初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
セックスによる提供依頼について  

今まで提供方法として、セックスは挙げてきませんでした。
しかし最近、本気なのか冷やかしなのか判りませんが、セックスによる提供依頼のメールが相次いで来たので、私の考えをここで述べたいと思います。

まず、他の方法と比べての長所・短所をまとめました。
長所
・注射器作戦より確率が高い(射精後時間的に有利・興奮により膣の酸性が弱まる)
・病院を使うのと比べ、経済的負担が少ない
・病院を使うと精神的・肉体的苦痛が伴うが、セックスは状況によっては快楽が伴う
・確実にドナー(ゆめたま)の精子を受け取っていることがわかる
・ドナー(ゆめたま)の裸体を観察して健康状態を確認できる
短所
・依頼者が検査をしていない場合、性感染症をうつし合ってしまう可能性がある
・信頼できない相手だと、社会的にひどい目にあう(つつもたせ、最中の盗難など)
・既婚者・同性愛者で倫理的に受け入れられない人も多い
・(番外)もし有償で提供しているなら、売春となる可能性がある(私は無償提供なので関係ないですが)

もちろん私も性欲はありますから、デメリットが何も無ければセックスで提供することは魅力的に思えます。しかし、私の目的は、精子を得られないことにより子供を授かることが出来ない人の助けとなること、また会えなくてもいいので自分の子供を多くほしいことなので、「性感染症をうつし合ってしまう可能性がある」ことは、大きな短所となります。
また、セックスでも提供しますと記載したら、どんなかたでも感染症さえなければセックスせざるを得なくなってしまうこともあり、ブログでは提供方法として挙げていません。
3




AutoPage最新お知らせ