初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
「出自知る権利」先送り 特例法案、自民了承  精子提供に関するニュース

http://mainichi.jp/select/news/20150806k0000m040100000c.html

>法案は、卵子提供や代理出産で妊娠・出産した場合、「産んだ女性を母」と規定。夫の同意を得た妻が夫以外の精子提供を受け妊娠した子については「同意した夫は子の父であることを否認できない」と定める。

ここまでは想定通りで概ね良いのではと思います。代理出産では自分の卵子で子供ができたのに母になれないのは、当事者は少し残念に思うかもしれませんが。精子提供については、夫の同意が一度あれば避妊できなくなるのは配偶者のかたもドナーも安心して提供を受けられるようになるので大きな進歩だと思います。

「出自知る権利」先送りについては残念に思われるかたも多いと思いますが、私をはじめ一部の個人ドナーは出自を知る権利に対応している人もいますので、対応しているドナーを選べば解決できます。
0




AutoPage最新お知らせ