2015/7/28

40回59泊のキャンプを経験しました  キャンプ関連

先日の『オートキャンプinむじな』の2泊のキャンプで40回目のキャンプ&59泊のテント生活を経験する事が出来ました。

きっかけは2011年。

夏の家族旅行としてコテージ・ペンション系の雑誌を購入し、8月に2泊で行ったのは『メープル那須高原』。
その時に宿泊したのはけっこう立派なコテージ。
それでもBBQしたりダッチオーブンで燻製作りをしたりキャンプに来た!と普通に感じたが、そこで見た「オートキャンプ」の存在。

皆、テントを設営しその区画内をまるで別宅を建て生活している様子に、正直カルチャーショックを受けました。
そして帰路ではもう「あっち(オートキャンプ)でキャンプがしたい!」そう盛り上がりました。

予算を10万円として、テントやその他必要であろうと思うものを大体揃え、カルチャーショックを受けた1ヶ月後に遂に本当の「キャンプ」デビューをすることが出来ました。

事前に公園でテントの設営を練習し、このブログの1回目の記事がそのデビューになります(元々は日常を書いていたブログをキャンプブログに変更しました)。

その1回目の記事↓↓
http://happy.ap.teacup.com/nariagari/1.html

2011年は 2回。
2012年は 6回。
2013年は13回。
2014年は13回。
2015年は 6回出撃、更新中。

行ったキャンプ場回数、上位3位。

1位『このまさわキャンプ場』10回出撃。神奈川県相模原市緑区。
目の前の道志川。遊泳出来て、釣り出来て、キャンプを楽しめるキャンプ場。キャンプデビューした大好きな場所です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2位『青野原オートキャンプ場』4回出撃。神奈川県相模原市緑区。フリーサイトの巨大キャンプ場。春と晩秋は静かにキャンプが出来ます。イン、アウトが緩いが設備のトイレや水回りは清掃が行き届いています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




3位『秩父彩の国キャンプ村』 3回出撃。埼玉県秩父市浦山。
東京生まれの東京育ちの私は、ここを自分の田舎と設定したくなるキャンプ場。村長(オーナー)ファミリーの人柄のファンが多いです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


3位『青根キャンプ場』3回出撃。神奈川県相模原市緑区青根。
毎回来る度に設備が良くなり、キャンプ場ガイドでは古い情報になっていて残念。
隣接する、温泉施設があり、温泉キャンプが出来ます。電源サイトも更に良くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


40回の出撃の内、25回は「道志みち」沿いのキャンプ場。
そしてキャンプデビューした『このまさわキャンプ場』には10回と多い。
家が多摩ニュータウンという事で下道から橋本→津久井湖→道志みちと行け、道志みちの神奈川県相模原市側のキャンプ場は家からも近いので行きやすさもあり、回数が多いです。

子どもの成長もあり、キャンプスタイルも少しずつ変わり、下娘(3年生)との父子キャンプも3回と増えて来ました。

また40回の内、3回ソロキャンプも経験。
近い将来はキャンプを続ければ、ソロキャンおやじになるでしょう。

でも家族で始めたキャンプを後、数年4人で行かれたらと願うおやじです。

8月の夏キャンプ第二弾。
北関東での長期キャンプに待ちきれません。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ