2014/5/26

L'As du Fallafel  パリ旅行2014

Fallafel(ファラフェル)を知ったのは、前回のパリ旅行でした。



ファラフェル・・・♪

クリックすると元のサイズで表示します


お肉類苦手な私は、旅行中の食事に結構悩みます。

読めないメニューで注文して、THEお肉のお料理が来たら・・・。

ファラフェルなるモノを知った時、コレなら!と嬉しくなってしまいました。

まぁ〜るい揚げ物はひよこ豆のコロッケ、揚げナスに生のお野菜がたっぷり〜♪

残念ながら前回いただく事が出来なかったので、今回はしっかり予定に入れておきました。

大きいんです、両手にいっぱいくらいの大きさです。


1番人気だと言われているお店です。

クリックすると元のサイズで表示します


この行列の後ろに私がいるの・・・。

並んでいると、お店の方が注文を聞きに来てくれます。

いくつ欲しいのか?飲物は?と聞かれ、こたえるとメモに注文を記入してくれます。

お支払いもそこで済ませ、順番が来るのをひたすら待つわけです。

順番が来てそのメモを渡せば、その場で作ってくれます。

その時に、色々なお野菜トマトは?ナスは?みたいに聞いてくれるのですが、

大抵の人は「Everything!」ってこたえるんですよね〜もちろん!私も!

ソースも3種類あったかな?そちらも、リクエスト可能です。

美味しかったです!私、大好き!またいただきたいです。

お店の中はとっても混みあっているから、みんなテイクアウトして歩きながら食べています。

食べ始めたら、雨が降り始めました。

パリの雨は長く降り続く事はないのですが、近くの建物の軒先で雨宿りをしました。

もう少しゆっくり味わいたかったのですが・・・。


雨宿りをした先にあった建物です。

歴史を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


マレ地区は、大好きな地区です。

1

2014/5/22

ル・ボン・マルシェ  パリ旅行2014

ギャラリー・ラファイエットやプランタンは、観光客が多いのですが、

7区にあるル・ボン・マルシェは、地元の人が多いように思います。

本や文房具をみた後、食品館に寄ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


美しいディスプレイ・・・高級感漂ってます!お高そうです!

お野菜撮り忘れた・・・残念。



普通にお野菜買っているマダム、いらっしゃいましたよ〜。




1

2014/5/22

PANORAMIC  パリ旅行2014

ギャラリー・ラファイエットの屋上からの眺めは、ステキです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



この日は曇り空、今にも雨がぱらつきそうな空でした。

雲は空に表情を作ってくれるから、写真にすると雰囲気が出ますね。



遠くに見えるエッフェル塔。

クリックすると元のサイズで表示します


ズームしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します


オペラ座の裏側が、すぐ目の前です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




夕刻でしたが、パリはまだまだ暮れません。

午後9時は、昼間のように明るいのです。

旅行者にとってはありがたい事ですが、暮らしている方にはどうなんでしょう???


2

2014/5/19

MAISON ATELIER FOUJITA を訪ねて  パリ旅行2014

念願のレオナール・フジタ(藤田嗣治)のアトリエを訪ねました。

パリ郊外にあるそのアトリエまでの道のり、長かったです・・・。

行き方をネットで色々調べましたが、とても分かり難いのです。

知り合いのフランス人ご夫婦にSOSをして、電車の時間・バスの時間等諸々調べてもらいました。

フランス語も英語も、分からないしね〜(涙・・・)

土日は予約なしでOKなのですが、土曜日の夜に着くので土曜日は無理、

日曜日はどうもバスが動いていないらしいので、こちらも自力では無理だと判断しました。

ちなみに駅からタクシーも考えましたが、田舎の駅前にはタクシーは止まっていません。

電話で呼び出すしか手がないようなのです。(絶対に無理!)

腐った頭を駆使して英語で訪問依頼のメールを書き、OKをいただいたのです。

そんなこんなで、パリに着いた翌々日、アトリエへの旅をスタートさせました。

珍道中とは一言で言えないほど、苦労の果てたどり着いたのですが・・・。




                      最寄りのバス停です。
クリックすると元のサイズで表示します

振りかえれば、こんな景色が広がっています。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、村の入り口、道なりにとにかくまっすぐ歩いていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

正面にこのレストランが見えてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

レストランを道なりに右折しました。
クリックすると元のサイズで表示します
奥に見える白い建物が、目指す場所です♪

あ〜見えた!間違ってなかった・・・この時の安堵と喜び・・・。


まぎれもなく憧れのアトリエでした。
クリックすると元のサイズで表示します
何度もネットで見ましたから〜このSマーク!!!

予約した時間にはまだ少し時間がありましたので、写真を撮りながらキョロキョロしてました。  
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お向かいのお宅です。
クリックすると元のサイズで表示します
レストランもそうですが、建物がことごとく可愛いのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歩いてきた道を振り返って・・・。
クリックすると元のサイズで表示します




ようやくたどり着いた憧れの地でしたが、この後、大どんでん返しが待っていました・・・。

ウソでしょう〜?????

私の責任です!すべて私が悪かったのですが!

ハイ!私・・・リコーンフォームを忘れました・・・。

と言うわけで、苦労の末たどり着いたアトリエでしたが、中に入ることは出来ませんでした。

小さな村です、アトリエの前でずっと待っている日本人の事はたちまちのうちに噂になったのだと思います。

色々な方に助けていただきました。

近くで工事をされていた作業員の方たち、英語が全く話せないのに手を尽くして下さいました。

道路で走ってくる車をとめ、英語が話せるか?と聞いてくれました。

田舎町のことですから、英語が話せる人は少ないのです。

そうこうしていると、村の長老とでも言うのか、年配の男性2人が車で駆けつけて下さったのです。

そして、色々なところに電話をして、役場の方と思われる女性を呼んでくれました。

メールを見せ、今日の予約をOKしてもらっている旨を伝えました。

この間ずっと、とんちんかんな(私だけです)英語のやりとり・・・。

そして、リコーンフォームをしてなかった事に原因があった事が分かったのです。

ショック〜!!!!!泣きそうになりました、本当に!

この女性が、最寄りの駅まで車で送って下さって、なんとかパリまで戻ってきました。




ショックな出来事ではありましたが、出会った方たちは皆とても親切でした♪

駅の係の方たちよりも、偶然出会った方たちの方が100倍も親切にしてくれました。

中学1年生レベルの英語で質問をすると、一緒に歩きまわってバス停を探してくれたり・・・。

バスのドライバーさんも、降りるバス停で声をかけてくれました。

フランスの方たち、とても優しかったです♪

ここで、大きな声で伝えたい・・・ありがとうございました!と!





言葉の壁、痛感しました。

フランス語は無理にしても、英語は少し勉強したいなと今更ながら思ってしまった私です。










1



AutoPage最新お知らせ