音楽履歴書#19  音楽履歴書

2ヶ月ぶりの更新になります。

ですが、その前に謝らなくてはならないことがあります。

今日2つ更新予定でしたが、家の大掃除に熱中しすぎ、#20の更新は来年1月12日に変更します。


さて、音楽履歴書第19弾、今回の気になるアーティストは…紅白初出場が決まったあのアーティスト!



音楽履歴書 #19  平成19年12月29日現在

■氏名(フリガナ)
中村中(ナカムラ アタル・東京都・1986/6/28)


今回紹介するアーティストは様々なところで話題になっている中村中さんです。


私はデビュー曲「汚れた下着」というタイトルにびっくりして、次に「中村中」と出てきて「なんて読むんだろう…?」と思って…そこから気になっていきました。


その後「友達の詩」が大ヒット、その直後にはAAAの11st Single「チューインガム」を提供したりとさらに気になりました。


とにかく皆さんに聴いてもらいたい中村中さんの履歴書はこちら!




■生年月日
2006年6月28日、Single「汚れた下着」




■現住所
avex trax、公式Webページ恋愛中毒




■職歴
2ndS「友達の詩」(2006/9/6)
1stA「天までとどけ」(2007/1/1)
5thS「リンゴ売り」(2007/6/27)
6thS「裸電球」(2007/11/7)




■趣味
For Singles
2nd「友達の詩
忘れた頃に もう一度会えたら 仲良くしてね

手を繋ぐぐらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人が見えていれば上出来




5th「リンゴ売り
少し綺麗に見えりゃそれでいい
少し優しくなれりゃそれでいい
すれ違い様 耳につく他人の声
鼻先で 笑えればいい




6th「裸電球
あんたがよけりゃ 一緒に暮らそう
賑やかな毎日が あるだけましさ
派手な暮らしは 出来ないけれど 逃げたりしないよ





For Album「天までとどけ」
M-1「駆け足の生き様
駆け足の生き様 愛する為に生まれた
駆け足の生き様 いつかあたしの願い 天までとどけ



M-10「私の中の「いい女」」(※3rd Single)
涙の跡を 重ねて笑顔 何度も何度も重ねて
少し乱暴なやり方だけど そうやって強くなったつもりよ
/
失敗続きも たまにはあるもの 誰かを責めてはダメよね
でも忘れないで ほら思い出して そうやって強くなった筈でしょ

分厚い仮面を剥ぎ取って 素直になったらどんな笑顔かしら
涙も悲しみも剥ぎ取って 素直に笑って 私の中の「いい女」






■動機
@最初に耳にした(であろう)曲
1st「汚れた下着

上でも書きましたが、CMです。

だってデビューシングルが「汚れた下着」っていう衝撃的なタイトルですよ!?いいの!?…みたいな感じ。


結局この後、しばらく忘れていたのですが、↓で思い出すことになります。



Aもっとこのアーティストを知りたい!と思った曲
2nd友達の詩

上のCMから約3ヵ月後、「友達の詩」のCMで「あ、この人!」と思い出しましました。

数日後「僕らの音楽」に出演して初めて性同一性障害のことを知り、その後に聴いたこの歌が耳から離れなくなりました。



B最初に買ったディスク名
2nd友達の詩

ずーっと気になっててたまたま古本屋で格安で売っていたので買いました。

やっぱり買ってよかったです(^^)



C持ってるディスクで一押しの曲
裸電球

「友達の詩」もオススメですが、これも一押しです。

個人的には「リンゴ売り」がいいんですが、テーマが重いので聴く人によってはいろいろ考えてしまうと思うんです。

なので優しく、「あんたがよけりゃ 一緒に暮らそう」と言ってほっとさせてくれるこの曲で心が温まると思います。



Dアーティストお勧めポイント
ちょっと懐かしい曲風

多分、姉さんはデジタルっぽい音を使った曲はないはずなんです。

年もあまり離れていない(姉さんは21歳)のにそれにこだわり、曲を作っている姉さんはすごいなぁ、と思います。



■備考

暖かく包み込むような、そんな声の姉さんは最近の歌手の中では異彩を放っていると思います。

ずっと心に響く音楽を造りつづけてください!





以上、中村中編でした!


さて、次回のアーティストは今度の紅白に3度目の出場をし、3月に発売したシングルは年間チャート3位にランクイン。
今月発売されたアルバムは初登場1位を記録しました。

また、更新日もある意味ヒントになっています。



更新は最初にも書いたとおり来年1月12日となります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ