初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
山口もえ妊娠 睾丸摘出も衰えなかった田中裕二の生殖能力  精子提供に関するニュース

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/197301

新年早々、嬉しいニュースですね。片タマだと単純に考えて精子数が半分になってしまうのではと思いますが、それでも平均以上の生殖能力があれば自然妊娠は可能です。
日本人の精子濃度は平均6000万匹/ml、男性不妊とされるのは1500万匹/ml以下ですし、今の40代以上は今の20代より精子濃度は倍近く良いらしい(というか20代の生殖能力が悪すぎるのが問題で、早く原因を政府は調べるべきなのですが)ので、田中さんでも今の若者並の能力は持っていたのだと思います。

田中さん、山口さん、本当におめでとうございます!他の提供を受けている皆様も願いが早く叶うといいですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ