初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
化粧品等が早期閉経を招くと判明!!? 米大学調査  

ちょっとショッキングな記事ですが、ご紹介します。

IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議
【女性に悲報!!】化粧品やヘアスプレーに含まれる化学物質が早期閉経を招き、普通より2年早く更年期になると判明!! 米大学調査
http://irorio.jp/sousuke/20121024/33165/

どの程度気にすべきなのか書かれていないので何ともいえませんが、できるだけ「フタル酸エステル類」を避けるのがいいかもしれませんね。

ちなみに、私は化粧が薄い女性のほうが好みですよ。
0

精液のしくみと意外な効果!?  精子バンク以外で子作りできる方法

GIZMOというニュースサイトでこんな記事が載っていたのでご紹介します。

「精液を飲むと体に良い」はあながちデタラメじゃない? 健康に効く成分がいっぱい
http://www.gizmodo.jp/2012/07/post_10618.html

注射器作戦(シリンジ法)を行うにあたり役に立つことも書いてあります。「精液が凝固する意味は、その方が膣にとどまりやすく、子宮頸部に届きやすくなる」「また、その後再度液体化するのはなぜかというと、精子がよりゴールに向かって泳ぎやすくするためです」という説明は、注射器作戦をするコツは、精液を取ったら精液が液体化する前になるべく早く膣内に入れるほうが良いことを、よく説明してくれています。

しかし、セロトニンにより女性のうつ病を改善する効果と、抗原により女性の妊娠状態をより安定させ安産に導く効果があることは、私も知りませんでした。
でも、妊娠以外の目的で精子提供を求めるのは勘弁してくださいね。
0

排卵日検査薬は通販でも買えます  精子バンク以外で子作りできる方法

排卵日検査薬は、2009年の薬事法改正で普通のドラッグストアの店頭から消えてしまい、処方箋を扱っている薬局で店員に言って出してもらい、住所氏名を書かないと買えなくなりましたが、通販では普通に売っています。

Yahooなどの検索エンジンで「排卵日検査薬 通販」などと検索すれば多くのサイトがでてきます。薬局が遠いかた、店員に言うのは抵抗があるかたはぜひ利用してみてください。
1

感染症の更新検査を受けました  精子バンク以外で子作りできる方法

精子ドナーが性感染症にかかっていたら、提供の度ごとに感染症を広めて大変なことになってしまいますので、私は年に1回更新検査を受けることにしています。
今年は10月15日に感染症の更新検査を受けてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
結果の画像はトップページにも掲載してあります。
今回は、採血に加えて尿道に棒を入れての検査も先生の方針でしたので、ちょっと痛い思いをしましたが無事に何も問題なしとの結果をいただきました。
1

「肥満が不妊の原因」はウソ!?  出産準備

IRORIOで、興味深い記事を見つけました。
「肥満が不妊の原因」はウソ!?ダイエットすると性欲が増すため妊娠しやすくなるだけとの研究結果
http://irorio.jp/asteroid-b-612/20121022/32916/

私の職場でも、40歳のかなりふくよかなかたが5人目をご懐妊されたので、これは当たっていそうです。
0

高齢の父親から生まれた子は長生き?  

精子ドナーの適齢期は一般的に50歳といわれています。
精子数や運動率は20歳から50歳までは、大病しない限りほとんど変わりません。
(女性の場合、卵子ドナーとしての適齢期は30歳まで、大半の女性は40歳までに妊娠が難しくなるといわれていますが、男性の場合はそれより20年ずつ遅い感じです。)

30代前半から精子提供を始めていた私も40代になり、ドナーとしての賞味期限はあと10年くらいかなと思っていましたが、少し高齢男性に嬉しいニュースがありました。

高齢の父親から生まれた子は長生き?米研究
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2883962/9111860

高齢の男性が子孫を残すと、染色体の先端にあるテロメアDNAの長さが伸びる進化的適応が急速に起こり、より健康的に年齢を重ねることが可能になるそうです。
確証を得るには更なる研究が必要とのことですが、私が50歳になったときに確証されていたら、もう少し精子ドナーとして活躍できるかも、と思いました。
2




AutoPage最新お知らせ