続き・オーストラリアでの妊娠事情  妊婦生活・再び

オーストラリアでは出産の仕方、妊娠中のケアに関して
結構多くの選択肢があるのですが、
先ほどからその多くを書き込んでいる途中に、
なにやらエラーが起こり、
すべてが消えてしまいました・・・号泣
それをまたすべて書き直す気力が残っていないので、
私が選択したものを中心に、「続き」としてお送りいたします。





大きく分けて
パブリックホスピタル(公立病院)での出産
と、
プライベートホスピタル(私立病院)での出産が選べます。

私は、診察、出産、入院、一切費用がかからないパブリックを
今回も選択しました。
ロイヤル・ブリスベン・ウィメンズ・ホスピタルという病院です。

でも退院は基本的に出産の2日後、
病院食は最悪(こんなので良い乳は出ないでしょう!!というレベル)など、いろいろなマイナス点はありますが、
費用がかからないのが大きな魅力であります。

私の場合は、実際に出産をするロイヤルブリスベンとの、
GPとの共同ケアを選びました。

まず、GPとは?ですが、
General Practitionerの略で、言ってみれば町医者、
見たいなものでしょうか?

胃が痛くても、
風邪を引いても、
耳が痛くても、
手足を怪我しても、
妊娠しても、

まずこのGPにかかります。
たいしたことない症状であれば、GPどまりですが、
更なる検査・治療が必要だとDrが判断した場合は、
紹介状が出され、それを持って専門医のところに行くことになります。

ですから、日本のように、
胃が痛いから内科へ、
耳が痛いから耳鼻科へ、
皮膚がただれたから皮膚科へ、
妊娠したから産婦人科へ、
などと、かってに「専門医」のところへ行けないのです。

しかも、いざ専門医にかかろうと予約を入れようとすると、
人気のある専門医であったりした場合は、
一番早い予約の日が2〜3ヵ月後、なんてこともざらにあります。

その間に症状が悪化して、
最悪なく亡くなってしまう・・・・なんてことも起こっているのかもしれません。

恐ろしいです・・・


前置きが長くなりましたが、
私が選択したGPとの共同ケアでやることといえば、

 〜28週・・・・GPで4週に一度の検診
29〜36週・・・GPで2週に一度の検診
その後生まれるまで・・GPで1週間に1度の検診


検診では尿検査、血圧、体重を量って、
おなかの上から触って状態を確かめたり、
赤ちゃんの心音を確かめたり・・・ぐらいですかね。
それぞれの検診のデータは、ロイヤルブリスベンに送られます。

あ、ちなみにこのGPでの検診には費用がかかりますよ。
メディケア(国民健康保険のようなものです)で8割カバーされるので、
一回の検診で1000〜1500円ぐらいなもんでしょうか。

それから、
血液検査を、妊娠がわかった時点、28週、36週の3回します。
データは同じくロイヤルブリスベンに送られます。
これは無料です。

それから、実際に出産をするロイヤルブリスベンにも
出産までに何度か足を運ぶことになります。

ロイヤルブリスベンは家から少し離れているので、
家に近くにあるGPで定期検査をするほうが
いろいろな負担が少なくて済む、というのが、
このGPとの共同ケアの利点です。

ロイヤルブリスベンには、

11週〜13週の間、18週〜20週の間の2回行われる
超音波検査

18週のとき、出産に際する希望などを伝えるため+検診で
助産婦に会う

30週のとき、助産婦による検診

36週のとき、ドクターによる検診

の、計5回しか出産前には行きません。
これらもすべて無料です。
というか、メディケアで100%カバーされます。

もちろんこれは、経過が順調なときの話です。
血圧が高い、貧血がひどい、赤ちゃんの成長状況を確かめたい、
など、GPの判断によって、
血液検査や超音波検査がそのつど追加されたりします。

バナのときは、胎児が小さい、という理由で
何度も何度も超音波検査を受けにいかされました。
ただバナが小さかっただけで、おなかの中では元気いっぱいだったから、
私は全然心配してなかったですけれど。

ということで、日本の妊娠に関する本に載っているような、
「産婦人科でエコーを受けて、胎のうを確認しました!」
などということは、ないのです!!!!!

検査をして妊娠していることは知っているのですが、
映像としてみてないので、
つわりで具合の悪い私は、ただの病人???
みたいな感覚で先週までを過ごしてきてました、実は。

だから金曜日、
まだ感じることはできないけれど、
自分のおなかの中でちゅるちゅると動いているベイビーを
初めて見れて、本当にほっとしました。
頭からお尻までが7.5センチということでした。
すくすくと大きくなってね。


今日は文字ばかりの、まじめ〜な更新でした。









トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ