三毛猫の白玉、白黒猫のメイ、キジトラ男子コトラを中心にした時々の記録です。猫写真、陶器作りなども。

2013/4/22

ラストステージ  家猫

クリックすると元のサイズで表示します

続きを書こうと思っても、いざとなると何を書いていいかわからず、ずいぶん放置してしまいました。
更新がないのに見に来てくださった皆さんごめんなさい。
私も白玉やメイも元気です。


先日ようやくコナツを我が家に連れ帰ってきました。

ハミを送った時は立ち会ったんですが、今回はそれもできず家で見送ったまま遺骨を引き取りに行ったのが20日の事です。
コナツも家に帰ってきて、ようやく落ち着いて眠れるかと思います。小さなひと区切りです。

そうは言いつつ、あんまり平穏すぎるのも落ち着かないものですね。
白玉とメイは手がかかりません。
そりゃ、ごはんはいつでも食べたいし(白玉)、かまって欲しくてやたら話しかけてくるし(メイ)・・それなりに要求はあるんですが、それでもね、なんだか全然違う。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそもコナツという猫は、自分が一番でなければ気がすまなくて、甘ったれ。
ついでにいかにも女子猫らしいややこしい性格で、そのわがままぶりに正直かなり手も焼きましたけど、プリマだからそれも当然かな、なんて。

おかげでふたりの妹分たちがどれだけ大暴れしようと、楽だったらありゃしない。
気が抜けてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

だけど、どれだけ埋めようとして、この大穴は他の誰かに埋められる類のものではないのだし。
(可愛いさかりの仔猫がどれほど大挙してドアを叩いたとしても!)
いやいや、ホント。とんでもない事です。
猫神さま、これはものの例えですからくれぐれもカンチガイなさらないよう。

クリックすると元のサイズで表示します

実はつい2日程前に、早朝、どこかで微かな仔猫の声がして目が覚めました。

夢うつつの中「コナツ、いくらなんでもまだ早いよ」とかなんとかつぶやいて、覚醒し、がばりと布団を跳ね除けて玄関に向かって飛び出してから・・気がつきました。

「ひぃぃ〜〜」と風呂場から助けを求める声の主は、白玉くんでした。
自分で閉じこもっておいてねぇ。
ああ見えてハイトーンボイスなので、ちょっと仔猫みたいな声と言えなくもないんです。
朝からとんだお騒がせでした。

***


そんな風に『ねこさか家』も、どこか欠けた状態が「日常」になりつつあります。
まだちょっとしたきっかけで涙腺が危い事になりますが、それでも少しずつ。

だから、このブログでもこの記事以降は、コナツとの別れについてあれこれを書くのをやめようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、やはり最後に、あの日の事だけは書いておきたい。
それはそれは、バレリーにゃコナツのお別れは見事だったから。

お時間あれば(続きを読む)からどうぞご覧くださいね。


続きを読む
7
タグ:



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ