なんだかウカナイ・・・  ブリスベン生活

ハナの学校の3学期が始まって最初の1週間。
まずまずいい感じで終えました。

金曜日。
いつものように、星南を連れてJapaneseプレイグループに参加。
楽しく過ごしたはずだったのに、
夕方になってぎゃーぎゃーいう子供たちといたら、
なんだか気分が沈んできました・・・・

そろそろ「日本セラピー」が必要になってきているのかもしれません。
でもわかりません・・・


昨日はなぜかものすごく疲れて、
10時前に就寝。
久しぶりに「ぐっすり寝た」、いいクオリティーの眠りでした。

でも夢がね。

大学時代の、剣道の同期たちが出てきて、
みんなで私の伯母のいる地にホリデーに出かけるという状況だったんです。

なんかみんなで笑いころげて、
楽しくて楽しくて、
もうすぐおばちゃんのところに着く〜〜というところで、
目覚まし時計替わりの携帯が鳴りました。
あ〜あ、もうちょっとで会えたのに。

それから今週火曜日。

以前ここで、「いいエネルギーをもらえる先生」の授業の話をしましたよね。
私がいまカレッジでとっている「コミュニケーション」の授業の先生。
セラピストとして、クライアントさんたちといいコミュニケーションをとるには・・という授業ですが、
その一環として「Multiculturalism」、要は、
いろんな文化的バックグラウンドを持つ人たちを「理解しよう」という
内容の授業でした。

私は「アジア人」という、見た目でわかりやすい「違う人」ですからね、
たくさんいろんな質問を受けました。

オーストラリアに引っ越してきた後にしばらく、
明らかに人種差別でしょう的ないやな事象を経験してきている私としては、
・・・子供を産んでからはそういう経験は減りましたが・・・
そいうお題について話すことは、まだやっぱり居心地が悪いんです。

「異文化バックグラウンドを持つ人々を理解しましょう!」って構えること自体、
「英語をしゃべる白人オーストラリア人」から、
それ以外の人達を区別してみていることになるような気がして・・・

もちろんとても大切で必要なことなんです。

でも「違う人たち」にカテゴライズされている側から見たら、
そんなのは公共の場で言わなくても、
自分が属するコミュニティーレベルで浸透していけばいいんでない?と思うわけ。

結局、その授業は、
それは文化の違いからくるのか?
それは宗教上のキャラクターなのか?
それともあくまで個人的キャラの違いからくるものなのか?
・・いまいちその区分がよくわからない話なのでありました。

しかも、いろいろな国の「タブーな話」と題してのレクチャーもあり、
日本では「第二次世界大戦」について話すのはタブーとされている、と。

本当にそうなのか?
って、先生に確認されたけど、
え?ほんま?そうなん?という感じで、答えが出せませんでした。
「というか、第二次世界大戦のことはあまり知らない世代が大半で、
話題にも上らないんじゃあ?」と言いましたけど、
本当のところ、どうなんでしょう?
もっと他に「タブー」とされている話題ってあると思うんですけど・・・

「異文化バックグラウンドを持つ人々を理解しましょう」レクチャーは、
英語をしゃべる白人オーストラリア人以外の人達を、
おもいっきりステレオタイプ的にまとめたレクチャーで、
それ以降、後味の悪さを引きずっている感じです。

そいう澱が心に溜まってきているのかな。
なんだかつかみどころのない寂しさがみたいなものを、
自分の中に感じます。

そういう時は、こいつを見て
「大概の事はそんなに重要じゃないんだよね〜〜」と
笑い飛ばそう!

クリックすると元のサイズで表示します


コアラママちゃんに
「これは星南っぽい!」といただいた、
かわいいリンゴのパンツ。
彼女、パジャマと合わせてきました・・・
そんなコーディネートかい。
それにとってもうれしそう。
コアラママちゃん、ヤッパリ星南、やらかしてくれましたわ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ