2014/11/20

11月15日〜16日『青野原オートキャンプ場』2014年晩秋その2  青野原オートキャンプ場

11月15日〜16日神奈川県相模原市緑区にある『青野原オートキャンプ場』へ今年12回目の出撃のファミキャンです。
その1の記事⤵
http://happy.ap.teacup.com/nariagari/378.html

ある対策をしてシュラフに入りました。

そうある対策とは『猫対策』です。

受付でも猫について注意するように言われました。名前は伏せますがとなりのキャンプ場に住み着いている猫がやってきて害するのです。
11月は三週連続でキャンプで三週連続で猫に遭遇しますがここに来る猫はかなり手強い。
例えば2ルームテントを背にして外で食事や焚き火をしていたらやられます。昼間も同じ。夜寝ていると前室に侵入されます

リビング内のゴミ類は車へ。食材や調味料もツールboxやクーラーboxへ。
テントのスカート部分もしっかりペグダウンさせテントの外にジェントスのLEDランタンの赤色灯を付けシュラフに入ります。
朝です
クリックすると元のサイズで表示します


かなり冷え込みました。晩秋というより冬キャンプ。
テントも軽く霜が着きました。
クリックすると元のサイズで表示します

猫対策で赤色灯を着け外に置いたLEDランタンも⤵。
クリックすると元のサイズで表示します

結果から言うと今回は夜中のテント内(2ルームテントのリビング)への侵入はありませんでした。

さて朝食。我が家の女子たちはホットケーキと決めておりオヤジはあまり好きではないので飯盒で米を炊きます。
クリックすると元のサイズで表示します


飯盒の内側の底にオリーブオイルを塗っておけば焦げ付きも無くアフターケアが楽です。

そして私はこれ。中華丼。定番化してきたメニュー。
クリックすると元のサイズで表示します


女子たちは私が『ホットケーキミックス』を忘れて来た為に急遽メニュー変更にオヤジに冷たい視線。

日が照ると暖かくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シュラフも干して家に帰ってからの手間を省略。
クリックすると元のサイズで表示します

内側がかなり結露したのでこんな感じて乾燥。
クリックすると元のサイズで表示します

アウトの時間に制限がないので(一日単位で二日分支払い済み)ゆっくり午後からの撤収にしています。
今回も釣りをやりましたが釣れないと感じ10分でやめました。
バドミントンで遊ぶ娘たち。
クリックすると元のサイズで表示します

昼頃から太陽の位置でサイトに日が照らなくなりました。青野原オートキャンプ場の入り口から半分程は日が当たります。対岸の新戸キャンプ場は朝からずっとガンガン日が照っているので秋冬キャンプには良いですね。
クリックすると元のサイズで表示します


青野原オートキャンプ場。GWやオンシーズンの連休時など隙間がない程テントで埋まります。
炊事場や🚻が点在していますが今回使用した炊事場と🚻。
ワイルドなキャンプサイトでありながら清掃はいつもキレイにしてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後に昼飯を簡単に焼きそばで。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サイトの前が道志川というロケーションも素晴らしい。今回で4回目の青野原です。
クリックすると元のサイズで表示します

そして恒例のテントの空気抜きにはこれが一番
クリックすると元のサイズで表示します

プッシュアップポールで永ちゃんの『トラベリンバス』の歌まねをする下娘。
クリックすると元のサイズで表示します

今回設営をしたのはこの場所。川砂と海砂と土混じり。地中にゴロ石が多くソリステが打ち込めないところもあり。
特に整地してあった最奥(下流側)の一部は増水で石が流れていて再整地しないと山岳状態。
クリックすると元のサイズで表示します


土曜日の14時30分in〜日曜日14時30分out。
入りは遅かったですがゆっくり楽しめた二日でした。
クリックすると元のサイズで表示します


そして青野原オートキャンプ場からの〜道志川温泉『紅椿の湯』で一泊。
クリックすると元のサイズで表示します


今回のファミキャンでの学習。
○早めに焚き火をしたのでキャンプした時間が長く感じた。
○永谷園の煮込みラーメンは我が家の鍋料理いきなり1位。
○猫対策で勝利。
○新戸キャンプ場からの逆パンダサイトを経験。
○その新戸キャンプ場に『ヤッホー』と娘が叫ぶと新戸キャンプ場のキャンパーさんが山彦してくれた。
○同じ条件で寝たのにオヤジだけ寒く冷え性を再確認。
○翌日は紅椿の湯で宿泊。やはり布団の暖かさ柔らかさにキャンプへの心が折れかけた。

以上今年12回目の出撃レポでした。年末に今年ラストキャンプを予定しています。


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ