ニューマシーン  プライベートたいむ

     先週末、あたらしい掃除機を購入しました!

           じゃじゃじゃじゃぁ〜ん
クリックすると元のサイズで表示します
たかが掃除機に、この大きな写真!!
私の喜びを表しているようでしょう?

が、しかし・・・・


重い!!!

私達が日本に帰ってくる前日、
義母がいつもの掃除機で家を掃除したそうです。
この義母、とてもいい人なんですが、
「片付けられない女達」を地で行く人です。
日本では、家族中で一番の片付けヘタと
虐げられていた私が、
今ではこの家一番の片付け上手!!!!
普段、掃除は私の仕事です。

そしてこの、いつもの掃除機、といういやつがまた、
20年戦士

そんな義母がめずらしく掃除機を使ったせいか、
この20年戦士がとうとう、火を吹いたらしい。

ファイヤ〜!!!
見たかった!

やった、ついに壊れた!!!
新しいのを買おう!!!ということで、
喜び勇んで、先週末にやっと新しい掃除機をかって来ました。

うちはカーペットのスペースが結構あるので、
カーペットをちゃんと掃除できるパワーのあるやつを、
ということで、ちょっと奮発しました。

実家の母が使用しているものと同様、
ヘッドがパワーヘッド、といって、
へッドにモーターがついてて、
カーペットの上でもガンガンいってくれます。

が、重い!

クリックすると元のサイズで表示しますちょっと見えにくいでしょうか?横に置いた単行本と大きさを比較しているつもりなんですが。
実家の母のものと比べたら、ヘッドは母のものの1.5倍はあるかと。


パワフルなのはいいけれど、
オーストラリアサイズでいうところの、
子供12歳用のサイズの服でちょうど、という私には、
たいへん重労働でした。

しかもカーペット用のヘッドと床用のヘッドの切り替え、
というのは、
いちいちヘッドを付け替えなければいけません。
手元スイッチで切り替えられるものもあったのですが、
これがさらに重たかったので、購入しませんでした。

しかし、さすがパワフルマシーン。
家じゅう掃除し終わったあとは、
タンクのゴミがMAXのところまで溜まってました。
バッグレスの掃除機なので、ゴミは溜まったそのつどゴミ箱へ捨てます。

・・・というか、
どんなにほこりっぽい家だったのか、今日まで!
ということになります、ね。
だははは。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ