ハーブについて

2009/10/20 | 投稿者: 制作R

シンチャオ!

今日はニャーヴェトナムで使用しているハーブについてちょっとおはなしします。

恵比寿本店ではチャージとしてハーブ入りの野菜ボウルをお出ししています。
揚げものを巻いたり、フォーの中に入れたり、お料理と一緒にいただきます。
正直入社当初は「なぜ葉っぱ・・・?」と訳がわかりませんでした

そのハーブですが、今ニャーヴェトナムでは
八ヶ岳の直営ファームハーベジガーデンのヴェトナムハーブを使用しているんです。



山梨の美味しい空気、自然の中で育ったハーブは最高に美味しいです。
ベトナムで食べたハーブとおなじで、強い香り、しっかりとした味がします。でもお料理の味を邪魔しない、というかさすがヴェトナムハーブ!ベトナム料理にぴったり合うんです。


今日、高円寺にあるAuthentique(オーセンティック)のオーナーシェフ中塚雅之さんとお話しをする機会があり、ヴェトナムハーブや食材について盛り上がったので、ブログで書こうと思いました。
中塚さん、貴重なお時間ありがとうございました!


「やさしい味わいのベトナム料理」ですが、
味だけではなく、その素材もちゃんと身体にやさしいものでありたいですよね。


初めてベトナムに行った時、ローカルの食堂に入ってものすごい量のハーブがテーブルに置いてあったのに驚きました。
こんなたくさんの量、日本じゃそうとう高い!
クリックすると元のサイズで表示します


ではまた〜。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ