暑の中の熱  ブリスベン生活

いや〜、まだまだ暑さの続くブリスベンです。

実は先週末から体調を思いっきり崩していました。



先週木曜日、夜になってなんだか花南がおそろしく機嫌悪く、
喉が痛いと言いだしていたので、
あ、こいつ風邪ひき始めてるなあ、と思い、
早めにベッドに行くようにいいました。

まあ、そんなこと素直に聞き入れる花南ではありません。
いつもよりベッドに送られて、めちゃめちゃ怒って泣いていました。

あんたは風邪ひきかけてるから、
ちゃんと寝て体を休めてあげんといかんのよ、
といっても、
そんなこと聞きませんよ。なかなか寝入りませんでした。

案の定、翌朝、「頭が痛い・・・」と訴えて、
熱を測ったら38度近くあったので学校を休ませました。

最近よく聞いていたんです。
だれだれは、風邪をひいて学校お休みしてる、とか。
流行ってるんだなあ、と思ってたら、うちに来ました。

その金曜日の夜、
あれ、なんか私ものどがイガイガするなあ、やばいかなあ、
と思い、こんな時は葛根湯。
飲んで寝ましたが、
翌朝土曜日、
「ああ〜〜〜、花南の風邪、きっちりもらってもうた・・」
頭がぼーーーっとしてました。

でも、この日は、First Aid のコースを丸一日受けなくてはいけない日だったのですよ。
なんとかいけそうだったので、
薬持参で参加しました。

朝の9時から始まって、5時半終了予定。
スケジュールは調子よく進んで、
予定よりも早く4時くらいに終了しました。

ギリギリでしたね・・・
もう最後のほうは、ぼーーーーっとしてしまって、
修了証をもらったらそっこうでバスに乗って帰宅し、
そのままベッドにバタン!

ご飯も食べずに寝てしまい、
翌、日曜日はまったく動けずにずっとベッドの中。
子供の面倒は全部夫に任せました。

自分でもよくこれだけ眠れるなあ・・と思うくらい、
コアラのように眠りました。
コアラは一日20時間は寝ているそうです。
ちょうどそんな感じでした。

月曜日も復活せず、だったので、
夫に仕事を休んでもらいました。
というか、夫も、
「僕もなんだかおなかがの調子が悪い・・・」だそうです。

をいをい、マジかよ。
「よっしゃ、ここは一発、僕の活躍どころ!」じゃないんですか。

月曜日の夜には、
「僕、疲れたから、今日は君がディナーを作ってくれ」
38度の熱をおして、作りましたよ。
作って力はててベッドに戻りました。
彼は、ディナー作った後ももうちょっと私に手伝ってほしかったらしいんです。
なにしろ彼も「病気」でしたからね!
中途半端にだけ手伝ってからに、ということです。

「じゃあ、今度私が病気になったら、私は一切何もやらない」
といったら、
「ああ、今度君が病気になったら、ホテルでもどこでも行けばいいよ!」

ああ、ああ、そうさせていただきますとも!

しょうもない、ほんとうに。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ