2013/12/31

急性アルコール中毒  日記☆

夜の12時過ぎ、長男が友だちを連れて帰ってきた様子。

私はもう寝てたけど騒がしいので目が覚めてしまいました。
うとうとしながらも、いつまでたってもドタバタ騒がしくて
私は寝つけずちょっとイライラ・・・・

いい加減限界で怒りながら部屋を出てくと
「友だちがゲロったんだよー 今片付けてるから」と長男。
「すみません」と友だち。


「まったく もう!!」と怒りも冷めないまま部屋に戻って布団に入ったものの・・・

息子の友だちが吐いたって言ってるのに

今の私の対応って看護師としてどうなの??

いや人として「大丈夫?」の一言くらい言えないの??

と考えてたら寝れる気がしなくなってきたので今度は手伝うつもりで部屋をでました。


そしたら

トイレの便器もその周りも嘔吐物とトイレットペーパーでいっぱい。

ふと見ると玄関が開いている。

外廊下に誰か倒れてるーー!

声かけに反応もないし、上を向いたままだらだら嘔吐している
あきらかに泥酔とは違った状態のもうひとりの友だち(中国から帰国中の子だった)。

窒息しちゃうよ。

体の向きを直して119番。

友だちのところに戻ると嘔吐物の上に顔がのってる状態で
手袋が欲しいな・・と思いつつ
顔を拭いたり口の中を拭いたりして救急車を待ちました。
その間も反応なく・・・

息子たちに聞くとこの子は
アルコール度数40%のウォッカを1瓶(750ml)ラッパ飲みしたそう・・・

救急隊が来て名前年齢住所を聞かれて家族に連絡をと言われたけど
身分が分かるものが何もない。携帯もない。
成人式のために帰国してるから20歳なんだろうけどもしかしたらまだ19歳かも?

5年前の連絡網を出してきて息子が家電にかけるとお母さん(多分)がでて
「私日本語分かりません」って切られたそう。

本当に中国人だったんだ!!

結局身元不明で警察まで呼ばれてしまった。

その後この子は私の勤め先の病院に息子と友だち付き添いで搬送されて
私もあとから行ったらすでに処置中でした。

どうにかお父さんとも連絡が取れたようで駆けつけてきました。

スタッフとの会話はまず日本語でスマホに話しかけると中国語に変換されて
それを見てお父さんは日本語で答えてました・・・

親がいるなら、と思って私は帰りましたが

「お父さん、息子さんね、お酒飲み過ぎて、運ばれたの」と
先生の大きな声が聞こえてきました。

先生・・・お父さんは耳は遠くないけど。


翌日、というか0時をまわってたので同日
すっかり元気になってお寿司を持ってお礼にきてくれました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ