三毛猫の白玉、白黒猫のメイ、キジトラ男子コトラを中心にした時々の記録です。猫写真、陶器作りなども。

2009/10/4

選ぶ。  その他

ここに書くのは初めてですが、今年の春思い立ってカルチャースクールで「猫写真」の講座を受けました。
月に1回、課題に沿った写真を撮ってA4にプリント、それについて人前で説明(というか言い訳というか・・)し、講師の先生からコメントやアドバイスをいただくという流れです。

日頃「猫かわいらしやホーレーホー♪」という感じで、ただシャッターを押しているので、何かしらの意思を持って写真を撮る、又は、写真を選ぶという作業はなかなか新鮮で、そのよーな気持ちでもって人様の写真を見る、というのも興味深いものでした。

さて、その講座の半期の〆として、先日出されたお題は「ベストショットをフレーミングする」というものでして。

コレがねー、結局、提出日の出かける5分前とかにようやく何枚かプリントして、額とは別に持って行くという暴挙に出た私です。
ちなみに、そんな奴はわたくしひとりでございました。皆さんえらい。

・・・・と言う事で、その何枚かの中で最終的に選んだのがこちら。

クリックすると元のサイズで表示します
えいやーっとな。

メイの気合い勝ち?(笑)

選ぶにあたっては、先生に質問されつつ、いちおう自分で選ぶという体裁を。
曰く、「まず季節感で言うと・・?」
曰く、「それぞれ、どこがいいと思いました?」
曰く、「ウチネコとソトネコだったらどちらを?」
曰く、「展示するとすれば、印象的なのは?」
最後の一言。「他の人が撮りにくい(条件を揃えるのが難しい)ものは?」

・・・ほーお、なるほろ。
そうやってひとつひとつ自分に向かって質問してみると案外決められるものなのか、と。

ちなみに、次点はこちら。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
ある〜日、森の中、くま(猫)さんに出会った♪

あ、偶然にも両方タテ位置。

ふと。
1枚1枚の作品それ自体の魅力とは又別に、その作品が選ばれて、更にはどういう見せ方で、並び方までじっくり考慮されてはじめて、展示作品として成立しているという事に、改めて思い至った次第です。
みなさん、すごいです。(何を今さら)

私自身の覚書&なんらかの参考になるかも知れんと思って、長々と書いてみました。(>_<)

あ、そうそう。
その「猫写真」講座とは・・・・。

続きを読む
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ