解剖学 Week2  Remedial massage

解剖学のレクチャー、第2週目です。

今日は皮膚と組織膜について。
いや〜〜〜〜スピードが速い速い!

今日はお勉強のことはちょっと横へ置いておいて、
クラスメートに関する考察をば。



クラスメートはみんな「大人」なのですが、
いやいや、実にいろんな人がいるもんです。

カレッジのホームページには、
自分のページにログオンするところがあって、
ログオンしたら、自分のとっている科目の毎週のレクチャーの内容がみれるんです。
その内容を、レクチャーで使うためにプリントアウトして持っていかなくてはいけないシステムになっています。

1週間のうちに、プリントアウトする時間くらいあるはずです。
なのに堂々とプリントしてこず、
堂々と、「午後のセッションのプリントを貸してくれ」と言ってくるひと。
予習の時にいろいろ書きこんでいるので、
丁重にお断りしましたが・・・

予習をしていないのか、
しょっちゅう「さっき先生言うたやん!」っていう内容を質問して、授業をとめちゃう人。

その他いろいろ、ユニークな人たちがいます。

その中で今日、私は、
自分が確実におばはん化していることを思い知らされた出来事がありました。

細胞についてのビデオを見ている時、
アメリカの細胞科学者(?)が、
電子顕微鏡でいかに素晴らしく細胞がみられるか、
細胞の動きがいかに素晴らしくて美しいか、
50近くになろうとしているおっちゃん学者が、
ほほを紅潮させてエキサイティングにお話ししておられました。

私は、
「ああ〜、こんなおっちゃんと結婚している奥さんはきっと大変だろうなあ」
と思っていると、

私の前に座っていた20代前半くらいの女の子が、
私の方を振り向いて、
「How cute!!!!!」(なんてかわいいの!)
ってまぶしそうな顔してうれしそうに言うんです。

えええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜

私の心は、かくじつにおばはん化しています・・・・
はぁ。

なんかそれが、あとになって笑えて、笑えて・・・

体のことだけでなく、
いろんなことが学べるクラスルームなのでした。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ