続・二度あることは三度ある。  つれづれなるままに。

会社で絶対に取りたくない電話があります。




「表示圏外」



とナンバーディスプレイに表示される電話です。




<表示圏外の電話とは>

日本国外からかかってくる電話のこと。
ごく稀に日本国内の場合もあるらしいが、そのパターンはほとんどない。








忘れた頃にかかってくるのがお約束な「表示圏外」の電話。

そんな電話が本当に忘れた頃である昨日、かかってきました。









時刻は3時過ぎ。




♪プルルルル〜




「表示圏外」


誰も出る人がいない…とりますよー。







「ありがとうございます。○○株式会社 青井でございます」

「あー、そちらは○○◇◇会社(※旧社名)かー?」



旧社名はあってるけど、なんかイントネーションが変だなぁ…



「はい、○○◇◇会社です」

「こちら、韓国から電話してるんですけど、合ってるのね。はいー」



ガチャ。
ツーツーツー…










何だ、その切り方!?
一方的過ぎるでしょ!!




…っていうか、韓国からかよ!!




まぁ、合ってることを伝えたので(というか相手が納得したので)もう掛ってこないよねー。










1時間後。



♪プルルルル〜





「表示圏外」


も、もしや…取ってみよ。





「ありがとうございます。○○株式会社 青井でございます」

「あー、こちら韓国から電話してるんですがー…」




やっぱりかかってきたー(><)




内容を聞き、「ちょっとお待ちください」と保留にして総務部長に相談したらそのままとって対応してくださいました。
ありがとうございます、部長(TT)






ただ、今までの「表示圏外」の電話と明らかに違って助かったことがひとつ。



日本語がわかる方でよかった(^^;)








さぁ、表示圏外の電話、次回はいつ掛ってくるんでしょうか(笑)



********

↓参加しています♪よければClickを☆
人気ブログランキングへ
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ