日本から届いたプレゼント  プライベートたいむ

今日、日本のある方から、プレゼントが届きました。

バーチャルなブログという場でですが、
いつもおせわになっている、づみさんのブログで行われた、
メールでじゃんけん大会。
毎年ブログ開設の周年記念でづみさんが企画されているじゃんけん大会です。

なんと私、ブロック優勝してしまいました。

ほら!(ここクリック)

日本は今夏盛り。
こんなかわいらしいアクセサリーをいただいてしまいました〜〜

まず、イヤリング。
ぶらりとぶら下がるタイプ。
クリックすると元のサイズで表示します


それから、本好きな私にはぴったりなブックマーク。
クリックすると元のサイズで表示します


本にはさんだら、こんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

ひまわりのチャームがゆらゆらしてかわいいわ〜〜

今学期、花南の学校でのプレゼンテーションの内容が、
「あなたが植物になるとしたら、何になりますか?その理由は?」というもので、
花南が選んだのが、「ひまわり」だったんです!

それでそのプレゼンテーションように、
二人で、画用紙に大きなひまわりをデコレートしたばっかりです。

私の周りは、ひまわりでいっぱい!
なんだか明るい気分です。

づみさん、ありがとうございました。

づみさんの手作りビーズアクセサリーは、ネットで注文可能です。
http://blue.ap.teacup.com/dumi2/

それから、づみさんは去年から、
「旬菜里(しゅんなさと)」という、
契約農家からの季節のお野菜を発送されるサイトも経営されてます。
http://shunnasato.com/
ブログはこちら。
http://shun-log.shunnasato.com/

私もFood connectという会社経由で、
無農薬のお野菜をファーマーから直接買い付けています。
そうすることで、野菜畑から離れた生活をしていても、
野菜にはちゃんと旬があるということ、
その旬のお野菜には元気のもとがいっぱい詰まっていること、
農家のみなさんの努力と、それに対してのありがたさ、
そういったものを、感じることができます。

自分が食べている物を育ててくださった農家の方を知るというのは、
本来は普通のことだったのかもしれませんが、
大量生産が当たり前の今の世の中では、
とてもまれなこと。
こんなおいしい野菜をつくってくださって、ありがとう!という念がわいてきます。

づみさんの「旬菜里」、もっともっと広まっていくといいな、とおもいます。

こういう思いは、私の母から学びました。
母はもう何年も何年も、
とある農家から畑を何畝か借りて、野菜や果物やらを作り続けています。

私が小さいころ、畑の仕事を手伝うことがありましたが、
「こんなめんどくさいこと・・・スーパーで買ったら楽でええのに」と
こっそり思ったりしていました。

そのころは、野菜の味の違いなんて、分かりませんでした。
だって、ほとんどは母が作ったり、
母の知り合いが作った野菜を分けてもらったり、
そんな宝物みたいなものばかり食べていたから。

大人になってから「味の違い」というものに気がつくようになって、
自家栽培の野菜を食べさせてもらっていた環境に感謝するようになりました。

こういうのって、自分の子供たちにも伝えていかなくちゃいけないんですよね。
それは・・・私にできるかなあ・・・

タグ: ひまわり



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ