初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
「夫はいらない、子供はほしい」女子に 「セルフ人工授精」はアリか?ナシか?  精子提供に関するニュース

http://bylines.news.yahoo.co.jp/atsumishiho/20170121-00066813/

筆者の映画ライターである渥美志保さんも、セルフ人工受精について知らなかったようですね。
しかし、素人だった私でさえ「習字のスポイトなんかでセルフ人工授精してもらえばいいか」と
思いついたくらいなので、ちょっと頭をひねれば誰しも思いつく方法だとは思います。

しかし問題は、実際に提供してくれる男性を探すことですね。
いまは多くの精子ドナーが活躍されているので、妊娠能力がある女性が思い立てば、
いつでも妊娠できる良い世の中になっていると思います。
0




AutoPage最新お知らせ