初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
20〜30代女性は栄養失調状態 若いのに筋肉スカスカ、生まれてくる赤ちゃんにも影響  精子提供に関するニュース

https://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/082800197/091800006/?P=3

3ページ目が一番妊娠に関係あるのでリンクしましたが、できれば1ページ目から読んでみてください。
きっと、これも少子化の原因の一つなんでしょうね。
0

第三者から精子提供減少 新規の不妊治療受け入れ停止 慶大病院  精子提供に関するニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011636151000.html

記事に、
「一方、精子提供をめぐっては、医療機関を介さず、インターネットなどを通じて個人的に精子の受け渡しを行うケースがあり、感染症の予防策が十分でないなど、医学的なリスクがあると指摘されています。」
と書かれていますが、私は感染症検査を定期的に受けていますし、要望されればいつでも新規の検査を受けますので、安心して提供を受けていただけると思います。

「新たに「出自を知る権利」を尊重した公的な精子提供者の登録システムを検討すべきでないかとしています。」
この点についても、私はお互いに情報を公開するのであれば実名もオープンにしていますので、ご希望の場合はおっしゃってください。
yumetama24@gmail.com
0

超絶妊娠しやすい時期が大学研究でついに判明!  精子提供に関するニュース

http://tocana.jp/2018/07/post_17627_entry.html

「スイス・チューリッヒ大学病院の研究者らが今年6月、専門誌「Chronobiology International」に発表した論文によると、精液の質が良いのは一日のうちだと早朝で、季節でいうと3〜5月の春のものが、最も妊娠の可能性が高いという。」

とのことです。精子提供の季節を春だけにするのは有り得ないですが、なるべく早朝に提供するというのは、早起きが大変ですが可能です。病院での人工授精や体外受精が早朝に行われることが多いのも、朝が精子の状態が良いからなんだそうです。

ちなみに、人工授精は午後や夕方もやってくれるところはありますが、体外受精は麻酔が必要で居の中を空にする必要があるので、早朝しかやっていないです。
0

排卵日がいいって本当…?最も妊娠しやすいタイミング  精子提供に関するニュース

https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171205/Allabout_456698.html?_p=3

初めてタイミングの取り方について読むのかたは、最初から読んでいただくほうが良いですが、
例外的に3ページ目をリンク先にした理由は、排卵後のセックスも意味があるという点です。
子宮内膜が精液へ暴露されることによってそれが免疫寛容へと繋がり着床が促進される可能性が
あることが様々な論文で指摘されているそうです。
私は、ご希望により同一周期に複数回提供していますが、排卵後と思われる場合にキャンセル
する場合、される場合が多かったですが、今後は排卵後かもしれなくてもなるべく提供します。
0

「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって Wrongful life訴訟と「生命倫理」の臨界  精子提供に関するニュース

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsr1950/55/3/55_3_298/_article/-char/ja/

ロングフル・ライフ (wrongful life, 以下WL) 訴訟というものをこの記事で初めて知りました。「自己の生そのものが損害とみなされる」訴訟とのことです。

これを精子提供の場面で考えてみると、生まれたお子さんが、ドナーや両親に対して「自己の生そのものが損害」として訴訟を起こすということになるのですが・・・

「しかしWL訴訟は論理的に無意味な要求である.なぜならそれは, すでに出生し存在している者が, 現実に自分が甘受している状態と自分が存在しなかった状態とを比較した上で, 後者のほうがより望ましいということを主張する発話行為であるが, 自分が存在しない状態を自分が経験することは不可能であり, したがってそのような比較を当事者視点から行なうことは遂行的矛盾をもたらすからである.」
これはもっともな論理だと思います。精子提供を受ける際に、生まれてもお子さんの将来がくらいものになることを心配され踏み切れないかたもいらっしゃるのですが、同じ論理で心配する必要はないのではと思います。

ちなみに私の提供でお子さんが生まれて困っているかたはいないですし、シングルマザーのかたや同性愛・性同一性障害のかたのカップルも含め、お子さんが自分の出自に悩んでいるケースも今のところ無いです。
0

赤ちゃん19人に1人、体外受精で誕生  精子提供に関するニュース

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170916-OYT1T50079.html

赤ちゃんの5人に1人は体外受精で誕生しているんですね。
私の提供でも同程度かやや多い比率だと思います。
昔は不妊治療で生まれた子が差別されたなんて言う話も一部にあったようですが、今は普通の存在になっています。

少し驚いたのが、「累計で48万2627人になった」という記載です。
1桁まで統計があるとは驚きました。
私も見習って、もう少し今までの提供についてデータ整備をしなければと思いました。
0

ダニの交尾の神秘──なんとロッカー渡し!?  精子提供に関するニュース

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/09/07/91227/

なんとササラダニのオスは、精子が入った精包を置いて立ち去り、その後たまたま通りかかったメスが体内に取り込み受精するそうです。これは私が提唱したロッカー渡しに近いものがあります。
しかし更に驚いたのは、島野先生はこれにロマンスを感じていらっしゃるとのことです。精子提供は味気ないと一般的に認識されていると思っていましたが、ロッカー渡しでもロマンスがあると思って頂ける人も意外に多くいらっしゃるかもしれないですね。
1

将軍・徳川家斉が「53人も子供を作った」ワケ  精子提供に関するニュース

http://toyokeizai.net/articles/-/185922

理由を要約すると、昔は乳幼児死亡率が高く、そんな中でお家断絶を避けるため確実にお世継ぎを設けるために多くの子供を作ったとのことです。他の将軍はそこまで子作りしていなかったので、女性と子供が大好きという面も有ったとは思います。

ここ10年ほどで始めった現代の個人精子提供のドナーも、徳川家斉以上に子供を残す人が出てくると思いますが、当然ながらお世継ぎを残すことは目的ではありません。

ではどんな動機があるかというと、人によってそれぞれだとは思いますが、私に関して言えば、困っているかたに提供して感謝してもらえるという動機、子供を多く残したいという動機、女性と子供が好きという動機の3つから成り立っています。

3番目の動機については、そのかたの状況により成功後はお会いできないこともありますが、メールでお子さんたちの成長や状況を教えていただくだけでも嬉しいです。状況により、奥さんに会わずご主人だけにお会いして提供することも多くありますが、多くの場合、成功後もメールで年1回ほど近況報告をいただいているので精神的に満足しています。
0

現代女性は卵子を無駄遣い? 「正しい生理」とは  精子提供に関するニュース

(日経WOMAN)
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/071100139/080800005/

>現代女性は出産の高齢化や出産人数の減少により、昔に比べて10倍以上、生理が来ているといわれています。そしてこの生理過多が、体のマイナートラブルや子宮内膜症といった婦人病を引き起こしているのです。
>女性の社会進出が進み、誰もが主体的に生きられる道が開けたことは喜ぶべきこと。しかしその一方で、生物学的観点から見れば、妊娠せずに生理がずっと継続している現代女性の生き方は不自然と言わざるを得ません。生理は健康のバロメーターですが、生理があり過ぎる今の状況は、実は不健康なんです。

私は関連の書籍をいろいろと読んでいるので、そういう傾向はあるとは思っていましたが、昔に比べて10倍も生理が来ているというのは驚きでした。
しかし、避妊法が普及する前の時代では、女性は平均で8人も出産していたそうなので、それくらいになると思います。
いろいろ考え方はあると思いますが、成人女性が長期間妊娠しないというのは、健康面でも代償があるようです。
0

スマホでできる、精子セルフチェック『Seem』が、「カンヌライオンズ2017」グランプリ受賞 日本初  精子提供に関するニュース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000559.000011414.html

気軽に精子チェックができるのは良いですね。私も使ってみたいですが、いまのスマホはアンドロイドなので、iPhoneに乗り換えたらぜひ使ってみたいです。
0

「卵子若返り」?で出産 大阪の施設が発表  精子提供に関するニュース

https://mainichi.jp/articles/20170622/k00/00m/040/082000c

どういう方法かというと、以下の通りです。
「この手法は患者の卵巣から、細胞の中でエネルギーを作るミトコンドリアを採取し、体外受精の際に卵子に精子と共に注入するもの。米国企業を中心に開発された手法で、一部では「卵子若返り」とも呼ばれる。」

有効性は疑問だとの意見もあるようですが、本当に有効なら高齢のかたにとっては非常に希望を持てる治療法なので、ぜひとも有効性を検証していただきたいですね。
0

(最高裁の画期的判決)性別変え2児授かった男性 講演で苦難の人生告白  精子提供に関するニュース

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201706/0010271279.shtml

この記事ででてくる最高裁判所の画期的判決で全国的に性同一性障害で男性に変わったかたでもお子さんと戸籍上で普通の関係を記載してもらえるようになりました。
本当に、前田さんは多くの人のために大きな未来を切り開いていただいたと思います。
ありがとうございました。

なお、前田さんに提供したドナーは私ではないですよ。
0

性教育って何だったの?体外受精説明会で感じたモヤモヤ…  精子提供に関するニュース

https://joshi-spa.jp/710179

やはり体外受精の成功率は加齢による影響が甚大だそうです。
検討されているかたは参考にしてください。

ちなみに、私にとっては体外受精関係の内容は何度も読んだことがあることでしたが、
「着床の前段階である「受精率」については、年齢によって大きく差はないそうです。まるで、男と女は年齢を重ねると、スムーズに仲良くなることはあっても、恋に落ちる確率がグッと低くなるのと同じですね。」
というのは、なるほどと思いました。

たしかに提供活動を通じてお会いする女性とは直ぐに仲良くなるのですが、若い頃のように燃えるような恋に落ちることは無かったですし、今後も多分無いと思います。

残念なのか良かったのか判りませんが…。
0

“究極”の不妊治療! 45歳以上で出産率50%超の「提供卵子」  精子提供に関するニュース

https://www.houdoukyoku.jp/posts/11663

私の提供でも、一人だけですが海外で卵子提供を受けて成功された方がいらっしゃいました。40代後半でしたが、3人のお子さんを授かることができました。

しかし、若いうちにご自身の卵子で授かるのが一番だと思いますよ。
以下のサイトも参考にしてください。

年齢別妊娠確率まとめ 妊娠率・受精率・着床率・流産率
http://www.e-tamago.biz/probability/
0

不妊治療に1000万円かかるって本当?  精子提供に関するニュース

https://allabout.co.jp/gm/gc/299817/

多くのかたに提供してきた実体験として、実際に1000万円もかかることは稀ですが、若いうちに子作りをしておけば病院は全く不要ですので、できれば20代、遅くても34歳までに妊娠できるように人生計画を考えるのがベストです。

しかし思いったったのがアラフォーのかたは非常に多く、今更そんな事を言っても始まらないので、不妊治療を利用されるならこの記事が参考になります。

まずは、保険で行える範囲で受けるのが第一段階だと思います。
<保険診療で行なえる治療例>
タイミング療法
クロミッド療法
HMG−HCG療法

それで効果が半年経ってもなければ、体外受精などに進んでいただければよいと思います。
0




AutoPage最新お知らせ