初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
そっくりな親子と似ていない親子、その分かれ目は?  精子提供に関するニュース

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO96061440T10C16A1000000

遺伝の仕組みは、本当に複雑なのがよくわかります。
「人間の染色体は1セット23本なので、2の23乗で838万8608種類もの精子や卵子ができる計算になる」ということなので、子供の能力や性格が兄弟で全然違ってくるのも不思議ではないですね。

親としては、できれば優秀な子供が生まれてほしいと思うのが普通ですが、同時にどんな子が生まれても育てていこうという覚悟と、複数のお子さんを授かって(言葉は悪いかもしれませんが)リスクヘッジをするという両面の意識を持つ必要があるのではと思います。
0




AutoPage最新お知らせ