ずっと好きだった

2019/1/3  0:25 | 投稿者: おるん

------------------------------------------------------------
#この物語はフィクションであり、
登場する人物・施設・団体は実在のものとは何ら関係ありません。
------------------------------------------------------------

◆◇◆ずっとすきだった◆◇◆

何の気なしに顔を出した同窓会。

久々に大阪転勤で戻ってきたと友達に伝えたら、じゃあ、久々に集まろうってことになった。
同窓会のつもりはなくて、ただ単に気心の知れた友達が数人集まるくらいだろうと思っていた。

10年間東京勤務だったから、行き慣れた繁華街も結構様変わりしたと感じた。
実家の近くはあまり変わっていなかったけど。

「よぉ、久しぶり!こっち!」

LINEで聞いた店に顔を出すと、仲が良かった蓮村が声を上げた。
LINEではちょくちょくやり取りしていたが、会うのは10年振りだ。

「中島、元気やったか?大阪戻ってきたんやって?」
「そうやねん。しばらく居れると良いんやけど、また数年でどっか転勤になるかもな。」
「でかい会社は大変やなぁ。」
「俺はただの歯車。社畜やけどな。」

見渡すと結構な人数が集まっていて、12〜3人といったところか。
俺が少し遅れてきたからか、ほろ酔いになってるやつもいる。

「とりあえずビール飲めよ。」

持たされたグラスにビールを注がれ、近くの人間とグラスを交わす。

「なんや、野郎ばっかりやと思ってたのに、女子も来てるやん。」
「まあ、何人か声掛けたら友達連れて来てくれて。こんなん、オッサンばかりじゃ華もないしな。」
「まあな。」

アラフォーの妙齢なので、大体は既婚者子持ちなんだろうな。
俺もそうだし。

グラスのビールをグイっと飲んで空けたところで、向こうからビール瓶を持って女子がやってきた。

「中島、久しぶりやな!中学生の時とあんまり変わらんね。」

空いた俺のグラスになみなみとビールを注ぐ。

「俺、そんなに子供っぽいかなぁ。西田は随分大きくなったんちゃう?」
「うるさいわ!子供3人も産んだら肉も付くわ。」
「うそうそ。この歳になってきたら、ちょっとポッチャリしてる方がええ感じやで。」
「ほんま?お世辞でも嬉しいわー。」

コイツが今日、ここに来ているとは思わなかった。
昔、片想いしてたけど、一向に気付いてくれなくて。
多分、今も俺がお前に片想いしてたって知らないままなんだろうな。

そんな俺たちを見て、蓮村がニヤニヤしてる。

「西田、良かったらここ座りいや。俺、向こうに行くし。」

蓮村が立ち上がったそのあとに西田がちょこんと座る。
中学生の頃と比べて太めになったとはいえ、元々小柄だったから、やっぱりかわいく見える。
当時と変わらぬ童顔で、実際の年齢よりは若く見える気がする。

同じテーブルの他のやつも交えて、今どんな仕事しているのかとか、結婚しているのか、子供は何歳なのかとか、あんまり興味もないだろうに、社交辞令で話をする。
そこから、当時の先生の話や先輩の話、好きだった人の話になった。

「え、俺?俺はガキやったから、好きなやつとか居らんかったよ。」
「あー!中島、逃げた!ずるい!!」
「そういうお前らはどうやねん!」
「えー。実は俺、3組の山下と付き合っててん。」
「私、一個上のバスケの川上先輩と付き合ってた。」
「ええ!?皆、そんなに付き合ってたん?俺、そんなん全く縁がなかったわ!」

西田は。。
西田は、陸上の高橋が好きやって、告白してた。
今日は、高橋は来ていないけど。。

俺と西田には一つだけ秘密と言うか、思い出がある。
ある日の放課後、西田が高橋に告白して振られた。
その後、鞄を取りに来た西田が、日直で教室に残っていた俺と鉢合わせした。

泣きながら教室に入ってきて、俺が居ると思ってなかったのか心底驚いて恥ずかしそうにしていたけど、余程のショックだったのかフラフラしてて。
思わず正面から両肩を掴んでしまった。

「大丈夫?」
「うん。。高橋に振られちゃった。」

絶句した俺を振りほどくこともなく、両手で顔を隠し、嗚咽をあげて泣き出した。
衝動で西田を抱き締めた。
泣き止むまで、何分もそのままだった。

結局、俺たちにはその後進展はなく、俺が西田を好きだったことは打ち明けられなかった。

「西ぴょん、そういや、高橋のこと好きじゃなかった?」
「そうやねん。黙ってられへん性格やったから、皆知ってたやろ?」
「んで、その高橋は、今日来てへんな。誰か誘わんかったんやろか?」
「あー、、一緒に来よかなって思っててんけど、子供預けられへんくってさぁ。私、アリちゃんとシイちゃんと行く約束してたから、お前行ってこいよって。」

「え!?」
「結婚した相手、高橋?」

西田の友達は知ってただろうけど、俺たちみたいなただの知り合いは知らなかったわけで。
風の噂にも聞かなかった!!

大学生のときにバイト先で再開して付き合い出したらしい。
子守りをする高橋。。想像つかない。。
というか、西田じゃなくて、高橋エリコなわけだ。。

なんだかショック。
俺だって結婚して、二人子供いるけど。

幸せそうな顔の西田がちょっと憎くなった。
ずっと好きだったんだぜ。
結局打ち明けられなかったけど。
これから先も言わないだろうけど。

そこに乱入してきた出来上がった蓮村。
「何?恋バナ?俺、西田のこと好きやってんで!コイツもな!」

なにそのカミングアウト!
しかも俺も巻き沿いかい!

言う気なかったのにぃ。。。

「もう昔のことやんけ!根性なかったから告白できんかったの!
つーか、お前も西田好きって知らんかったぞ!」
「お前がさぁ、めっちゃ深刻な顔して相談してくるから言えんかったんよな。」

ヒュー、と冷やかす声が聞こえる。

「中島って真面目で色恋興味なさそうやったのになぁ。」
「どうせ、俺はムッツリで、モテねぇよ。」
「中島、人気あってんで?でも、相手にしてくれへんやろって、女子は遠巻きに見てるだけやったわ。」
「えー、、、それ、中学時代に知りたかったわ。。」

宴もたけなわになって、店から出る。
何人かはこの後もカラオケかなにかに行くらしい。
「西田は行く?」
「旦那に悪いから帰るわ。」
「ほんなら、俺も帰るかな。歌下手だし。」

他の奴等と別れて、西田と二人きりになる。
改札まできて、別れ際に彼女がこう言った。

「あのとき、何も言わず泣き止むの待っててくれて、ありがとね。
私、あれから中島のこと好きになってんけど、人気あったし、振られるのが怖くて言えなくて。
言えたら付き合ってたかもねぇ。
じゃあね、またね!!」

そうして西田は駅の中に吸い込まれていった。

微かな薔薇の残り香。
お互いに大人になったもんだな。
久々に甘酸っぱいような切ない気持ちになった。
たまにゃ嫁さんといちゃつくかねぇ。

-終-
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ