花一匁で勝負だ!!」
ホワイトがそう叫んだ。
「…ふふ。良いでしょう。では始めましょうか。」
「お前達、じゃんけんに負けるなよ!ななを取り戻すんだ。」
そうして始まった花一匁。
ホワイトの願いむなしく、ツカサのじゃんけん運はかなりのもので、ピンク、イエローを立て続けに取られてしまった。
「ふふ、女性陣に囲まれていい気分です。」
ツカサの両腕にピンクとイエローがしがみついてメロメロだ。
「アヤカワーヌ。私のこともかわいいって言って〜。」
「アヤカワーヌ、私のことも〜。ねぇってば〜。」
「はいはい。私は皆さん大好きですよ。ずっと私と一緒に居てくださいね♪」
「はーい☆」
「くっ、あいつらめ…。」
女子三人、完全に目がハート状態。ホワイトが限界に達するのも時間の問題。
「さて、どうしますか?会長さん…?」
「まだだ!まだ負けてはいない!!」
「そうこなくちゃ。行きますよ…。」
次のじゃんけんでまたもやホワイトが負けた。
「では、会長さん。あなたをいただきます。」
「俺か…仕方ない。ブルー、ブラック、後は頼んだぞ。」
ツカサの下に下るホワイト。
「会長さん、ヘルメットを外してもらえますか?」
「?」
言われて外すと、ツカサがホワイトの顎を持って引き上げた。
「な、何をする!?」
「ほら、綺麗な顔を良く見せてください…。」
「や、やめろっ…。」
「ふふ、その分だとキスも未経験(まだ)ですか?」
「!!うるさい!そもそも野郎なんざとキスする趣味など持ち合わせてはいない!!」
ホワイトが振り上げた拳も難なく受け止められてしまう。
「くっ…。まだだ、まだホワイトローズには二人居る!!さあ、続きを!!」
「ふふ。わかりました。最後まで付き合ってあげましょう。」

怒涛の攻防を繰り返し、日が暮れる頃にやっと、ツカサが一人になった。
「これで、最後だな…。」
「ふふ、負けません。」
これで最後にして欲しいところ。全員、疲労の色が見える。
隅のベンチでジュースを飲んでいた三人も既に普段の服に着替えて帰り支度をしている。
「♪勝ーって嬉しい花一匁!」
「♪負けーて悔しい花一匁!」
「♪あの子が欲しい!」
「♪あの子じゃわからん!」
「♪相談しよう!」
「♪そうしよう!」
ホワイトローズが輪になって相談し始める。
無論、ツカサは一人だから相談する必要はないのだか、妙に待たせる。
「♪決ーまった!!」

ホワイトローズが全員すぅっと息を吸った。
「♪お前は要ーらん!!」

「えぇーーーー!!?」
ツカサが素っ頓狂な声を上げた。流石に予想していなかったらしい。
「やったーーーー!!勝ったぞーーー!!!見たか、綾川の顔を!!」
ホワイトがガッツポーズをして喜んだ。
「えぇぇ、じゃんけんしてないですよ…。」
「ふむ。じゃあ、じゃんけんしてやる。最初は…だからな。」
「わかりました。」
「最初は…!」
ツカサがグーを出して、ホワイトがパーを出した。
「ほら勝った!」
「き、汚い!!最初はって言ったでしょう?」
「グーとは言ってないし。そのあとのじゃんけんで勝負なんてコトも言ってない。」
「うぅぅ…。負けました…。」

膝から崩れ落ちた綾川先生をその場に残し、全員が生徒会室に上がる。
肩を叩きながら会長がぼやく。
「さーて、着替えて帰るか。戦隊ごっこも疲れるもんだなー。
皆で帰りに何か食べていくか?ななも一緒にどうだ?」
「え?いいの?じゃあ、喜んで♪」
「じゃあ、駅前のバーガーショップかなぁ…。」
「私、パフェ食べたいよ!」
総務と書記が行き先を算段している。
「にしても、副会長がこの学園の創始者のひ孫だったなんて、初耳だったなぁ。」
会計が算盤をジャラジャラ鳴らしながら言った。
「え?あれ?ハッタリだけど?」
「えぇぇぇぇ!?」
全員で副会長を見る。
「…なんか、無性に疲れた。ファミレスにして、好きなものを食べよう…。
財布が許す分だけだけど…。」

-終-
3




AutoPage最新お知らせ