アチーブメント  ヒトリゴト

私の母校(中学校)の剣道部が、全国大会に行く!
という大きなニュースを実家の両親から聞きました。

そこまで導いた指導者は、
私の中学の時の同級生で、一緒に剣道を頑張っていた方です。
彼は大学を卒業と同時に母校に赴任し、
それ以来ずっと剣道を指導していたはずです。

以来約15年で、全国クラスの部に育て上げたわけです。
これはすごいことで、少々の興奮を覚えました、わたし。

だけどそこで考え込んでしまったわけです。

彼は、それこそいろんな人の支えもあったでしょうけど、
掲げていたのであろう目標に向かって10年以上も努力を重ね、
このたび、それを達成。
(全国大会に行ったら、今度は全国制覇、という大きな目標も生まれるでしょうけど)

では、私はいったいこの15年間、何をアチーブしたというのでしょう?

シャワーを浴びながら、
もう、このことがモンモンと頭から離れず、
シャワー終わってから、夫に、
「ここにすわって、私の話を聞いて」と切り出して、
悩みを聞いてもらいました。

別にアンサーはいらない話し合いでしたけど。
だって、ほぼ私のひとり言、ですから。

私の得意なところ、
不得意なところ、
できそうなこと、
いろいろ挙げてくれて、
なかなか深い話でした。

さて。

何か本当に目標を定める時がきているのかな。

母として。
妻として。
自分自身として。

それぞれに「アチーブ」するべき目標が違って当然だけど、
なにか「自分はこれをやっている!」と言えるものがほしい。

別に明日の食べ物に困っているわけでないし、
君は君のやりたいことをみつければいいんだよ、
と、久しぶりの夫の優しさに触れたことも、ちょっとした収穫だったかな。

君はクリエイティブだけど、
決してロジカルではない。
と、落とし所も押さえられてたけど!

ま、いっか。

さ、どうしよっかな。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ