丁寧な病人食  うちの食

夫がこの頃調子が悪く、
先日処方された、さらにきつい抗生物質のせいでか、
昨日・今日と半死状態なので、
今日のディナーは、みんなでそろってこれでした。

パンプキンスープ。
クリックすると元のサイズで表示します



季節がら、定期的に購入している野菜の箱にはこのごろ、
みずみずしくておいしいカボチャが入っています。

それは嬉しいんですけど、
いくら季節もんだからといっても、大きなカボチャを毎週毎週消化しきれず、
先週のがまだ冷蔵庫に残ったまま。
・・と思ったら、今日(いつも木曜日がピックアップディなのです)またまるまる一個のカボチャが・・・・

今日のディナーは、本当はローストポークのはずでしたが、
そんな「元気な」ディナーを、うちの病人は食べられるはずもなく、
ロースト用にととっておいたカボチャは、
やはりローストされて、
そしてほかの野菜たちと一緒にスープになりました。

いつもコメントをくれる、お料理上手なるるんちゃんに、
これとこれをいれるとおいしいよ、とアドバイスをもらって、
とっても美味しいスープができました。
野菜がおいしいので、味付けは塩少々のみ。
クリームは、うちの病人のために「ラクトースフリー」のモノをつかいました。
(うちの病人、ミルクを飲むとおなかがごろごろする人なんです)

ああ、丁寧に作れたなあ。と、ひとりで納得、それで完結。

今日は病人はベッドから起き上がれなかったので、
子供たちを昼間4時間ほど公園で遊ばせたので、あの子たち、バタバタに疲れていたんでしょう。
二人とも猛獣のようになって、手がつけられなくなったので、
せっかくつくったディナーを堪能する間もなく、
いい加減私も切れて、
「食べたくないならディナーも食べなくてよろしい」と、中断。
さっとお風呂にいれて、
歯ぁ磨いて、髪の毛乾かして、
6時半にベッドに行っていただきました。

ああ、つかれた。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ